ZTE Blade E02 ー 初心者にもわかりやすい「ファミリーモード」を搭載した5インチ エントリースマホ(かのあゆ)

ZTE Blade E02 Top
こんにちは。かのあゆです。ZTEは9月25日に新型スマートフォン「ZTE Blade E02」を日本市場に投入することを正式に発表いたしました。OSにAndroid 7.0”Nougat”を搭載し、スマホ操作に慣れていない人でも使いやすいエントリーモデルとなります。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.0”Nougat”
CPU: Qualcomm Snapdragon 210
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 5.0インチ 1,280×720 HD IPS液晶
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
LTE : B1、B3、B8、B19、B26(au VoLTE対応)
UMTS : B1、B6、B8、B19
GSM ; B2、B3、B5、B8
カメラ: イン500万画素、アウト800万画素
バッテリー: 2,400mAh
サイズ:  144mm×71mm×8.4mm /135g

OSはアプリケーションの二分割画面表示に対応した「Android 7.0”Nougat”」。ZTEは「MiFavor UI」という独自UIを搭載した端末も販売されていますが、Blade E02ではAOSP準拠の純正UIを採用しています。独自UIの中には癖が強いものも多いのですが、この機種に関しては純正のAndroidそのものでカスタマイズは一切されていないので、操作性の面で初心者ユーザーが混乱するようなことはないでしょう。

またガラケーから移行した方や、やや年配の方でも使いやすいよう、よく使うアプリケーションや連絡先などを大きなボタンで表示する「ファミリーモード」も搭載しており、全体的にスマホ初心者の方でもスムーズに使えるように配慮されている印象です。

ハードウェアスペック的にはローエンドクラスのCPUであるSnapdragon 210に2GB RAM、内蔵ストレージ16GBと完全にエントリー向けのスペックとなっています。RAM2GBとストレージ16GBという構成自体はエントリークラスのスマートフォンであることを考えると妥当なスペックですが、気になるのはCPUがすでに搭載機が減ってきたSnapdragon 210を採用してきたことでしょうか。

メーカーのチューニング次第にもよりますし、本端末の場合はカスタマイズが行われていない素のAndroidであるため普段使い用途であれば十分なパフォーマンスを確保している可能性もありますが、全体的に現在他社がエントリーモデルで採用しているMediaTek MT6737と比較するとパフォーマンス的には劣る傾向にあるため、あまり性能面に関しては期待しないほうがいいかもしれません。

ZTE Blade E02 Camera
そのほかカメラに関してもインカメラが500万画素、アウトカメラが800万画素とスペック的にはエントリークラスでは平均的なものとなりますが、複数の画像をアニメとしてまとめる「GIFメーカー」機能などの独自機能が搭載されているのが特徴となっています。また現在販売されているスマートフォンとしては珍しく、バッテリーが脱着式となっておりユーザーが交換できるようになっています。

スポンサーリンク

2.デザイン

ZTE Blade E02
ZTE Blade E02 Design
筐体は5.0インチというコンパクトなサイズに収まっており、ラウンドフォルムを採用した高級感のあるデザインが採用されています。また重さも135gと非常に軽量で長時間持っていても疲れることはないと思います。

本端末はエントリーモデルではありますが、筐体の質感に関してはしっかりしている印象で安っぽさは感じられません。ナビゲーションボタンはZTEのBladeシリーズでは標準となっているハードウェア式になっています。

ZTE Blade E02 Colors
本体カラーはブラックとホワイトの2色となります。

3.価格など

ZTE Blade E02は9月25日の発表から直ちに順次発売開始となり、市場想定価格は税込み19,224円です。また、すでにMVNOキャリアの楽天モバイルでは取り扱いが開始されており、楽天モバイルでの一括払い価格は税込み18,144円です。搭載CPUがパワー不足のSnapdragon 210でAndroid 7.0がどこまで実用的に動作するのかという懸念はあるものの、素のAndroidを搭載したことや初心者でもわかりやすい「ファミリーモード」の搭載など、全体的にはエントリー向けのスマートフォンとして使いやすく作られている印象の端末となっています。

デザイン的にもエントリークラスとはいえ質感の高いものとなっており、メイン端末としては若干厳しい要素はありますが子供に持たせるスマートフォンやサブマシン用ととしては十分活用できそうです。

関連リンク

ZTE Blade E02 : ZTE Japan
楽天モバイル ZTE Blade E02 商品ページ

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    これ買うならもう少し足してP10Lite買うなぁ
    210って中華スマホのローエンドでも載せないよね
    MTKの方がコスパ高いから殆どMTKだねえ