ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS - まさに「異形」な17.3インチハイエンド・ゲーミングノート。性能は最高水準です!

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS
ASUSが7月22日に発表したゲーミングノートはかなりの種類がありまして、まだすべて紹介記事を掲載できておらず、申し訳ありません。「ROG Strix SCAR 15 G532LWS」は実機レビュー記事を、「ROG Zephyrus Duo 15」と「ROG Strix G15(G512)」については紹介記事を掲載済みです。

スポンサーリンク

今回は「ROG Zephyrus S17 GX701LXS」という、17.3インチのハイエンドマシンをご紹介します。筐体サイズは異なりますが「ROG Zephyrus Duo 15」からセカンドディスプレイを取っ払った、という感じのデザインになっています。

1.スペック

  ROG Zephyrus S17 GX701LXS
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-10875H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER Max-Q(8GB)
RAM 32GB(DDR4-3200)
ストレージ 1TB SSD(PCI Express 3.0 ×4接続)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 17.3インチ(1,920 × 1,080)300Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 3)、USB 3.1 Gen2 Type-C、USB 3.1 Gen2、USB 3.0 × 2、HDMI、オーディオジャック、LAN(RJ45)
カメラ なし
バッテリー 稼働時間 約9.7時間
サイズ 399 × 272 × 18.7 mm
重量 2.6 kg

7月28日現在、この製品は「GX701LXS-I78R2080S」のみの単一バリエーションとなっています。CPUは8コア16スレッドの「Core i7-10875H」、GPUは「GeForce RTX2080SUPER Max-Q」なので、ゲーミングノートとしてはハイエンドと言っていい構成ですね。どうせなら「Max-Qなし」のほうが良かったように思いますが、この製品は「薄型」というのがセールスポイントなので、ここは仕方のないところでしょう。

RAMは32GB、ストレージは1TB SSDで、いずれも高速な規格が採用されています。ディスプレイも17.3インチのFHD(1,920 × 1,080)解像度で、リフレッシュレートは300 Hzと、「大会レベル」のものが搭載されています。

通信まわりでは当然のようにWi-Fi6(ax規格)に対応しますが、有線LANポートがありません。あと、Webカメラもないですね。ASUSって結構思い切ったことをするなあ、と思います。

入出力関係ではThunderbolt 3を搭載していますので、おそらく外付けのGPU BOX(デスクトップPC用のGPUや増設用のストレージなどを搭載できる)が使えますね。ASUSの製品ページにチラッとそういうことが書かれていました。また、話はちょっと脱線しますが、以前パソコン工房(iiyamaのGPU BOXを扱っています)の人に聞いてみたところ「iiyamaのGPU BOXはThunderbolt 3搭載機であれば他社PCでも使えます」と言われたことがあります。

サイズは小さくありません。重量も特に軽くありません、はい。しかし、薄型ではあります。そして、この「薄型」を追求したことにより、非常に個性的なデザインとなりました。

スポンサーリンク

2.筐体

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS
ディスプレイはWebカメラがないことにより、左右だけでなく上部のベゼルも非常に細くなっています。それと、やはり最初に目が行くのはキーボード面ですよね?

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS
キーボード面です。「異様」ですよね…。ROG Zephyrus Duo 15ではサブディスプレイがあった位置にはロゴマークと、なにやらメッシュ状の穴があいています。また、この製品にはパームレストがありません。ROG Zephyrus Duo 15には「パームレスト同梱」という記載がありましたが、この製品にはそれがありませんので、必要なら別途購入する、ということになります。まあ、これは実際に使ってみてから決めてもいいんじゃないでしょうか。

キーボードは物理キーとしてのテンキーはなく、右側にタッチパッドを兼ねる形で装備されています。タッチパッドも右側ということは、いつも左手でタッチパッドを操作している人には厄介です。ゲーミングに特化した仕様ということでしょう。

また、このキーボードはNキーロールオーバー(複数のキーを同時に押してもすべて認識される)対応で、Per-Key RGBバックライトを装備します。もちろんASUSのAura Sync(ASUS製の周辺機器と組み合わせれば、統一したライティングが可能)にも対応しています。

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS
キーボード面の模式図です。このように、上部に冷却ユニットが搭載されていて、効率的かつ、「キーボードが熱くならない」仕様です。それと、この図だとちょっとわかりにくいですが、この製品はヒンジを開口すると底面の後部に通気口が現れます。以前「ROG Zephyrus S GX502GV」という製品を実機レビューした際、同じ構造が取られていました。

ASUS ROG Zephyrus S GX502GV ヒンジ開口
これはGX502Vのものです。ここも結構思い切った構造だと感じましたね、当時。

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXS

クリックで拡大します

ちょっとわかりにくいですが入出力ポートの配置です。ポートは左右側面のみで、背面にはないようです。有線LANポートとSDカードリーダーはないですね…。

3.価格など

ASUS ROG Zephyrus S17 GX701LXSはASUS Storeで販売中で、7月28日現在の価格は399,818円(税込み439,800円)です。先日ご紹介したサブディスプレイ装備のROG Zephyrus Duo 15よりはかなり安く設定されており、これなら気軽に購入できますね(ウソ)。

ASUSのPCは他にはない特徴が多く見られ、それだけものづくりに強いこだわりがあるものと思っています。この製品が使いやすいのかどうか、というのはなんとも言えませんが、基本的に「ゲーム最優先」のPCだとは思います。妥協なきハイスペックゲーミングノートをお探しの人は購入を検討されてもいいんじゃないでしょうか。

4.関連リンク(ASUS Store)

ROG Zephyrus S17 GX701LXS (GX701LXS-I78R2080S)icon

スポンサーリンク