ドスパラ Diginnos DG-D08IW2 - ずっと待ってた!CherryTrail搭載8インチ Windows タブレット

ドスパラ Diginnos DG-D08IW2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。世の中的には8インチのWindows タブレットって逆風が吹いてると思うんですけど、そんな中でドスパラが新しい8インチWindows タブレット「Diginnos DG-D08IW2」を発売しました。ずーっと待ってました。だからうれしいです!

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチ(1,280 x 800)
ネットワーク:  802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: イン2MP/アウト2MP
入出力: microUSB、microHDMI、オーディオ、microSD
バッテリー稼働時間: 6時間
サイズ: 214 x 128 x 9.1 mm / 376 g

補足します。この製品は前身機「Diginnos DG-D08IWB」からの変更点は多くありません。しかし、少ない変更点が重要な部分ばかりです。まずCPUがCherryTrail世代のAtom Z8300になっています。またWi-Fiが5GHz帯、acとaに対応するようになりました。いずれもタブレットを使う上ではとっても大切な部分です。

CPUについては従来のAtom Z3735F(BayTrail世代)とZ8300の体感差は小さいと思っているのですが、それでも「今から買うのにBayTrailはなあ…」と思う人も多いでしょうし、実際ベンチマークテストをしてみるとZ8300のほうが顕著に高性能なので、これは素直に喜ぶべきでしょう。

あと、細かい話ですが、筐体のタテ・ヨコは前身機と全く同じながら、厚さが0.5 mmだけ厚くなり、重量が31 gだけ重くなっています。これもまあ、実用上不利、なんて指摘するほどのレベルじゃないですね。おそらくCPUの換装による熱対策などの影響かと思います。

2.筐体

すいません、全然筐体画像がありませんでした。おそらく前身機と同じものが使われていると思いますので、前身機をベースに説明します。

Diginnos DG-D08IWB 背面
はい、前身機の背面です。私は前身機の実機レビューをしたことがあり、その中で「筐体はプラスティック製」と書いたのですが、あとでドスパラの方に「いやこれアルミ合金製ですから」と言われました。素材がなんにせよ、質感がかなり高かった、というのは事実でして、新しいDG-D08IW2もこの流れを汲んでいるものと思います。なので、質感は心配いらないでしょう。

Diginnos DG-D08IWB 物理スイッチ
ボタン類は実用上不快感がある、みたいなことはありませんでした。配置はオーソドックスで、縦持ち時の筐体右上に電源ボタンと音量上下ボタンが配置されます。

スポンサーリンク

Diginnos DG-D08IWB 専用キーボード
別売りのBluetoothキーボードです。8インチ用なので、さすがにサイズは小さく、日頃フルサイズのキーボードを使っている人は最初のうち苦労するかもしれませんが、サイズの制約を別とすれば打鍵感などはよく、慣れれば気持ちよく使えます。

本体とキーボードを一緒に包むケース
キーボードはタブレットケースを兼ねていて、上の画像のように折りたためば携帯性にも優れます。

Diginnos DG-D08IWB 32GB
Windowsボタンはセンサータイプで筐体下中央にあります。センサータイプのボタンは好みが別れるところですが、Windowsボタンとしての機能はしっかり果たしてくれます。

3.価格と発売時期

ドスパラ Diginnos DG-D08IW2はドスパラの公式サイトで販売中で、価格は税込み19,224円、専用のキーボード一体型保護ケースをセットすると税込み21,924円となります。本体価格で2万円を切ってきましたね。さすがドスパラ。キーボード部分の価格は2,700円ということになるので、個人的にはセットで購入すべきと思います。

記事の冒頭にも書きましたが、各社8インチのWindows タブレットから撤退する動きを見せている中、ドスパラがこの製品を発売したことは本当にうれしいです。低価格帯の8インチタブレットで、CPUをCherryTrail化して販売を継続している会社は他にはマウスしかありません。

つまり、2万円前後でCherryTrailの8インチタブレットを購入しようと思ったら、マウスかドスパラしかない、ということです。この2社はWindows タブレットにせよWindows スマホにせよ、低価格帯の製品について本当に一生懸命取り組んでいる、という印象があります。なので、どっちがいいとかは言えるもんじゃないですね。

中国タブレットだともっと低価格で購入できる、というのは確かにありますし、腕に覚えのある人には中国タブレットもおすすめできますが、誰でも安心して使えて、万一の保証もしっかりしている、ということではやっぱり日本メーカーのほうが格段に上です。この製品であれば、初めてタブレットを買う人、いや初めてPC製品を買う人にもおすすめできます。

4.関連リンク

Diginnos DG-D08IW2:ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    これでSimに対応してさえくれれば、、、と思います

  2. くまねこ より:

    ついにという感じですねえ.
    しかし・・・これが最後になるような気がしないでもないですが質の高い最新製品が手軽に買える状況は喜ばしいですね.他の国内販売製品と比べれば格安ですし.

    でも現在のWinタブの需要としてはどうなんでしょうね.
    自分はメイン,サブ(動画用でTV接続),Androidタブ(音楽や動画視聴と軽いブラウジング),スマホ(電話やメールチェック用),Winタブ(モバイルでのゲーム)の利用頻度で使い分けてますが.メインとサブは家使いですが,他はほとんど単機能で使ってます.あれもこれも1台で済ますのは難しいです.

    • wintab より:

      くまねこさん、こんにちは、コメントありがとうございます。もうすぐ来るであろうWindows 10の大型アップデートで手書き系が機能追加されるので、そこでなんとか頑張って欲しいです。8インチは風前の灯っすね。

  3. 匿名 より:

    カタログスペックでバッテリー6時間じゃ、使い物にならないと思う

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。短いですけど、考えさせられます。ビジネスノートだとバッテリーが持たないのは話にならないけど…

  4. 匿名 より:

    onda v820w (ch)とそっくりですね、国内販売では安くていいな、CherryTrail以降のAtomが無いのが残念です、値段の割りに性能がなかなかなんだけど・・・

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。国内メーカーの8インチとして貴重な存在になるでしょうね。中国タブレットよりはずっと安定して稼働すると思いますよ。