Jumper EZpad 5SE - キーボードとスタイラスが付属する10.6インチ中国タブレット、激安です

Jumper EZpad 5SE
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日中国の通販サイト「geekbuying」のセールについて記事を書きましたが、その際、ノーマークだった新製品を見つけました。「Jumper EZpad 5SE」です。私は中国タブレットの新製品情報を調べる際、通販サイトに製品ページができたタイミング、というのが一番安全かな、と思っており、新製品情報が最も豊富で、かつ早いのがGEARBESTなので、主にGEARBESTをチェックするようにしています。でも、このEZpad 5SEはgeekbuyingでしか取り扱いがないみたいです。ちょっと意外ですが、それでこそ各サイトの存在意義があるというものですね。

スポンサーリンク

しかもこの製品、Jumperらしく価格面でもすごく「攻めて」ます。要するに激安です…

1.スペック

OS:  Windows 10 + Android 5.1
CPU: Intel Atom x5-Z8300
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 10.6インチ(1,920 x 1,080)
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: イン2MP / アウト2MP
入出力: USB 3.0、USB 2.0、miniHDMI、オーディオ、microSD、DC-IN
バッテリー: 6,600mAh
サイズ: 275 x 171 x 10 mm / 重量 700 g
※キーボードとスタイラスペン付属。サイズはタブレット本体のみ

ディスプレイサイズは10.6インチとすこし大きめで、解像度が1,920 × 1,080とワイド型なので、通常の10.1インチタブレットよりも少し横長だと思えばいいです。ほとんどのノートPCと同じアスペクト比ですね。

OSはデュアルブート、CPUはCherryTrail世代のAtom Z8300、RAMは4GB、ストレージは64GBと、最新の10インチ中国タブレットの標準スペックといっていい構成です。一方、ポートは充実していて、フルサイズのUSBポートが2つもあります。DC-INがついているので充電のためにUSBポートがふさがることもありません。そのかわり外出時にACアダプターを持ち歩くことになるのがウザい、という人もいるかもしれませんけどね。

そして、この製品の特徴として、「キーボードとスタイラスペンが付属」というのがあります。ほとんどの中国タブレットは、どう考えてもキーボード込みでの利用シーンを意識しているとしか思えない場合でも、キーボードは別売りです。また、タブレット本体だけ先行して発売となり、キーボードは(ひどい場合は)何カ月もあとになって発売される、というケースがあるので、この製品のようにキーボードが付属する製品は貴重だし、購入の際に余計なストレスもありません。私はこの点を高く評価したいと思います。

サイズですが、10.6インチサイズということもあり、横275 mmというのはちょっと大きいですね。10.1インチサイズだと255~265 mmくらいが普通です。しかし、その分ディスプレイが大きいので「筋は通って」ます。でも重量700 gというのはちょっと重すぎます。10.1インチのタブレットだと600 gを切るのが普通ですし、手で持って使う場合を考えると重量というのはすごく重要ですから、100 g重い、というのは人によってはマイナスポイントになります。

スポンサーリンク

2.筐体

Jumper EZpad 5SE 展開図

クリックで拡大します

EZpad 5SEについてはgeekbuyingでしか製品情報が取れず、製品画像もgeekbuyingからの引用となります。まず、一番わかりやすい展開図から見ていきます。

左右の側面にポート類が振り分けられていますが、この画像を見る限りフルサイズのUSBポートが2つ、miniHDMIがひとつ、そして、スペック表にはありませんがmicroUSBポートがひとつついていますね。左右の穴はDC-INとオーディオジャックだと思います。スピーカーはステレオで、両側面に振り分けられているので少なくともステレオ感はよく出ると思います。

また、背面にはキックスタンドがついていることがわかります。筐体素材はMetalということなので、アルミ合金製でしょう。画像を見る限りデザイン面では全く文句ないですね。

Jumper EZpad 5S キックスタンド
キックスタンドの形状はSurfaceによく似ています。ただし、角度調整は2段階のみなので、無断階で調整できる上位のSurfaceタイプの製品ほど使い勝手はよくないと思います。個人的には、2段階だと人間のほうで慣れる必要がありますが、慣れてしまえば実用上は大丈夫かな、と思います。

Jumper EZpad 5SE スタイラスペン
スタイラスペンはこんな感じです。特に言及されていませんが、どう考えても筆圧対応ではないと思われます。ただし、Windows 10 Anniversary Updateになってから「Windows Ink」なんていう新機能もありますし、筆圧に対応していなくともスタイラスを使う機会が増える人もいると思いますので、付属品としてついてくるのは素直にありがたいです。

なお、付属のキーボードについてはトップ画像くらいしか情報がなく、詳しいことがわかっていません。本体にコネクターがついているのでおそらく物理接続で、本体にキックスタンドがついていることから薄型で軽量な簡易タイプのものと思われます。

3.価格など

Jumper EZpad 5SEは中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、この記事を書いている8月24日時点ではセール価格で199.99ドル(約20,000円)となっています(8月29日まで)。さすがにセールが終了するともう少し価格が上がると思いますが、それにしてもこの製品構成(10.6インチFHD、CherryTrail、RAM4GB、ストレージ64GB、キーボードとスタイラスが付属)で2万円とかは激安ですね。

Jumperは14インチのクラムシェルノート「EZBook 2」でも激安価格で日本のユーザーを驚かせましたが、このEZpad 5SEの価格設定も驚きです。個人的にはEZbookに匹敵する人気製品になるのではないか、と思います。

4.関連リンク

Jumper EZpad 5SE:geekbuying

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    クラムシェル型かと思ったらスタンド付きなんですね。ならこの重さも納得感ありますね。

    Surface 3(10.8インチ)
    622g (WiFi) / 641g (LTE)
    267 x 187 x 8.7mm

    この製品(10.6インチ)
    700g
    275 x 171 x 10 mm

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。そうかもしれませんけど、重さがこの製品のウイークポイントというご指摘は正しいと思います。

  2. 匿名 より:

    セールページの$5クーポンが使えるから$194.99で買える。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ご指摘助かります。しかし、安いですよねー。

  3. 匿名 より:

    価格を見てSurface 3と比較していただきたい。
    コスパ命で常に新しい情報提供ありがとうございます。
    とても楽しく拝見しています。(たまに購入も)

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。「価格を見て」比較するのは大切なことですね。まともにSurface 3と比較しては中国タブがかわいそうですから。