GPD Pocket 2 - 注目の高性能なUMPCがINDIEGOGOに出品されました!狙っている人はお早めに!

GPD Pocket 2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ロマンあふれるウインタブ読者の間でひときわ注目度が高いであろうUMPC「GPD Pocket 2」がいよいよクラウドファンディング「INDIEGOGO」に出品されました。クラウドファンディングは通常の通販サイトとは異なり、「購入」ではなく「出資(あるいは支援)」という形式になりますので、怪しげな製品にお金を払ってしまうと、開発が頓挫して実機は手に入らないわ、お金は戻ってこないわ、などというリスクがあります。まあね、悪質なケースだと裁判したら勝てる場合もあるんでしょうけど、海外で訴訟なんてできませんから、事実上は泣き寝入り、になることもあります。

スポンサーリンク

今回はGPD社の製品が対象で、多分にPR的な要素が大きいので、そんなにリスクはないだろう(すいません、保証はできません)と思いますし、価格(厳密には出資あるいは支援金額)も低めなので、この製品を狙っている人にはチャンスかと思います。

GPD Pocket 2 スペック表
前身機のGPD Pocketはウインタブでも実機レビューしていますが、「2」になって強烈にパワーアップしました。CPUはAtomではなくCore m3です。もともとRAMは8GBあり、ストレージも128GB eMMCだったのですが、eMMCの性能も大幅に向上していて、「ざっくり2倍」高速になっています。

個人的にはUMPCって(もともと高速なタイピングなんてできないくらいに小さいし)割と非力でもいいのでは?と思っているのですが、そこは人それぞれ、どうせ買うなら高性能な製品にしたい、というニーズの人も多いと思いますので、「2」の性能向上を歓迎している人がたくさんいると思います。

スポンサーリンク

GPD Pocket 2
筐体も新設計です。

GPD Pocket 2: 181 × 113 × 8-14 mm / 465 g
GPD Pocket: 180 × 106 × 18.5 mm / 480 g(実測値504 g)

タテ・ヨコサイズは気持ち大きくなりましたが、かなりの薄型となり、若干ですが軽量化されています。というか、タテ・ヨコサイズをこれより小さくしたら、ただでさえ小さいキーボードがさらに小さくなっちゃうので、そう簡単には小さくできないでしょうね。あと、画像を見ていただくとわかると思うのですが、GPD PocketにはあったThinkPad風のトラックポイントがなくなり、キーボード面右上にセンサータイプのスティックが配置されるようになりました。また、左右のクリックボタンはキーボード面左上に配置されます。

GPD Pocket キーボード
ちなみにこちらがGPD Pocketのキーボードです。打鍵そのものは「2」のほうが快適になると思いますが、マウスがあったほうがいいかもしれないですね。

GPD Pocket 2
GPD Pocketはクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で出資を募集中で、7月30日現在の価格(出資あるいは支援金額)はRAM4GB/ストレージ128GB版が529ドル(約58,800円)、RAM8GB/ストレージ128GB版が599ドル(約67,000円)となっています。おそらくこの価格は日本で正規販売される価格よりはかなり安いと思われます。また、出荷時期は2018年10月の予定です。

この記事を書いている間にも8GB/128GB版はどんどん売れていってます。早く公開しないと売り切れ(予定数完了)になってしまいそうなので、このへんで…。

関連リンク

GPD Pocket2: 7.0′ UMPC-Laptop ‘WIN 10 OS’:INDIEGOGO

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    出資が上限の1000超えたら上限が1800に変わった

  2. 匿名 より:

    最近ファブレットがベゼル薄くなって7インチ近くまで巨大化してるので小型タブレットのジャンルを食い始めてる。正統派のUMPCはどう戦っていくのか。

  3. 匿名 より:

    思った通り4GBモデルの人気が全然ですねぇ

  4. 匿名 より:

    8GBは1366出資されてるのに4GBはたった12ですもんね。実際にお店で売り出したら価格も上がるし4GBの選択肢あるんでしょうけどクラウドファンディングで出資するような人はやっぱりスペック高いものを求めるんですね。