Kospet Vision - 最新のAndroid OS搭載スマートウォッチ、KospetはLEMFOよりコンサバ?

Kospet Vision
ここのところAndroid OS搭載スマートウォッチの紹介記事が増えています。きっかけは中国通販サイトをチェックしていてLEMFO LEM Tの製品画像がバーンと目に飛び込んできた、ということなのですが、調べてみると出てくるわ出てくるわ…。LEM Tのように非常にアグレッシブな製品もありますし、今回紹介する「Kospet Vison」のように、「正常進化」という感じの製品もあります。OS搭載スマートウォッチを手掛ける中華メーカーはそんなに多くはないですが、精力的に製品投入をしているのは間違いないです。

スポンサーリンク

1.スペック

Kospet Vision
OS搭載スマートウォッチのジャンルで、ここのところ私が気づいたこととして、「ディスプレイを大きく、しかし無理して高精細にはせず」という点と、「デュアルOSとかデュアルCPUといった少々荒っぽく複雑な構造にするのではなく、バッテリーを大型化して稼働時間を伸ばす」方向にあるという点ですね。後述しますが、両者は密接に関係しているとも言えそうです。

OSはAndroid 7.1.1で、なかなかこのジャンルの製品のOSバージョンは上がっていきません。CPUは今年前半に見られたデュアルCPUではなく、一般的なMT6739です。ただし、RAMとストレージは大きめで、3GB/32GBとなりました。

ディスプレイは1.6インチとやや大きく、しかし有機ELの採用は見送られ、解像度も320 × 320と、むしろ低く抑えられています。有機ELやディスプレイ解像度がバッテリー消費に及ぼす影響というのがイマイチ理解できていませんが、少なくとも絶対的なサイズが大きくなったという点は視認性、操作性には有益だと思いますし、もともと400 × 400という解像度が320 × 320に落とされたと言っても、1インチ台の小さなディスプレイですから、体感的に粗くなったとか汚くなった、とは感じられないでしょう。個人的にはバッテリー対策かな、と思っています。

そのバッテリーですが、800 mAhあります。これはOS搭載スマートウォッチとしてはかなり大きいほうで、使い方に注意すれば「十分に終日使える」くらいなんじゃないか、と思われます。ちなみにメーカーでは24時間~36時間の動作が可能としています。

この製品のセールスポイントはカメラです。「イン・アウト」という書き方は不正確だと思いますので、前面カメラと側面カメラ、と言います。前面カメラは8MP(ソフトウェア補間後)、側面カメラは5MP(ソフトウェア補間後)ありまして、従来のOS搭載スマートウォッチよりも高画素数になっているのと、「そもそも2つある」という点が魅力です(ただし、カメラが2つ装備されるスマートウォッチはこの製品が初めてではありません)。

2.筐体

Kospet Vision
「そこはかとなくスポートウォッチ」的なデザインになってしまうのは、OS搭載スマートウォッチの常、と言えます。SIMスロットを内蔵し、カメラも搭載するなど、構造的にどうしても大きく、ゴツくなってしまうんでしょうね。

スポンサーリンク

前面ガラスはゴリラガラスが採用されていますが、競合製品のようにIP67レベルの防水・防塵性能はありません。あと、前面カメラの位置も確認できると思います。このカメラが8MPということなのですが、この位置だとビデオチャット以外には使いみちがありません。

Kospet Vision
側面です。バッテリーが大きくなったこともあり、かなり厚みがあるように見えます。また、側面カメラも確認できますね。こちらが5MPです。ただ、(性能的には厳しいですが)スナップ写真などを撮影するとしたらこの側面カメラになると思いますので、どうせならこちらを8MPにしてもらいたかった、というのはあります。

Kospet Vision
筐体色(というかアクセントカラー)はレッドとブルーの2色です。ブルーを選ぶとバンドのステッチはブラック、レッドを選ぶとステッチもレッドになりますので、レッドのほうが少し派手です。

Kospet Vision

クリックで拡大します

サイズスペックです。やっぱり厚みはかなりありますね…。

3.価格など

Kospet Visionは中国の通販サイト「Banggood」でプレオーダー中で、9月3日現在の価格は139.99ドル(15,101円)です。カメラ性能については、表示されている画素数がソフトウェア補間後のものであるという点と、これまでウインタブがテストしてきたOS搭載スマートウォッチのカメラ性能が非常に低いものであったという経験則に照らして、まだまだ実用性は不十分なのではないか、と思います(ただし、ビデオチャットはちゃんと使えそうです)。しかし、単純にRAM3GB、ストレージ32GBを搭載するニューモデルが139.99ドルというのは安いと思います。

OS搭載スマートウォッチは私も一台継続使用していますが、完成度はまだ低いものの、ガジェットとしての面白さというのは確実に感じられると思います。最悪腕時計として、あるいはヘルストラッカーとしては使えるわけで、それに加えて、たまに動画を見たり、ちょっとしたゲームで暇つぶしをするくらいなら十分楽しいです。まあ、フルのAndroidデバイスとしては過度の期待は禁物ですよ、とは言えますけど。

この製品、先行して紹介したLEMFO LEM TやLEMFO LEM10と比較すると、従来製品からの延長線上にあると言えます。このジャンル、これからもっと盛り上がって欲しいですね!

4.関連リンク

Kospet Vision:Banggood

スポンサーリンク