Teclast M40 Pro - 人気のAndroidタブレットにPro版が登場!デザイン一新、スピーカーもレベルアップ!

Teclast M40 Pro
CPUにUNISOC T618を搭載し、Antutu Ver.8のスコア20万点オーバーをマークするAndroidタブレット「Teclast M40」にニューモデル「Teclast M40 Pro」が追加されました。CPUやRAM、ストレージ容量は変更がありませんが、筐体が変更され、一部機能がレベルアップしています。

スポンサーリンク

1.Teclast M40 Pro スペック

  Teclast M40 Pro
OS Android 11
SoC UNISOC T618
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
LTEバンド LTE・VoLTE対応(バンド不明)
SIM nano SIM ×2(うち1つはmicroSDと排他)
ネットワーク IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 オーディオジャック、USB Type-C ×1、SIMカードスロット
カメラ イン5MP/アウト8MP
バッテリー 7,000mAh
サイズ 不明
重量 不明

Teclast M40からの変更点

・OSがAndroid 10からAndroid 11に
・スピーカーが2スピーカーから4スピーカーに
・バッテリー容量が6,000 mAhから7,000 mAhに
・筐体が変更

コメント

OSがAndroid 11になった、というのはまあ順当と言えるでしょう。CPUの型番、RAMとストレージ容量、ディスプレイ解像度は変更ありません。よって、Antutuスコアも大きくは変わっていないものと思われます。

Teclast M40 Pro
最大の変更点は「スピーカーの仕様」です。M40が2スピーカーだったのに対し、4スピーカーになりました。スピーカーの位置は「2つの長辺に2つずつ」となります。M40では「横持ち時の下側面に2つ」でしたから、音響効果は確実に向上しているものと思われます。

スポンサーリンク

その他、メーカーサイトにもAliexpressの販売ページにも完全な情報が開示されていませんでした。具体的には「LTEの対応バンド」と「サイズ」が不明です。

2.Teclast M40 Pro 筐体

Teclast M40 Pro
えー、筐体サイズが開示されていないので、この画像が「絶対におかしい」とはいい切れませんが、ウインタブ読者なら「はいはい、Teclastらしい画像だよねー」と感じると思います。

M40ディスプレイ

参考:Teclast M40

こちらがM40の実機レビューの際に撮影した画像。ベゼル幅が全然違っているのがわかると思います。ウインタブの経験上、M40 Proの正面画像は製品ページよりもM40の画像に近いだろうと推測しますw

Teclast M40 Pro
背面です。これを見ると「新筐体になったな」と思いますね。

M40背面

参考:Teclast M40

こちらがM40です。M40 Proのほうはずいぶんとスッキリしたデザインになりました。筐体素材は「オールメタル」とのこと。製品画像は毎回ちょっと「アレ」ですが、Teclast製品は筐体の質感は非常に高いです。

Teclast M40 Pro

クリックで拡大します

各部名称です。スピーカーが増えたこと以外、ボタンやポートのレイアウトはM40から変わっていません。

3.Teclast M40 Pro 価格など

Teclast M40 ProはAliexpressのTeclast Official Storeに製品ページがあり、7月12日(正確な時間はわかりませんが、日本時間17時スタートと思われます)から7月15日までの期間、ワールドプレミアセールが予定されています。セール価格は179ドル(およそ20,300円)です。また、7月5日現在、Banggoodにはまだ製品ページはありませんでした。

CPUやRAM、ストレージなどの主要スペックに変更がないとはいえ、OSが新しくなり、スピーカーは「どう考えてもレベルアップしている」と思います。M40の実売価格は150ドル台前半なので、ワールドプレミアセールでもM40 Proのほうがまだ20ドル以上高いことにはなりますが、音質を重視したい人ならM40 Proを選ぶ、というのもありかと思います。

4.関連リンク

Teclast M40 Pro:Teclast Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク