LEAGOO KIICAA S8 ー もう間もなく発売予定。期待度が高い”S8クローン”(かのあゆ)

LEAGOO KIICAA S8
こんにちは。かのあゆです。LEAGOOが新型スマートフォン「KIICAA S8」を準備中です。現時点ではまだ正式な発売時期が決まっておらず、各種販売サイトでもまだ予約すら受け付けていない状況ですが、今年のフラッグシップモデルを忠実に再現した大型ディスプレイを採用した魅力的な端末になっています。なおLEAGOO製品に関してはウインタブでも以前「T4」という端末を取り上げています。
Leagoo T5 ー 5.5インチ、欲しいスペックと機能が一通り詰まったグッドバランスなスマホ

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.1.1
CPU: MediaTek Helio P23(MT6763)
RAM: 4GB/6GB
ストレージ: 64GB/128GB
ディスプレイ: 5.7インチ(1,440 x 720)アスペクト比18:9
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
LTE: B1/B3/B7/B8/B20
カメラ: イン8MP / アウト12MP + 12MP
バッテリー: 3,500mAh

まだすべてのスペック情報が出そろっているわけではないため、仕様に関しては正式発売までに変更される可能性もありますが、搭載CPUは今年5月に発表されたばかりのMediaTek Helio P23(MT6763)を搭載しており、搭載RAMは4GB、あるいは6GB、内蔵ストレージも64GBと128GBのいずれかを選択できるようになっています。

Helio P23に関してはまだ発表されたばかりということもあり詳細なベンチマーク結果などは出ていませんが、その前世代に相当するHelio P20に関してはAntutuスコアが60,000台をたたき出しているためHelio P23を搭載した本端末に関しても軽快な動作が期待できると思われます。

液晶サイズは5.7インチで縦横比18:9という縦長のディスプレイを採用しています。この比率を採用している端末はほかにはLGの「G6」が存在しており、Galaxy S8/S8+は18:5:9となっているため感覚的にはこれらの端末の液晶をイメージするとわかりやすいかもしれません。

性能的にはミッドハイクラスで、内蔵RAMやストレージもハイエンドと同じ容量となっており、十分メイン端末としても運用していける性能となっています。

スポンサーリンク

2.デザイン

Leagoo KIICAA S8 筐体
公式な端末の画像は現在LEAGOOがTwitter公式アカウントで公開している発表画像のみとなってしまいますが、前面に関しては完全にGalaxy S8のクローンそのものと言えるデザインとなっています。画面の縦横比がほぼ近いこともありGalaxy S8と一緒に並べても一見するとどちらかどちらなのかわからないのではないでしょうか。それくらい完全に前面デザインに関しては完全にコピーしています。

Leagoo KIICAA S8 試作機
ただし一部メディアでは開発中の試作機の画像が出回っていますが、こちらを見た感じではGalaxy S8よりは下部ベゼルが広めにとられている印象です。背面に関してはGalaxy端末のクローンというわけでもなく、本端末独自のデザインとなっています。NOKIA端末によく似たレンズカバーのデザインとGalaxy S8では採用されていないデュアルレンズがかなり目を引きます。

3.まとめ

KIICAA S8は現時点ではまだ発売日が確定しておらず、正式な販売価格も発表されていませんが、一部ニュースサイトなどの情報によると最も高価な構成を選択しても300ドル程度に収まる価格設定になる予定になるとのことです。

Galaxy S8は720ドル程度で販売されているため、これより400ドルほど安い値段で縦長ディスプレイを採用した高性能端末が手に入ることとなります。ただのクローンというわけではなく、CPUも本端末が初採用となるミッドハイCPUのHelio P23を搭載しており、RAMとストレージ容量も大容量のものを採用するなど本端末も中華スマホならではのコストパフォーマンスに優れた一台になりそうです。

Leagooの端末はBanggoodなどの通販サイトでも取り扱っており、正式に発売日が確定した後、これらのサイトでも予約受付が開始されるのではないでしょうか。中華スマートフォン界隈ではGalaxy S8やLG G6の縦長ディスプレイを採用した端末が増えてきており、個人的にはかなり楽しみだったりします。

4.関連リンク

LEAGOO 公式Twitterアカウント:Twitter

スポンサーリンク