HP ProBook 635 Aero G8 - 重さ1キロを切る超軽量モバイルノート、CPUがZen3のRyzenになりました!

HP ProBook 635 Aero G8
HPが13.3インチノート「ProBook 635 Aero G8」を発売しました。法人向け(HPでは個人顧客も法人向けPCを購入できます)で重量1キロを切る軽量モバイルノートです。この製品の従来モデル「ProBook 635 Aero G7」については個人的に「超魅力的」と感じていましたが、納期が非常に長くなっていて、ついには「一時販売中止」になってしまいました。ウインタブ読者の中にもAero G7を購入したかったのに…、と思った人は少なくないだろうと思います。

スポンサーリンク

ニューモデルのProBook 635 Aero G8、従来モデルからの変更点はごくわずかです。まあ、従来モデルも発売からまだ1年経っていませんでしたからね。

1.ProBook 635 Aero G8 スペック

スペック表

  ProBook 635 Aero G8
OS Windows 10 Home/Pro
CPU AMD Ryzen 3 5400U/Ryzen 5 5600U/Ryzen 7 5800U
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB/32GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB M.2 SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、(LTE)
入出力 USB 3.1 Gen2 Type-C(USB PD、映像出力対応)、USB 3.1 Gen1 Type-A × 2、HDMI、オーディオジャック、(nanoSIM)
カメラ Webカメラ(720p)顔認証対応
バッテリー 42Wh(14.8時間)/ 53Wh(18時間)
サイズ 307.6 x 204.5 x 17.9 mm(最薄部、突起部含まず)
重量 999 g

バリエーションモデル

10月2日現在、販売されているモデルは「Windows 10 Home/Ryzen 3/8GB/128GB」のみで、他のバリエーションモデルは後日追加されるものと思われます。また、LTEモデルも12月以降に追加されるとのことです。

コメント

冒頭に記載したとおり、従来モデルからの変更点は少なく、筐体サイズも全く同じです。つまり、同一筐体と思われます。

最大の変更点はCPUの型番で、Zen3アーキテクチャのRyzen 3/Ryzen 5/Ryzen 7となりました。また、RAMとストレージに関しても従来モデルには設定がなかったRAM32GB、1TB SSDという大容量も選べるようになっています。それと、従来モデルではOSがPro版のみでしたが、ニューモデルではHome版も設定されました。

スポンサーリンク

ディスプレイは13.3インチのFHD(1,920 × 1,080)と、標準的なものになっています。メーカーのスペック表にIPSという表記はありませんが「UWVA(ウルトラ・ワイド・ビュー・アングルの略だと思います)」となっていましたので、おそらくIPS相当のものが使われていると思います。

通信周りではなぜか従来モデルでは対応していたWi-Fi6に非対応となりました。入出力ポートの構成やWebカメラの仕様は従来モデルから変更がありません。USBポートが合計で3つにHDMIポートと、13.3インチモバイルノートとしては標準的なポート構成だと思います。また、カメラは全モデル顔認証に対応します。

筐体サイズについても従来モデルから変更がありません。相変わらず999 g(LTEモデルはもう少し重くなると思います)と、非常に軽量です。

あと、HPの法人向けPCは「世界で最も安全なビジネスPC」をスローガンにしていて、ハードウェア面、ソフトウェア面で非常に充実したセキュリティ機能を備えています。詳しくはこちらをご覧ください。
HP WOLF SECURITY FOR BUSINESSicon:HP

2.ProBook 635 Aero G8 筐体

HP ProBook 635 Aero G8
繰り返しになりますが、筐体は従来モデルと同一だと思います。この製品は1キロ切りの軽量筐体ではありますが、タテ・ヨコサイズに関しては非常に小さいというわけではなく、2021年の13.3インチモバイルノートとしては標準的くらいのサイズ感になっています。ベゼル幅も「太い」ということはありませんが、それほど細いという印象はありません。まあ、普通くらいですよね。

HP ProBook 635 Aero G8
天板です。「マグネシウムの軽さと、アルミニウムの美しさ、強さを兼ね備えた」という説明がありましたので、「マグネシウム・アルミニウム合金製」なんだろうなあ、と思います。法人モデルらしい、といいますか、シンプルなデザインで筐体色もシルバー、ビジネスシーンに溶け込みそうな雰囲気ですね。「そうそう、こんなのでいいんだよ!」という声も聞こえてきそう。

HP ProBook 635 Aero G8

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの構成です。ここも従来モデルと全く同じです。

3.ProBook 635 Aero G8 価格など

HP ProBook 635 Aero G8はHP公式サイトで販売中で、10月2日現在購入可能なのは「Windows 10 Home/Ryzen 3/8GB/128GB」という構成のモデルのみで、価格は税込み151,580円です。なお、この製品はウインタブ読者クーポンの対象になりますので、公式サイトの価格から4%OFFで購入できます。

従来モデルではRyzen 5モデルが8万円台で購入できましたので、この先バリエーションモデルが追加され、販売が本格化すればもう少し安くなるのではないかと思います。

4.関連リンク

この製品は読者クーポンにより、4%OFFで購入可能です。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC
にアクセスし、その後こちら
HP ProBook 635 Aero G8 製品詳細icon
にアクセスしてご購入ください。この操作でショッピングカートのところで4%の「特別値引き」が表示されます。

スポンサーリンク