ASUS ROG Strix SCAR 15 / 17 - 最新ハイエンドなRyzen 9とGeForce RTX 3080を搭載!「SCAR」を冠するトップクラスのゲーミングノート、ウインタブ限定クーポンあります!

アイキャッチ画像
こんにちは、ゆないとです。ASUSのゲーミングブランド”ROG”から、Strixシリーズの新製品「Strix SCAR 15」と「Strix SCAR 17」が発表されました。ROG Strixシリーズの中でも”SCAR”を冠するものはハイスペックなモデルになります。

スポンサーリンク

1.ROG Strix SCAR 15/17の特徴

■最新のハイエンドCPU/GPUのRyzen 9 5900HXとGeForce RTX 3080を搭載
■液体金属CPUグリスや6本のヒートパイプなどによる高い冷却性能。エアフローは前世代と比較して15%改善
■WQHD/165Hz/3ms、またはFHD/300Hz/3msと、ゲームに最適な高速ディスプレイ
■オプティカルメカニカルキーボードによる優れた入力精度と応答速度
■「いつもながら」の挑戦的・独創的なデザイン

2.スペック

  ASUS ROG Strix SCAR 15
OS Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen 9 5900HX
GPU NVIDIA GeForce RTX 3080(16GB)
RAM 32GB DDR4-3200
ストレージ 2TB SSD(1TB ×2)(PCIe3.0 ×4接続)
光学ドライブ なし
ディスプレイ SCAR15:15.6インチ(2,560×1,440)165Hz
SCAR17:17.3インチ(1,920×1,080)300Hz
キーボード SCAR15:光学メカニカル、RGB、US配列、NumberPad
SCAR17:光学メカニカル、RGB、US配列、テンキー
ネットワーク IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 HDMI ×1、USB3.2 Type-C Gen2(映像出力/給電対応)、USB 3.2 Type-A Gen1 ×3、オーディオジャック ×1、RJ-45
カメラ なし
オーディオ クワッドスピーカー (2W×2、1W×2)、Dolby Atmos、AIマイクノイズキャンセリング搭載
バッテリー SCAR15:駆動約10.1時間、充電約2.0時間
SCAR17:駆動約12.2時間、充電約2.1時間
サイズ SCAR15:354.9 × 259.9 × 22.6~27.2mm
SCAR17:395 × 282.1 × 23.4~27.5mm
重量 SCAR15:2.3kg / SCAR17:2.75kg

それぞれのスペックに関して

SCAR 15とSCAR 17の違いは、サイズとディスプレイおよびキーボードのスペックです。その他、CPUやGPU、ストレージやRAMの容量は同じ構成です。

CPUはAMD Ryzen 9 5900HX、GPUはGeForce RTX 3080で、ともにこの1月にリリースされたばかりの最新型番です。いずれもノートPC向けとしては「最高峰」です。先月発売されたCyberpunk2077のような超重量級のタイトルでもレイトレーシングを有効にして快適にプレイできそうです。

RAMとストレージはそれぞれ32GB、2TB SSDという構成です。ゲームをプレイしながら配信をしたり、クリエイティブな作業ではたくさんのエフェクトを付与してももたつくことは少ないと思います。

SCAR 15のディスプレイはWQHD解像度で165Hzのリフレッシュレート、反対にSCAR 17のディスプレイはFHD解像度で300Hzのリフレッシュレートに対応しています。どちらも3msという応答速度で、きれいな映像を維持しつつFPSのような反応速度を求められるタイトルでも快適です。また、RTX 30シリーズはNVIDIA Reflexを利用できるので、プレイ中のシステム遅延を減らすことができます。

キーボードには「光学式メカニカルキーボード」を搭載しています。光学式のスイッチを搭載しているため、高い入力認識精度があり、スイッチの電気的な接触が無いために劣化による故障もありません。

SCAR 15は物理的なテンキーは装備せず、かわりにトラックパッドがテンキーとしての役割を果たすNumberPadを搭載、SCAR17はテンキーを装備し、NumberPadはありません。

また、このキーボードは日本仕様もUS配列となりますので、この点は注意が必要です。

入出力ポートはHDMIが1つ、USB Type-Cが1つ、Type-Aが3つ、オーディオジャックとRJ-45のLANポートを搭載します。USB Type-Cの方は映像出力と充電も可能なポートですので、出先での充電に役立つでしょう。もし現行モデルのZephyrus G14と同じなら、USB Type-C側がRTX 3080からの出力、HDMIがRyzen内蔵GPUからの出力という構成である可能性もありそうです。

3.外観

ROG Strix SCAR 15

SCAR15_1
Webカメラの搭載は無いので、上と左右のベゼルはとても細いです。ディスプレイのヒンジは2箇所で支えるようになっています。手前側の側面には大型のLEDライトが装備されています。

SCAR15_2
キーボード側です。SCAR 15にテンキーは無く、そのかわりトラックパッドをテンキーとして使えるNumberPad機能を搭載しています。また、右側のボディはスケルトン(半透明?)になっており、内部が覗けるようです。ディスプレイ下部、全体ではありませんがキーボード面との間に隙間があり、ここから差し込む光がキーボードを照らして内部が透けている、そんなイメージのデザインという感じですね。

スポンサーリンク

右側面の赤い部分は”Key Stone”と呼ばれるもので、この部分に赤いパーツを挿すと、暗号化ドライブを開いたりWindowsからログアウトしたりといった操作が可能です。

SCAR15_3
天板です。昨年発売のZephyrus G14から継承されたような斜め半分でそれぞれ違う表面デザインを採用しています。ROGロゴの方はマットな質感ですが、反対側は小さなドットが入っており、うっすらと”ROG”という文字が見えます。

SCAR15_4
右下のROGと刻印された部分はArmor Capと呼ばれ、交換することができるようです。キャップなしか、画像のデザイン含めて2種類存在します。アクセントとして遊び心があって気になりますね。

SCAR15_5
珍しい形状をした底面です。天板のように斜め半分が異なるデザインになっています。予想よりは底面の吸気口が少ないようにも感じますが、その分ヒートシンクやファンの性能が高いということかもしれません。

SCAR15_6
左側面は排気口、USB Type-Aが2つ、オーディオジャックがあります。

SCAR15_7
右側面には、キーボードのところで紹介したKey Stoneと排気口があります。

SCAR15_8
背面には、両端に排気口、中央寄りには画像左からUSB Type-A、USB Type-C、HDMI、RJ-45、電源ジャックが配置されています。

ROG Strix SCAR 17

SCAR 15とサイズが異なるくらいでデザインや入出力ポートの配置は一緒です。そのため、ここでは異なる部分を取り上げたいと思います。

SCAR15_9
17.3インチサイズなので、キーボードにはテンキーがあります。デザインはSCAR 15と同じで、右斜め半分がスケルトンのようになっており、同じく右側面にKey Stoneを搭載します。

残りは画像のみ掲載します。
SCAR17_1
SCAR15_2
SCAR15_3
SCAR15_4
SCAR15_5
SCAR15_6

4.価格・ウインタブ限定クーポン

ASUS ROG Strix SCAR 15 / 17は2月5日の発売予定で、ASUS Storeではすでに予約注文を受け付けています。価格は下記のとおりです。
【価格】
■Strix SCAR 15:299,818円(税込329,800円)
■Strix SCAR 17:299,818円(税込329,800円)

また、ASUSよりウインタブ読者限定で、割引クーポンを頂いています。

【割引クーポン】
WinTab_New_ROG2021_1
●対象期間:1月27日~2月4日
●割引内容:5%OFF+送料無料
●対象機種:
・ROG Strix SCAR 17
・ROG Strix SCAR 15
 ※この記事でご紹介している2機種です

・FX516PR-I7R3070ECG
・FX516PR-I7R3070ECW
・FX516PR-I7R3070GP
 ※同時発表のTUF Dash F15です。実機レビューはこちら

”Strix SCAR”ということで、現状、ASUSの中でも最新で最高峰のスペックであることは間違いないです。その分価格も30万円クラスですが、それだけの能力を発揮してくれるでしょう。おそらく現状発売されているどのタイトルでも高い設定でストレス無く快適に動くと思います。限定クーポンもありますので、早速お得に購入するチャンスです。是非ご活用ください。

5.関連リンク(ASUS Store)

ROG Strix SCAR 15 G533QSicon
ROG Strix SCAR 17 G733QSicon

スポンサーリンク