Vernee V2 Pro - IP68対応の高性能なアウトドアスマホなんだけど…、なにこれカッコいい!しかもバンド19もOK!

公開日: : 最終更新日:2018/06/13 Android , ,

Vernee V2 Pro
個人的に大好きな中国メーカー「Vernee」の最新スマホ「V2 Pro」を紹介します。IP68レベルの防水・防塵性能がありますので、ジャンルとしてはアウトドア(タフネス)スマホということになるのですが、「いかにも」なゴツさは抑えられていて、それがまたすごくカッコいいです。

スポンサーリンク

1.スペック

Vernee V2 Pro
中華スマホでは、世界的な大手メーカーを除き、Snapdragon 845とかHelio XシリーズといったハイエンドなCPUを搭載する製品は影を潜めていて、現状「ハイスペック機といえばHelio Pシリーズ」ということになっています。この製品もCPUにはHelio P23を搭載しており、性能面では「ミッドハイクラス」ということになります。

OSは最新のAndroid 8.1で「VOS」という独自UIが採用されています。ただ、このVOS、ウインタブでも実機レビューしたことがありますが、基本的に「素のAndroid」にジェスチャ機能やPIP(Picture in Picture、小窓で画像や動画を表示する機能)などが追加された、という感じで、基本操作は非常に素直なものです。また、日本語化も高水準で可能です。

RAMは6GB、ストレージは64GBと余裕のある容量です。また、ディスプレイは5.99インチでFHD+(2,160 × 1,080)解像度の縦長(アスペクト比 18:9)タイプとなります。このあたりの数値面は典型的な中華上位スマホという感じですね。

で、通信バンドですが、この製品はバンド19にも対応します。以前レビューしたVernee M5もバンド19対応した、という情報がありましたが、この製品の場合、スペック表にしっかりその旨の記載があります。

カメラはイン、アウトともデュアルレンズになってますね。なお、スペック表では「イン8MP + 5MP / アウト16MP + 5MP」と表記していますが、ソフトウェア補間により、「イン13MP + 5MP / アウト21MP + 5MP」となります。まあ、カメラの画質は実際に撮影してみないと何とも言えませんけどね。

バッテリー容量も6,200 mAhとかなりの大容量です。少し前なら、このバッテリー容量が製品のメイン・アピールポイントになっていてもおかしくないくらいです。

サイズは…、やはりアウトドアスマホっぽいです。厚さは12.15 mmと1センチ越え、重量も259 gですから、かなりの重さになっています。ただ、厚さに関してはIP68レベルの製品としては「これでもマシ」な方だと思います。

2.筐体

Vernee V2 Pro
Vernee V2 Pro
この製品の筐体色は「ブラック」と「レッド」の2色展開です。上の画像がレッド、下がブラックです。私がカッコいい!と思ったのはレッドの方です。側面の一部だけ赤い、というのがすごく気に入りました。あと、ポートはUSB Type-Cのみで、オーディオジャックはありません。IP68対応なので、ポートはカバーつきです。

スポンサーリンク

Vernee V2 Pro
ということでレッドのほうです。前面を見ると上下のベゼルは細めながらしっかりした感じで残っています。また、ノッチ(切り欠き)タイプでもありません。背面には指紋センサーがありますね。エッジ部分を見ると、それなりに補強されてる感じはしますが、アウトドアスマホとしては比較的おとなしいというか、シンプルなデザインだと思います。

Vernee V2 Pro
背面は滑りにくくするという意図でディンプル加工が施されています。また、筐体色レッドのほうは、背面がグレーっぽい色になってますね。

なお、この製品は指紋センサーだけでなく、顔認証もできますし、NFCもついています。

Vernee V2 Pro
前面、背面ともエッジ部分が大きくラウンドしていて、IP68のスマホとは思えないくらいに美しいと感じます。

3.価格など

Vernee V2 Proは中国の通販サイト「TOMTOP」「Banggood」「CAFAGO」「Gearbest」に製品ページがあり、6月12日時点で最も低価格なのはTOMTOPで、249.99ドル(27,799円)となっています。なにげにVerneeの製品はTOMTOPが品揃えが早く、かつ価格も低めになっていることが多いですね。

アウトドアスマホの場合、Ulefone Armor 2のように「見るからに…」って感じの迫力あるデザインのものが主流ですが、「もう少しさり気なく使いたい」という人も多いでしょう。その点このV2 Proはそこそこにアウトドアっぽさを残しつつ、比較的おとなしめのデザインですし、前面ガラスも美しくラウンドしていたりして、大人っぽさを感じます。また、スマホとしての基本性能も十分に高いので、「刺さった」人も多いんじゃないでしょうか?私は刺さりました。

4.関連リンク

Vernee V2 Pro:TOMTOP
Vernee V2 Pro:Banggood
Vernee V2 Pro:CAFAGO
Vernee V2 Pro:Gearbest

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑