HUAWEI MediaPad M5 lite - 筆圧対応のペン入力に対応、Harman Kardonの4スピーカーを搭載する10.1インチAndroidタブレット

公開日: : Android , ,

HUAWEI MediaPad M5 lite
HUAWEIが10.1インチAndroidタブレット「MediaPad M5 lite」を発売します。HUAWEIは国内向けに積極的にAndroidタブレットを販売していて、10インチクラスだとハイスペックな「M5 Pro(10.8インチ)」、ミドルスペックだと「T5(10.1インチ)」というのがありますが、今回紹介するM5 Liteはその名の通りM5 Proのカジュアル版、という感じの位置づけとなります。

スポンサーリンク

1.スペック

HUAWEI MediaPad M5 lite
OSはAndroid 8.0ベースの独自UI「EMUI 8.0」、CPUはHUAWEI Kirin 659(MediaPad T5と同じです)で、Antutuベンチマーク(Ver.7)だと8万点台くらいです。スマホだと「HUAWEI P20 Lite」にも使われています。Kirin 960を搭載するM5 Proよりはスペックダウンということになりますが、ミドル(ウインタブではミッドハイ)クラスの性能を確保しています。

RAMとストレージ、そしてLTE対応ですが、この製品には3つのバリエーションモデルがあります。

LTEモデル: 3GB/32GB/LTE対応
Wi-Fi 32GBモデル: 3GB/32GB/LTE非対応
Wi-Fi 64GBモデル: 4GB/64GB/LTE非対応

個人的にはRAM3GB/ストレージ32GBでも特に不満を感じませんが、よりゆとりのある4GB/64GBはWi-Fiモデルのみの設定となっていますので、この点について不満を感じる人もいるかも知れませんね。

また、この製品のディスプレイは10.1インチでWUXGA(1,920 × 1,200)解像度です。T5と同じ解像度で、M5 Proの2,560 × 1,600には及びません(中華の高性能Androidタブレットの多くもこの解像度です)が、WUXGAであれば画面に粗さを感じたりはしないと思います。

HUAWEI MediaPad M5 lite
そして、この製品は2,048段階の筆圧に対応するペン入力ができます。専用スタイラスペンは「M-Pen Lite」といい、Wi-Fi 64GBモデルのみに同梱されます(他の2モデルは別売)。M5 Proは4,096段階の筆圧、そして傾き検知にも対応するM-Penが同梱されていますが、それよりは筆圧の段階数が落ち、傾き検知についての言及もありません。

入出力ポートはUSB Type-Cとオーディオジャック、そしてmicroSDスロット(LTEモデルはnanoSIMスロットも)が装備され、この点は割と標準的かと思います。

サイズのほう、M5 Pro、T5と比較してみましょう。

M5 Lite:243.4 × 162.2 × 7.7 mm / 480 g
M5 Pro:258.7 × 171.8 × 7.3 mm / 500 g
T5:243 × 164 × 7.8 mm / 465 g

M5 Proのみ10.8インチなのでタテ・ヨコサイズが大きくなっていますが、そのかわり最も薄型です。M5 Liteは同じ10.1インチのT5とほとんど変わらないくらいのサイズ感です。重量も500 gを切っていますし、厚さも7 mm台なので、HUAWEIらしいスタイリッシュなものになっていると言えます。

スポンサーリンク

HUAWEI MediaPad M5 lite
あと、スピーカーは凝っています、harman kardonのチューニングによるクワッドスピーカー(4スピーカー)システムが搭載されていて、「コンサートホールに居るかのような臨場感を再現」しているとのこと。

2.筐体

HUAWEI MediaPad M5 lite
ハイスペックなモバイルノートのディスプレイのように狭ベゼルというわけではありませんが、10.1インチのタブレットとしてはベゼルは細めですし、引き締まった感じがします。また、この画像の下側にボタンがありますが、これは指紋センサーです。

HUAWEI MediaPad M5 lite
前面ガラスは2.5D曲面、背面はメタルのユニボディです。HUAWEIらしく、質感の高い筐体に仕上がっていると思います。

3.価格など

HUAWEI M5 Liteは11月30日の発売予定で、ビックカメラではすでに予約注文を受け付けています。11月22日現在のビックカメラでの価格は下記の通り。

LTEモデル: 37,880円(税込み40,910円)
Wi-Fi 32GBモデル: 29,880円(税込み32,270円)
Wi-Fi 64GBモデル: 37,880円(税込み40,910円)
※64GBモデルのみM-Penとオリジナルカバーが付属

また、同じくビックカメラでのM5 Proの価格は53,840円(58,147円、Wi-Fiモデルのみ)、T5は26,140円(28,231円、LTEモデル)/ 22,580円(税込み24,386円、Wi-Fiモデル)です。なので、ちょうどいい具合にM5 Pro>M5 Lite>T5という感じの価格順になっていると思います。

搭載されているCPUはM5 LiteとT5は同じですが、T5はストレージが16GBしかないというのがネックですし、筆圧対応のペン入力やクワッドスピーカーなど、T5にはなく、M5 Liteにはある機能というのもありますので、とりあえずM5 Liteにしておいたほうがいいかもしれない、とは思います。逆にペン入力に一切関心がない場合はT5もいい選択肢かと思いますが、ストレージ16GBというのはちょっとなあ…。

4.関連リンク

HUAWEI MediaPad M5 lite:HUAWEI
MediaPad M5 Lite(32GB /SIMフリー):ビックカメラ
icon
MediaPad M5 Lite(32GB /Wi-Fi):ビックカメラ
icon
MediaPad M5 Lite(64GB /Wi-Fi):ビックカメラ
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    LTEモデルの値段、違いませんか?

  2. 匿名 より:

    これいいなーと思ってるのですがVOYO i8もなかなか捨てがたい。じゃあいっそのこと両方買うか、いやそれなら pro買える。と永久循環しております。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑