ASUS ProArt StudioBook Proシリーズ - 17インチサイズのクリエイター向けモバイルワークステーション

ASUS ProArt StudioBook Pro X
ASUSがクリエイター向けの17インチ・モバイルワークステーション「ProArt StudioBook Proシリーズ」2機種を発表しました。CPUにIntel Xeon(1機種のみ)、GPUにはGeForceではなくQuadroを搭載するなど、業務用、という色彩が濃いシリーズです。

スポンサーリンク

1.スペック

スペック表

ASUS ProArt StudioBook Proシリーズ スペック表

クリックで拡大します

コメント

上位モデルの「Pro X W730G5T(以下、Pro Xと表記します)」と下位モデルの「Pro 17 W700G3T(以下、Proと表記します)」で大きくスペックが異なりますので、完全に別の製品と考えるほうがいいでしょう。

外部GPUのQuadroですが、一般に「Quadroはクリエイター向け、GeForceはゲーム向け」と言われています。ウインタブではGeForce搭載機はたくさんレビューしていますが、残念ながらQuadro搭載機は過去に1件だけ「Lenovo ThinkPad P1 Gen3」のレビューをしたのみで、Quadroの型番もT2000という下位クラスのものでした。そのため、具体的な使用感の違いについては言及ができません。

QuadroとGeForceの違いについてはこちらのサイトがわかりやすいです。
クリエイター向けグラフィックボード「Quadro」を知ってますか:アプライド

また、NVIDIAによれば、Pro Xに搭載されているRTX5000は「Creative Powerhouse(Powerhouseは強力なチーム、といった意味合い)」向け、Proに搭載されているRTX3000は「Creative Maestro(Maestroは専門家、という意味)」向けと位置づけられています。

NVIDIAの分類についてはこちらをご覧ください。
あなたに最適な GPU はどれですか?

クリエイター向けワークステーションということで、RAMとストレージの容量は「かなり強力」ですね。また、ディスプレイもクリエイター仕様です。

ASUS ProArt StudioBook Proシリーズ

クリックで拡大します

上の画像がPro X、下がProです。数値面ではほぼ同等の仕様と言え、発色品質が非常に高いものになっています。

また、サイズは17インチとしては比較的コンパクトで、少し前の15.6インチノートとあまり変わりません。ただ、最近の15.6インチノートは横幅が360 mm程度まで小さくなっていますので、最新の15.6インチノートと比較するとさすがに大きいです。それと、重量はかなりのものですね。最新の15.6インチノートだと重さ2 kgを切るのが普通ですから。

2.筐体

ASUS ProArt StudioBook Pro X

ASUS ProArt StudioBook Pro
上の画像がPro X、下が Proです。筐体も横幅が同じというだけで、それ以外は全然違います。正面から見るとPro Xは下部ベゼルも細くなっているのに対し、Proの下部ベゼルはかなり太いものになっています。筐体の奥行き(短辺)も2センチ弱Proのほうが大きくなっていますし。

スポンサーリンク

ASUS ProArt StudioBook Pro X

ASUS ProArt StudioBook Pro
もっと大きく違うのがキーボード。上がPro X、下がProです。ともに「英語配列のみ」の設定で、Pro Xにはテンキーがつき、Proはテンキーレスです。また、タッチパッドの仕様も異なり、Pro Xは「ScreenPad 2.0(サブディスプレイとして使えます)」、Proは「NumberPad(テンキーとして使えます)」となります。私、ScreenPad 2.0を搭載するZenBook 14を愛用していますが、この機能はプロフェッショナルなクリエイターには重宝されるんじゃないかと思います。

ASUS ProArt StudioBook Pro X
Pro Xの入出力ポートです。17インチサイズということもあり、充実した構成です。USBポートは合計で5つ、2つのUSB Type-CポートはThunderbolt 3なので、大容量のデータ伝送や映像出力も快適にこなせるでしょう。有線LANポートやSDカードリーダーもしっかり装備しています。

ASUS ProArt StudioBook Pro

クリックで拡大します

こちらがProの入出力ポート。Pro Xとの比較ではUSB Type-C(Thunderbolt 3)が1つ少なくなり、有線LANポートもありません。ただし、ProにはUSBイーサネットアダプター(LANアダプター)が標準で付属しますので、有線接続も可能です。

3.価格など

ASUS ProArt StudioBook ProシリーズはASUS Store限定の取り扱いで、発売日は4月21日、4月10日現在予約注文受付中です。注目の価格ですが…

Pro X:649,000円
Pro:252,780円
※税込み価格

Pro Xは「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」というお値段ですね。一方でProのほうは(Pro Xの価格と並んでいるから、というのはありますが)リーズナブルです。とはいえ、この製品はCADとか動画系の制作に適した製品だと思いますので、必ずしも万人向けとは言えません。ニーズのあるクリエイターには非常に魅力的だと思います。

4.関連リンク

ProArt StudioBook Pro 17:ASUS 製品紹介ページ
ProArt StudioBook Pro X:ASUS 製品紹介ページ
ProArt StudioBook Pro 17 W700G3Ticon:ASUS Store
ProArt StudioBook Pro X W730G5Ticon:ASUS Store

スポンサーリンク