DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)- 14インチ・コンバーチブル2 in 1、DELLからWhiskey Lake搭載モデルが続々登場!

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
DELLが14インチのコンバーチブル 2 in 1「Inspiron 14 5000 2-in-1」を発売しました。DELLのInspironはXPSの下位に位置する製品ブランドで、型番に「3000」がつくスタンダードクラス、「5000」がつくプレミアムクラス、そして「7000」がつくハイエンドクラスと、一言で「格」を表現するのが困難なくらいのワイドバリエーションを誇ります。この製品は「5000」なのでプレミアムクラス(というか中位クラス)ということになりますが、Inspiron 14の2 in 1には「3000」と「7000」はありませんので、この製品が唯一の14インチ2 in 1となります。

スポンサーリンク

1.スペック

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
CPUはすべてWhiskey Lake世代のCore iプロセッサーです。これから年末にかけて各社ともノートPCにはWhiskey Lake世代のCPUを搭載したニューモデルをリリースすると思われますが、DELLはいち早くこの世代のCPUを採用しています。

上位モデル(Core i7搭載モデル)には外部GPUのGeForce MX130が搭載されます。GeForceシリーズとしてはエントリークラスで、オンラインゲーム向きとは言えませんが、グラフィック性能は大きく向上しているものと思われます。Core i7 + GeForceということであれば、基本的なビジネスユース、また画像加工、イラストやマンガ制作、簡単な動画編集などには十分すぎるくらいの実力となるでしょう。

RAMは全モデル8GB、ストレージは下位モデルが128GB、上位モデルが256GBとなりますが、注文時に構成のカスタマイズは出来ません。

ディスプレイも全モデル共通で14インチのIPS液晶、FHD解像度でタッチ対応となります。また、デルアクティブペン(PN338M)に対応し、1,024段階の筆圧に対応する手書き入力が可能です。なお、同時にリリースされたInspiron 13 7000 2-in-1(7386)に設定されている4Kディスプレイはありません。

入出力ポートは14インチサイズの製品としては充実しています。USBポートが合計で4つというのは、もう少しサイズの大きなスタンダードノートと比較してもいいほうだと思います。

サイズですが、やっぱり少し重いですね…。DELL製品は全般に重量がやや重くなっていて、この製品もタテ・ヨコサイズは悪くないと思うのですが、1.7 kgオーバーというのはモバイル利用には少し辛いところでしょう。

2.筐体

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
ベゼルは比較的スリムです。XPS 13やInspiron 13 7000ほど細くはありませんが、最新のノートPCらしいと言えますね。

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
筐体素材はアルミで、筐体色はシルバーとグレーを選ぶことができます。

スポンサーリンク

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
コンバーチブル2 in 1なので、ヒンジは360度開口し、タブレットモードやテントモード、スタンドモードにして使うことができます。この製品は筆圧対応のペン入力が可能ですし、「DELL CINEMA(ディスプレイ品質、スピーカー品質、通信品質を改善し、パーソナルシアターとして使えるというアピールです)」を謳っていますので、ペン入力や動画(映画)鑑賞などの際に、テントモードやスタンドモードは有効かと思われます。

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
キーボードです。この画像は英語配列ですが、日本向けには「日本語 バックライトキーボード」が装備されます。14インチサイズということもあり、ちょっとゆったりした感じに見えますね。

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)
側面とポートの配置です。「1.SDカード、2.USB 2.0、3.セキュリティーロックスロット、4.DC-IN、5.USB 3.1 Type C、6.HDMI、7.USB 3.1、8.USB 3.1、9.オーディオジャック」です。上にも書きましたが、14インチサイズの2 in 1としてポート類は充実している方だと思います。

3.価格など

DELL Inspiron 14 5000 2-in-1(5482)はDELL公式サイトで販売中で、10月7日現在の価格(セール価格です)は72,233円(税込み78,011円)から、となっています。72,233円のモデルは「Core i3/RAM8GB/128GB SSD」という構成なのですが、個人的には「ビジネスマシンとしてならこれで十分なのでは?」と思います。また、上位モデルの「Core i7/GeForce MX130/RAM8GB/256GB SSD」という構成なら100,283円(税込み108,305円)です。この構成も割安感がありますよね。

記事の冒頭に書いたとおり「5000」というのはInspironシリーズとしては「中位」です。同時発売のInspiron 13 7000 2 in 1のように4KディスプレイとかRAM16GBといった構成は選べませんが、十分すぎるくらいの処理性能があると思いますし、「7000」と比較して割安感もあります。ネックは「モバイルマシンとしては少し重いこと」でしょうか。そこに目をつぶることができるのなら、非常に有力な購入候補になると思いますよ。

4.関連リンク(DELL)

New Inspiron 14 5000(5482) (2018年10月5日発売)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑