ドスパラ GALLERIA GCF1060NF/GCF1070NF - 17.3インチ、これがGALLERIAノートのメインストリーム機

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
ドスパラが4月16日の発表したゲーミングノート「GALLERIAシリーズ」の最新5機種のうち、今回は17.3インチサイズの「GCF1060NF/GCF1070NF」を紹介します。なお、他の3機種についてはすでに紹介記事を公開しておりますので、詳しくはこちらをご覧ください。
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF / GCF1070GF -Coffee Lake搭載のゲーミングノートが早くもドスパラから!
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF - Coffee Lake搭載の17.3インチゲーミングノート、装備充実で買いやすい価格になってる

スポンサーリンク

この5機種の共通点として、CPUにCoffee Lake世代(第8世代ですが、Kabylake Refreshとは異なります)のCore i7-8750Hを搭載している、というのが一番大きいと思うのですが、GALLERIAシリーズとしてキープコンセプトの上、新筐体を採用し、カスタマイズをしなくとも即戦力として使えるスペックになっている、というのも共通点と言えます。

1.スペック

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
同時にリリースされた5機種は基本スペックが非常に似ています。CPUは上に書いたとおりCore i7-8750Hで、従来ゲーミングノートに一般的に使われていた第7世代のCore i7-7700HQが4コアであるのに対し、6コアとなっており、大幅な性能アップが期待できます。

RAMは標準で8GB、最大で32GBですが、注文時にカスタマイズ可能なのは4GB、8GB、16GBの3種類です。もちろん4GBにする場合は標準価格よりも安くなります。ストレージは標準で250GB M.2 SSD + 1TB HDDですが、どちらもカスタマイズが可能で、最大・最高速の構成にする場合は500GB M.2 SSD + 1TB SSDとなります。

GPUはNVIDIA GeForce GTX1060もしくはGTX1070です。GPUはカスタマイズ項目ではなく、製品名に1060がついているか、1070がついているかによります。つまり、GPUによって型番が異なる、ということです。

ディスプレイは17.3インチ、FHD解像度ですが、リフレッシュレートが120Hz(一般的なノートPCだと60Hzくらいです。リフレッシュレートの数値が大きいほうがゲーム時の画面の動きがなめらかになります)です。

入出力ポートが充実しているのは言うまでもないですね。USBポート(合計4つ)、外部映像出力(HDMIとDisplayPort)、有線LAN(ゲーミング用のLANアダプタ、Killer E2500を搭載)と、ゲーミング、非ゲーミングを問わず、当面不自由しそうもない構成になっています。

で、同時リリースの4機種との比較ですが、標準構成でのCPU、RAM、ストレージは全モデル共通です。また、ディスプレイの「リフレッシュレート120Hz」に関しては、GPUにGeForce GTX1050Tiを搭載するGCF1050TNFのみ非対応で、他はすべてこのリフレッシュレートとなります(もちろん15.6インチと17.3インチというサイズの違いはあります)。また、GPUについてはGCF1050TNF以外はGTX1060もしくはGTX1070となります。どちらも私にしてみればめちゃめちゃ高性能なGPUですが、今後のGALLERIAの主力はこの2つのGPUを搭載する製品、ということなんでしょう。

2.筐体

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
15.6インチと17.3インチの違いはありますが、この製品の筐体は「GCF1060GF / GCF1070GF」とほとんど同じです。GALLERIAらしい、派手さを抑えた落ち着いたデザイン、そして背面の大きな通気口も同一デザインになっています。

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
キーボードも「GCF1060GF / GCF1070GF」と同じデザインですね。「SteelSeries RGB LED キーボード」です。ドスパラではこのキーボード品質に強い自信があるようなのですが、ぜひ一度手にとってみたいですね。なお、バックライトはレインボーカラー(RGB)だけでなく、ホワイトの単色とか、落ち着いた配色にすることも可能なので、非ゲーミング用途で使用する際も安心です。

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
ドスパラ GALLERIA GCF1060NF
左右側面です。このレイアウトは同時リリースの5機種全てに共通で、左側面のほうにほとんどのポートが配置されます。賛否両論あるかもしれませんが、USB 2.0ポートが1つ右側面にありますので、周辺機器を多く接続する場合でも最低限の使い勝手は確保されていると思います。また、5機種すべて光学ドライブは非搭載で、カスタマイズによっても内蔵することはできません。

3.価格など

ドスパラ GALLERIA GCF1060NF/GCF1070NFはドスパラ公式サイトで販売中で、価格はGCF1060NFが185,980円(税込み200,858円)から、GCF1070NFが249,980円(269,978円)から、となっています。ちなみにこの価格はディスプレイサイズ以外のほとんどが同一構成となる「GCF1060GF / GCF1070GF」と、それぞれ5,000~6,000円程度しか違いません。ノートPCの場合、「サイズ」も重要な要素になりますが、もともとゲーミングノートはバッテリー稼働時間も短いですし、スタンダードノートと比較して大柄なので、あまり外出先に持ち歩くことはないだろうと思います。そのため、いっそ17.3インチにしてしまう、という手もありますよね。

ウインタブが最も多く実機レビューさせてもらっているメーカーはドスパラ(サードウェーブ)です。GALLERIAについても何機種試用させてもらったか覚えてないくらいです。GALLERIAのいいところはいろいろありますが、とにかく筐体が頑丈で、キーボードが「強打仕様」であること、そして「右側にあるWindowsボタン」や「強烈な騒音を伴うが効果絶大のクーラーブーストボタン」に代表されるように、ゲーマーのことを真摯に考えたものづくりをしている、というところです。というか、ドスパラのスタッフの方は「兼ゲーマー」が非常に多いらしいんで…。

この先しばらくはGALLERIAの主力はこの筐体になると思います。なので、ウインタブでも早く試用させてもらいたいなあ、と…。

4.関連リンク(ドスパラ)

GALLERIA GCF1070NF
GALLERIA GCF1060NF

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑