Cortanaはあと数か月で日本版が登場か?かなり礼儀正しいみたいよ

数ヶ月で日本版Cortanaが登場
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。誰もが楽しみにしているWindows 10の新機能といえば音声アシスタント「Cortana」ですよね。Microsoftは現地時間7月20日にCortanaの近況(開発状況)についてWindows Blogに記事を掲載しています。
Cortana brings Cultural Savviness to New Markets
今回はこの記事の内容に基づいて書いてきます。

スポンサーリンク

7月29日のWindows 10リリースに合わせて登場するのはアメリカ合衆国、イギリス、中国、フランス、イタリア、ドイツ、そしてスペインの7カ国のみです。面白いのは「言語」ではなく、「国」であるということで、カナダ英語版などは初回リリースでは対応していません。Windows 10 Insider Previewでも、日本で無理やりCortanaを有効にしたい場合はOSの言語を英語にするだけじゃダメで、地域もアメリカ合衆国にしないといけませんでした。アメリカ英語とイギリス英語は文法や語彙や発音が少し異なる、ということくらいはみんな知ってると思いますが、Microsoftが考えているのはそれだけじゃないです。

Microsoftによれば、今後数カ月以内(over the coming months)に日本のInsider Programユーザーが使えるようになるとのことです。「おせーよ」という声も出てきそうですし、実際私もそう思うのですが、それには深い理由がありました。わかりやすく言うと、Cortanaは「使われる国によって人格が異なる」ように作られているんです。

・中国では微笑んでいるかのような口調で
・イギリスでは自虐ネタのジョークが好まれることを理解していて、ちょっとだけドライで皮肉っぽい人格になっている。なので、からかうようなことを話しかけると皮肉交じりの回答をする
・イタリアでは国家に誇りを持っていて「我々は」のような言い回しを多用し、歌をうたうようにリクエストすると国歌を歌う

スポンサーリンク

中国版Cortana
また、各国の文化や関心ごと、言語の言い回しなどもちゃんと理解していて、例えば中国では大気汚染に関するデータをきっちりトラックしてくれ、フランスではカンヌ映画祭、カナダではホッケー、インドではクリケットの有名選手の動向とかをきちんと押さえています。

そして日本のCortanaは…

礼儀正しい日本版Cortana
めっちゃ礼儀正しいみたいですよ。Microsoftによれば「デフォルトでお辞儀する(Cortana will bow by default)」とのことですw

音声アシスタントに関してはiOSの「Siri」がもう何年も先行していて、後発であるCortanaは登場した瞬間からSiriと比較され、厳しい目を向けられることは容易に想像できます。また、Cortanaは特にタブレットやスマホといったモバイル系のデバイスにおけるWindows 10の評価を決定するくらいの要因にもなると思われるので、若干リリースがズレ込んだとしても完成度が高くて高度にローカライズされたものであってほしいと思います。モノがモノだけにはやく試したい、という気持ちはありますけどね。

個人的にはSiriに下の名前を呼び捨てされるのが微妙に気に食わなかったので、礼儀正しいCortanaは待ち遠しいです。

引用元サイト

Cortana brings Cultural Savviness to New Markets

スポンサーリンク