IRIE FFF-TAB10A2 - 10.1インチ、エントリークラスのAndroidタブレット。FMラジオも聴けます

IRIE FFF-TAB10A2
FFF SMART LIFE CONNECTED株式会社がAndroidタブレット「IRIE FFF-TAB10A2」を発売しました。エントリースペックの製品ですが、日本メーカーが手掛けるものとしては価格が低く抑えられていますし、メーカー直販サイトのほか、Amazonや楽天、PayPayモールなどでも購入ができます。

スポンサーリンク

1.IRIE FFF-TAB10A2 スペック

スペック

  FFF-TAB10A2
OS Android 11
SoC MediaTek MT8168V
RAM 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 10.1インチIPS(1,280 × 800)
LTEバンド
SIM
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C 、microHDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ イン2MP/アウト5MP
バッテリー 3.7V/6,000mAh
サイズ 243 x 162 x 9.4 mm
重量 513 g

コメント

OSはAndroid 11で、CPUのMT8168VはAntutu Ver.9のスコアがおよそ10万点くらいと思われますので、基本的な操作ではサクサク動くと思いますが、ゲーム向きとは言えません。RAMは3GB、ストレージは32GBと控えめです。ゲームプレイを前提としないのであればRAMは3GBでも大丈夫だと思いますが、ストレージはちょっと不足気味ですね。ただし、microSDカードが使えます。また、ディスプレイは10.1インチのIPS液晶で、解像度は1,280 × 800とやや控えめです。

スポンサーリンク

ウインタブでは日頃中国タブレットをよくご紹介していて、エントリークラスの中国タブでもRAM4GB/ストレージ64GB/1,920 × 1,200ディスプレイといった仕様になっているものが多いので、それらとの比較では全般にやや低めのスペックと感じられます。

しかし、中国製品にはない魅力もあります。例えばFMラジオが使える、という点です。中国タブレットでもラジオアプリは入っていますが、「周波数が合わない」ので、事実上使い物にならないんですよね。そしてもちろん、日本メーカーによる日本仕様の製品ですから、初期不良時や故障時のサポートも手厚いものと思われます。

あと、入出力ポートがちょっと面白くて、microHDMIポートを装備しています。これは結構珍しいんじゃないかと思いますね。また、USBポートはType-Cですし、イヤホンジャックも装備されています。

2.IRIE FFF-TAB10A2 筐体

IRIE FFF-TAB10A2

クリックで拡大します

展開図です。Androidタブレットとしてはオーソドックスなデザインで、サイズについても標準的、と言える感じです。上に書かせていただいたようにmicroHDMIポートがある、というのが目を引きます。また、スピーカーは(横持ち時の)下側面にあり「ステレオ」と明記されていました。

IRIE FFF-TAB10A2
筐体素材は不明ですが、おそらく樹脂製と思われます。背面にはこのように模様が入っています。

3.IRIE FFF-TAB10A2 価格など

IRIE FFF-TAB10A2はFFF SMART LIFE CONNECTEDの直販サイトのほか、Amazon、楽天、PayPayモールで販売中で、11月7日現在、価格は税込み17,800円(期間限定価格)です。日本メーカーならではの手厚いサポートや故障時の修理対応など、安心できる点も多いと思います。あと、個人的には「ラジオが聴ける」というのはなにげに大きな魅力ですね。

4.関連リンク

FFF-TAB10A2:メーカーサイト 製品紹介
FFF-TAB10A2:メーカー直販サイト 製品ページ
FFF IRIE タブレットPC:Amazon
IRIE FFF-TAB10A2:楽天
IRIE FFF-TAB10A2:PayPayモール

スポンサーリンク