Makibes A4 - Android OS搭載のスマートウォッチ、スポーツウォッチっぽいデザインが魅力です

公開日: : Android , ,

Makibes A4
中国メーカー「Makibes」の製品については、以前ライターの壁さんが「HR3」という低価格なスマートウォッチ(ヘルストラッカー)の実機レビューをしていて、高評価されています。今回紹介する「A4」は2018年後半からウインタブが注目しているAndroid OS搭載のスマートウォッチです。

スポンサーリンク

1.スペック

Makibes A4
Android OS搭載のスマートウォッチとは、簡単に言えば「腕時計型のスマホ」で、単体で電話ができたり(SIMカードは必要です)、アプリをインストールしたり、SNSを使ったり、といったことができます。ということで、ちょっと近未来的な香りがしますので、ウインタブでも注目しているんですね。

ここ数カ月の間に発売されたAndroid OS搭載のスマートウォッチはいずれも非常に似通ったスペックになっています。このA4も「典型的」と言えるようなスペックで、OSはAndroid 7.1、CPUはMT6739、RAM1GB、ストレージ16GBです。この組み合わせはつい先日ライターのかのあゆさんが実機レビューした「Zeblaze THOR 4 Pro」と同じです。スマホとしてみるとOSは決して新しくはなく、CPUもエントリーレベル、RAM1GBなんて論外、ということになってしまいますが、この製品は「腕時計型」なので、ディスプレイサイズが非常に小さく、RAMをたくさん食うような使い方(マルチタスクなど)はそもそもできない、というか操作性の都合上難しいです。その意味ではRAM1GBでも特に問題ないか、と思っています。同様にCPUもSnapdragon 845である必要はないでしょう。

そのディスプレイは1.39インチのAMOLED(有機EL)です。OS搭載のスマートウォッチは有機ELディスプレイを採用していることが多く、またサイズの1.39インチ、解像度の400 × 400というのも標準的です。少しでもサイズが大きいほうが操作性は良くなると思うんですけど、なにぶん腕時計なので、3インチとか4インチとかにすると時計としておかしなことになっちゃいますね。

そして、この製品はSIMを挿入できます。というか、スマホとして使うためにはSIMが必要です。もちろん普通のスマートウォッチと同じように母艦となるスマホとペアで使うこともできますので、その場合はSIMは必要ありません。ただし、現代のスマホで標準となっているDSDS(SIM2枚挿しによる同時待ち受け)には対応しません。

Makibes A4
カメラもついています。腕時計で言う「リューズ」の位置にレンズがあります。画素数は2MPなので、本格的な写真撮影というよりはメモ代わり程度の用途になるでしょう。Android OS搭載のスマートウォッチはこの位置にカメラレンズを取り付けていることが多く、その意味では「普通」ですね。

スポンサーリンク

Makibes A4
それと、この製品はIP67レベルの防水・防塵性能を備えます。先日掲載したかのあゆさんのZeblaze THOR 4 Proは生活防水(IP67レベルよりもずっと防水性能は低いです)だったので、かのあゆさんが「残念!」と評価していたのですが、この製品であれば手洗いの際に水しぶきがかかっても平気ですし、急な雨でも気にする必要はなさそうです。

ちなみに私は「生活防水あるんなら大丈夫じゃん」という考え方なのですが、かのあゆさんはデバイスを非常に大切に扱うので、手洗いの際はわざわざスマートウォッチを外すそうです…。

サイズのほう、Zeblazeよりも少し大きめで、そのかわり若干軽い、という感じです。腕時計としてはどうしても大型サイズ、ということになりますね。

2.筐体

Makibes A4
この製品はOS搭載のスマートウォッチですが、そうはいっても「腕時計」ですから、デザイン性とか高級感とか、そういった部分も評価の対象になると思います。もっと言うと、デザインが気に入ったり、こだわりの素材を使っているような場合は、少しくらい高くても許せるんじゃないでしょうか?

素材は亜鉛合金(Zinc Alloy)です。また、ダイバーズウォッチのようなタキメーター(本当にタキメーターなのかは確認できません)がついていて、スポーツ用という感じのデザインになっています。このデザインは他のAndroid OS搭載のスマートウォッチとは違ってますね。

Makibes A4
背面は一般的なスマートウォッチと同じようにPOCOピン(充電用)とSIMスロットがあります。あと、心拍数センサーもありますね。

この記事に掲載している画像はどれも「アナログ」に見えますが、実際は有機ELディスプレイなので、フェイス(テーマ)は変更できますし、全部ではありませんがアプリも使えます。ただ、雰囲気的にアナログのスポーツウォッチ、という感じで見せるのが良さそうに思われます。

3.価格など

Makibes A4は中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、1月25日現在の価格は129.99ドル(14,666円)ですが、geekbuyingからウインタブ読者にクーポンを発行してもらいまして、クーポンコード「NCUANGHH」を使うと114.99ドル(12,974円)になります。

この価格はZeblaze THOR 4 Proの99.99ドル(Banggood)よりも高価ですが、IP67レベルの防水・防塵性能を備えているという点が魅力です。また、腕時計でもありますので、そもそもデザインが気に入るのなら多少の価格差は気にならないでしょう。ただし、デザインの好き嫌いは人それぞれなので、私にはなんとも言えません。Makibes製品はgeekbuying以外だとAliexpressくらいしか販売しているサイトはありませんし、先日の壁さんのレビューを参考にすれば品質面は悪くないのだろうと思います。

今年はOS搭載のスマートウォッチを手に入れたいですね!

4.関連リンク

Makibes A4:geekbuying
※クーポンコード「NCUANGHH」で114.99ドルになります

スポンサーリンク

Comment

  1. よっちゃん より:

    バッテリーの持ちが気になります。あと、カメラはリュウズの位置でなくて、リュウズの反対側が使い易いと思います。

    • wintab より:

      よっちゃんさん、こんにちは。この製品のバッテリー持ちについてはなんとも言えませんが、他社の類似スペックの製品を使っている人のコメントによれば、いろいろと使っていると一日持たないようです…。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑