HP Pavilion x360 14-dw0000 - コネクテッド・モダンスタンバイ対応の14インチコンバーチブル2 in 1。4096段階の筆圧対応ペン入力もできます

HP Pavilion x360 14-dw0000
HPの14インチコンバーチブル2 in 1「Pavilion x360 14」をご紹介します。特にニュースリリースなどは出ていないようですが、ごく最近発売されたものと思われます。HPで型番に「x360」がつくのはコンバーチブル2 in 1筐体であることを意味しますので、この製品もコンバーチブル2 in 1です。大人気のENVY x360 13ENVY x360 15とは製品特性が異なります。

スポンサーリンク

1.スペック

   Pavilion x360 14-dw0000
OS  Windows 10
CPU Intel Core i5-1035G1
外部GPU なし
RAM 8GB
ストレージ 256GB/512GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth5.0、LTE
入出力 USB 3.1 Gen2 Type-C、USB 3.1 Gen1 × 2、HDMI、SDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 稼働時間 最大 11時間30分
サイズ 324 x 221 x 18.5-20 mm
重量 1.65 kg

8月17日現在、Pavilion x360 14は単一バリエーションです。CPUは第10世代(Ice Lake)のCore i5ですが、型番の末尾が「G1」なので内蔵グラフィックはIrisではなくIntel HD Graphicsとなります。RAMは8GB、ストレージは256GBで、注文時のカスタマイズにより512GBに増量することができます。

ディスプレイは14インチのIPS液晶、FHD(1,920 × 1,080)で、コンバーチブル2 in 1筐体なので当然タッチ対応しますし、4,096段階の筆圧と傾き検知に対応する「HP MPP アクティブペン」が使えます(別売りで税抜き9,800円)。HPのニューモデルはMPP2.0(Microsoft Pen Protocol 2.0)に対応しており、高品質なペン入力ができますので、イラストやマンガの制作にも向きます。

この製品はLTE対応します。5G対応はしませんが、LTEバンドは「B1/3/8/11/18/19/21/26/28/38/39/40/41」と、楽天モバイルを含む4つのキャリアに全て対応します。また、Wi-Fi6にも対応していますので、通信まわりはかなり強力です。さらに「コネクテッド・モダンスタンバイ(ディスプレイを閉じた状態でも断続的に通信を行い、メールの受信や各種通知を受け取れる)」機能も搭載されています。

入出力ポートは14インチノートとしては標準的です。ポート数から見て、一般的なビジネス利用などで不足を感じる可能性は低いでしょう。また、SDカードリーダーはmicro規格ではなくフル規格です。SDカードに関しては「大は小を兼ねる」、つまり、フル規格のスロットだと、microSDカードでもアダプターがあれば使えますが、micro規格のスロットだとどうやっても(外付けのアダプターを使わない限り)フル規格のSDカードは使えませんので、その意味ではフル規格のSDカードリーダーというのはありがたいです。

スポンサーリンク

サイズはENVY x360 13よりもかなり大きめです。ディスプレイサイズがENVY x360 13の13.3インチに対して14インチと大きいため、仕方ないと言えなくもありませんが、それにしても重量1.65 kgというのはモバイル利用にはやや不便だと思います。

2.筐体

HP Pavilion x360 14-dw0000
正面から見たところです。左右のベゼルはかなり細くなっていますが、ENVY x360のように下部ベゼルが細くなっているわけではなく、割とオーソドックスな印象です。

また、キーボードの拡大画像がないので、この画像でご説明します。ご覧のようにテンキーがなく、ENTERキーの右に一列あるタイプで、ある意味典型的なHPレイアウトです。画像は英語配列になっていますが、日本仕様はバックライトつきの日本語配列で、キーピッチは 19 × 18.7 mm、キーストロークは約1.5 mmと開示されていますので、十分に余裕のあるサイズ感です。また、右側のパームレストに指紋センサーも確認できます。

HP Pavilion x360 14-dw0000
天板です。Pavilionという製品ブランドは「プレミアム」ではないのでHPロゴも標準のものが使われています。筐体素材は不明ですが、メーカーサイトでは「キーボード面はアルミ」と記載されていました。なお、この製品の筐体色は「ナチュラルシルバー」のみとなります。

HP Pavilion x360 14-dw0000
HP Pavilion x360 14-dw0000
コンバーチブル2 in 1筐体のため、テントモード(上の画像)やタブレットモード(下の画像)で使うことができます。高品質なペン入力に対応していることもあり、特にタブレットモードでのイラスト・マンガ制作が快適だと思います。

HP Pavilion x360 14-dw0000

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。右側面にポートが集中していますが、左側面にもUSB Type-Aポートがありますので、使い勝手は悪くないでしょう。また、コンバーチブル2 in 1筐体ということもあり、電源ボタンは側面に配置されています。

3.価格など

HP Pavilion x360 14-dw0000はHP Directplusで販売中で、8月17日現在の価格は92,800円(税込み102,080円)です。まだセール価格になっていませんので、ENVY x360 13やENVY x360 15よりも若干割高な印象がありますが、LTE対応しているという点や「コネクテッド・モダンスタンバイ」対応であるという点を考慮すると、価格なりの魅力は十分にあると思います。

4.関連リンク(HP)

HP Pavilion x360 14-dw0000 製品詳細icon

スポンサーリンク