GPD Pocketを出張に連れて行く - 小型オールインワンPCの本領発揮!(実機レビュー:natsuki)

GPD Pocketを出張に!
こんにちは、natsukiです。引き続き使っておりますGPD Pocketの続報をお送りします。今回は、出張に連れて行ってみました。とくに先方でPCをハードに使うような用事ではなかったので、持っていった電子機器は、スマホとモバイルバッテリーとGPD Pocket、それとBluetoothマウスだけです。

スポンサーリンク

1.キャリーバッグはリヒトラブ「キャリングポーチ A7574-11 A6」

GPD Pocketを出張に!
一面アルミ製梨地仕上げの非常に高い質感を誇るGPD Pocketですが、その美しさゆえにキズが心配です。外に持ち出す時に、カバーなりバッグなりが必要でしょう。はじめに、Amazonであてずっぽうにカバーを買ったら全然サイズが合わなかったので、あらためてネットでの評判などをあれこれ見て、買ったのがこれです。リヒトラブ「キャリングポーチ A7574-11 A6」。色はネイビーで713円と激安。ベルトは付いていないので、近所の100円ショップで買い足しました。

GPD Pocketを出張に!
サイズは、今度こそジャストサイズ! 外側にポケットが付いているのがポイント高いですね。ただし、チャックなどは付いていないため、あんまり小さいものはこぼれ落ちる心配があります。USBメモリなんかをここに入れるのは止めた方がいいと思います。このケースで運ぶなら、薄型マウスが相性が良さそう。マイクロソフトのArcマウスシリーズなんかピッタリきそうなんですが、あれは高いんだよなぁ…… おっと、脱線。

それなりにゴワゴワしてかさがあるので、いわゆるインナーバッグには適しません。その場合は、もっと薄手の保護ケースを買うといいでしょう。ですが、GPD Pocket単独で持ち運んだり、旅行カバンなどのそれなりに大きいサイズのカバンに入れるなら、これがお勧めです。

2.新幹線にて

GPD Pocketを出張に!
じゃじゃん! 冒頭と同じ画像ですが、新幹線のテーブルにて。見ての通り、飲み物を置いても十分な余裕があります。弁当食べながらでもなんとかなるサイズ感。残念ながら、まだまだ日本の鉄道はフリーWi-Fiが整備されていないので、ネットはつながりません。ただし、東海道新幹線の場合、大手公衆無線LAN事業者と契約していれば使用可能だそうです。

GPD Pocketを出張に!
別の日に、普通の電車の車両内にて。足を組んで乗っけると、ちょうどいい感じ。

で、話は新幹線に戻って、しばらくテキストを打っていたら予想外の展開が……、こ、これは、酔う……

今まで、長距離バスで、ASUS Vivotab Note 8(8インチ)と上海問屋の「タッチパッド付きキーボード」の組み合わせや、普通の電車の座席で、膝にカバンを載せてその上にASUS TransBook T100TAM(10.1インチ)という組み合わせでは、特になんともありませんでした。純粋にサイズが小さいのと解像度が高いので、画面に集中しやすく、それが酔うのかもしれませんね。もちろん、これは、個人差が大きいでしょう。ファイルの整理など、集中力を使わない作業なら大丈夫だと思います。

3.ホテルにて

GPD Pocketを出張に!
出張先でホテルにて。ホテルであれば、今どき、たいていWi-Fiが無料で利用できるので、一気に世界が広がります。

写真の整理

まずは、スマホで撮った写真データの整理。趣味の写真もあれば、仕事で資料として使うものもあり、けっこう膨大な枚数になるので、帰ってからまとめて整理するのは気が滅入ります。撮ったその日に、どんどん整理しておきたい。

有線でつながなくても、スマホもホテルのWi-Fiにつないで、オンラインストレージ経由でどんどん送っちゃいます。リネームしたり、フォルダ分けしたり、レタッチソフトで明るさなどを調整したりトリミングしたり。こういった作業は画面が小さくてもあまり関係ありませんから、普通のPCとまったく同じ感覚で可能です。

インターネット

使いこなしの問題でしょうが、やはり私の場合は、ネットで情報を集める時はPCのブラウザとスマホではまったく作業効率が違います。もちろん、ページを保存したり、資料をダウンロードしたりといった作業は、スマホじゃ限界がありますからね。

テキストなど編集作業

前回のレビューでも書きましたが、長文を打つ時に気になるのは、サイズよりもむしろ、反応の渋さです。それでも、強打を心掛ければなんとか打ててしまう。実際、先日のふるさと納税の記事は、出先での空き時間にちまちま書きためたもので、半分はGPD Pocketで打ってます。長文は正直言って使いづらさを感じますが、なんとかならなくもない、というところ。上述のように、写真なんかのファイル整理や、ネットでの検索、文書校正あたりなら十分な実用性です。

4.その他、外に連れ出してみて気付いたこと

嬉しい、USB PDと5V充電の両方対応

充電は、通常はUSB Power Deliveryによるものですが、低電圧の5V充電にも対応しています。純正アダプターのUSB Power Deliveryによる充電だと、こんな感じ。

スポンサーリンク

GPD Pocketを出張に!
それに対し、先日紹介した「HY-MB6000ACWH」だとこのくらい。

GPD Pocketを出張に!
USB Power Deliveryなら約20Wのところを、モバイルバッテリーでは約4W強と、さすがに充電効率は大幅に落ちます。このくらいだと、モバイルバッテリーにつなぎながら使用した場合でも、バッテリー残量は減っていってしまいますね。

GPD Pocketを出張に!
それでも、通常のモバイルバッテリーが使用できるということの利便性は大きいでしょう。使用しない時もつないでおけばいいだけですから。まあ、画像のような配線だとフタが閉じませんけど。

欲しいLTE

使えば使うほど、惜しく感じるのがコレ。LTEに対応していれば……。

いうまでもなく、このGPD Pocketの活躍の場は、今回のような出先での作業です。すると、インターネットと、他のPCとのクラウドストレージによる同期、この2点が使い勝手に直結してきます。

GPD Pocketを出張に!
GPD Pocketの128GBというのは、使い方にもよるでしょうが、クラウドストレージと同期させて使うのに十分な容量です。変なたとえかもしれませんが、OneDriveとDropboxとGoogleDriveの無料プランを、3つともフルに使って同期させても十分お釣りがきます。64GBだと、クラウド同期も気をつかわないとパンクしちゃいますからね。

とりあえず、スマホのテザリングで代用はするものの、やっぱり限界があります。フリーWi-Fiの無い環境でバリバリ使うなら、モバイルルーターの使用を検討した方がいいかもしれません。でも、周辺機器が要らないオールインワンこそが、GPD Pocketの魅力なんだよなぁ……

遊びすぎないように注意

いや、通常のモバイルノートのサイズだと、取りだして開くこと自体が気持ちの切り替えになるんですよね。あるいは、タブレットだったらキーボードの準備とかが。ところがGPD Pocketの場合、サッと取りだしてすぐ使えてしまうし、片付けも閉じるだけ。つまり、使用開始と使用終了の気持ちのハードルがスマホ並みに低いんです。それでいて、できることの幅はスマホの比ではないから、ホテルで一人だけで、目の前にGPD Pocketがあったら、そりゃ、遊びたくなっちゃうでしょう。今回の出張はスケジュールがけっこうハードだったこともあって、「GPD Pocketで余計なことをしないように」ってのは、心掛けましたね。

これはもしかして最大の欠点かもしれません(笑) 

5.おまけ ― 前回のレビューから追加で行った工夫

前回のレビュー以降で、使い勝手向上のために追加で工夫した部分です。ご参考までに。

「Meiryo UIも大っきらい!!」でインターフェースのフォントを大きく

GPD Pocketを出張に!
インターフェースのフォントをちょっと大きくして、視認性の向上&タッチ操作をしやすくしています。これって、ちょっと前までは標準の機能でできたんですが、アップデータで消されちゃったんですよね。そこで、以前にふんぼさんが紹介してくださった「Meiryo UIも大っきらい!!」を使ってます。なにしろ画面が小さいので、フォントを少し大きくするだけでもずいぶん操作性が変わります。

「Battery Bar」の導入

GPD Pocketを出張に!
いまいち、デフォルトのバッテリー表示が信用ならないので、バッテリー表示用のフリーソフト「Battery Bar」を導入。システムとは別に計測してくれているみたいで、これでバッテリー残量の確認もOKです。

6.まとめ

製品特性からいうと、サイズ・重量で競合するのは8インチタブレットPCでしょう。実際、私の場合も、今まで出張の際はASUSのVivotab Note 8に、出張セットを付けて持って行っていました。それで、両者の使い比べた印象でいうと、GPD Pocketの利点は、どこでもすぐに展開できるスピードと汎用性です。つまり、Vivotab Note 8の場合、パソコンとして使う場合は、キーボードとスタンドを出し、設置するという一手間がかかるわけです。また、膝の上のような不整地だとキーボードは使えません。それが、GPD Pocketの場合は、どんなところでもすぐに「パソコン」として使い始められます。

要は、GPD Pocketって、機能面ではものすごく「普通」の製品なんです。まごうことなき、単なるモバイルブック。ただし、一般的なモバイルブックがビジネスバッグサイズなのに対し、機能はそのままでGPD Pocketはポーチサイズという、そこが魅力なわけです。軽い用途なら、ほぼ周辺機器無しでオールマイティにこなせてしまう。パソコンを使った業務がメインにならないような出張や、あるいはプライベートな旅行なんかにも、手軽に「フルスペックのパソコン」を持って行ける。これはやはりすごいことです。

もちろん、サイズの小ささによる不便もあるので、がっつり使いたい場合は、用途に応じて周辺機器を補う、ということになります。ベースのポテンシャルが高いので、どんな周辺機器を買い足そうか考えるのも楽しいですよ。

7.関連リンク

GPD Pocket - 1か月使ってみて、魅力・利点・欠点・使用の工夫などをレポートします(実機レビュー:natsuki)
GPD Pocket - 7インチの超小型ノートパソコン(UMPC)、期待を裏切らない品質だし、思ったより使いやすいよ!(実機レビュー)
GPD Pocket:Banggood

スポンサーリンク

Comment

  1. より:

    この手の製品には本当にWANが欲しいですよね。
    最近の中華ガジェットに3GとかLTE搭載機が少ないのが残念です。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。完成された筐体なんで、どこに積むんだ? ってのもありますが、やっぱり惜しいですね~ 欲張りすぎだって、分かっちゃいるんですが。

  2. 匿名 より:

    これにwindows on arm載ったらすごく相性良さそうですね
    後継機が出るなら是非そうであってもらいたい

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。特に、バッテリー保ちの改善はかなり期待できそうですよね。GPD Pocketの場合、ファンまで回してますからね。これで現状でも約5時間保たせることができるのだから、Windows on ARMならどれだけ保つのか。

  3. shukaku より:

    老眼が進んだ50代にとってはnoMeiryoが必須となっています。^^; E203NAでフォントを変更して快適に使えています。作者さんに感謝。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      この機能って、視認性の向上はもちろん、エクスプローラーなどでのタッチ操作のしやすさにも関わってくるのに、なんでMicrosoftは標準機能から消しちゃったんでしょうね。使い方が多様化しているのだから、カスタマイズ性は維持してほしいものです。
      こういうツールソフトはまだまだ現役ですね。

  4. うぃる より:

    昔Libretto(リブレット)を使ってた身としては、
    外側を似た感じで現代スペック&LTEスロットの物を出して貰いたいです。

    とはいえ、東芝にそんな余力は有りそうにありませんね・・・

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      東芝は……しばらくきつそうですね。タブレット系では、WACOMと共同開発でAES式のデジタイザーを先頭切って開発していた時期もあったんですが。SharpのMebiusを愛用していた身としても、パソコン分野における日本企業の失速は寂しいです。パソコンに限らず、産業構造から色々考えなくちゃならんのでしょうけど。

  5. 匿名 より:

    core-m3搭載と噂されるGPD WIN2はよ、はよ……
    親指打ち出来るキーボードに加えて、ジョイスティックでマウス操作出来るのは、こう言う移動時の手持ち作業する時には超巨大なアドバンテージになるんですよねぇ……
    GPD pocketの難点は置く場所が必要な事なので(手持ち状態だけで操作の完結が困難)
    Windows on ARMの登場で一般企業もUMPC出す環境が来ないですかね?
    SD845以上に、RAM8GBのROM128GB搭載5.5インチFHDで入力インターフェースに拘ったUMPC作ればニッチに売れると思うんですがね

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘のように、GPD WinとGPD Pocket、一見似ているようで、実のところまったく異なる性質の製品だと思います。きちんと差別化してくるあたり、このGPDという会社、なかなかやります。単なる話題性だけでなく、「使う」ということからよく考えて設計しているので、今後も期待できそうですね。

      もっとも、Windows on ARM機は、当面、大企業の製品じゃないと怖くて手を出しにくそうですが。ストレートにUMPCかどうかはさておき、攻めた製品を出してくれそうなのは、ASUSかLenovoあたりですかね?

  6. なお より:

    折りたたみのキーボードとHDMIケーブルをもっていけば
    ホテルでも十分つかえますよねー

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      ポートが充実しているので、おっしゃるように周辺器機もバッチリ。これもタブレットに対する優位点です。
      悔しいのが、ホテル「でも」ではなくて、フリーWi-Fiのあるホテルのような環境「でこそ」真価を発揮できるということ。その他は全方位スキ無しなだけに、完全体まであと半歩、ってもどかしさがあります。それだけパッケージングが優れていることの表れですけどね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑