富士通 arrows NX9 - スタイリッシュなデザインでゲームプレイも快適、さらにタフネスさも備えた5G対応arrows

arrows NX9
こんにちは、かのあゆです。富士通コネクテッドテクノロジーズがドコモ向けに5G対応スマートフォン「arrows NX9」を発表いたしました。5G対応arrowsはすでにarrows 5Gが7月31日に発売済みとなっていますが、今回発表されたarrows NX9はCPUのスペックを抑えたミッドレンジモデルです。

スポンサーリンク

ミッドレンジモデルながらarrowsらしくタフな筐体やAdobeの画像編集ソフト「Photoshop Express」と連携できるカメラアプリなど、同時発表されたほかのスマートフォンに引けを取らないほど魅力的な端末になっています。

1.スペック

   arrows NX9 F-52A
OS  Android 10(Android 11へのアップデート予定あり)
CPU  Qualcomm Snapdragon 765G
RAM  8GB
ストレージ  128GB
ディスプレイ  6.3インチ(2,280 x 1,080)
LTEバンド 対応バンド未公開(2020年11月16日現在)
SIM  nanoSIM
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力  USB Type-C、MicroSDカード、3.5mmイヤホンジャック
カメラ  イン16.3 MP/アウト48.5 MP + 8MP + 5MP
バッテリー  3,600 mAh
サイズ  152 x 72 x 8.5 mm
重量  162 g

搭載OSはAndroid 10です。ドコモのスマートフォンに関してはすでに既存端末も含めたAndroid 11へのアップデート予定リストが公開されており、arrows NX9も時期は未定ですがAndroid 11に更新される予定です。独自機能として指紋認証による画面ロック解除と同時に指紋に登録したアプリを素早く起動する「FAST フィンガーランチャー」や画面をロックしたまま即座にメモを作成できる「FASTメモ」といった独自機能が実装されています。

スポンサーリンク

CPUは5Gに対応するQualcomm Snapdragon 765Gです。このCPUはドコモが発表したほかのミッドレンジクラスのAndroidスマートフォンにも数多く採用されているCPUですが、末尾に「G」とついているとおり「Snapdragon Elite Gaming」に準拠しておりゲーミングに関しても高い性能を持っているのが特徴です。 ゲームプレイ時に便利な機能まとめた「ゲームゾーン」機能が搭載されているほか、arrows NX9では先に発表しているarrows 5G同様、有名プロeSportsチーム「REJECT」がチューニングを行っています。ベイパーチャンバー方式の放熱システムを搭載しており、発熱によるパフォーマンス低下を抑え、快適なゲームプレイを楽しむことが可能です。RAMは8GB、内蔵ストレージは128GBとこちらもハイエンドクラスのスマートフォンと同等クラスのスペックです。

ディスプレイは6.3インチサイズで、解像度はFHD+(2,280 x 1,080)です。パネルには表示品質の高い有機ELを採用しています。HDR10+規格をサポートしており、Netflixなど対応するコンテンツであれば従来のSDR規格と比較して明るさの幅をより広く、自然に表現できます。

arrows NX9 カメラ
カメラはイン16.3MP、アウト48.5MP + 8MP + 5MP という構成になっており、AIによるシーン識別機能に対応するほか、Adobeがスマートフォン向けに対応している画像編集ソフト「Photoshop Express」と連携して撮影した写真を自動補正できるほか、色彩調整やコラージュ、文字入れなどの画像調整も直接行えます。Photoshop Express自体はAndroid端末のみならず、iOS端末やWindows 10搭載PCでも利用可能ですが、カメラアプリから撮影しただけで自動調整を行ってくれるのはarrows 5Gとarrows NX9ならではの特徴です。

バッテリー容量は3,600 mAhです。充電周りの仕様は現時点では公開されていませんが、USB PDによる急速充電には対応するものと思われます。またワンセグ・フルセグチューナーは搭載されていませんが、FMラジオチューナー、おサイフケータイに対応します。防水・防塵性能はIPX5/8、IPX6X準拠となっています。

2デザイン

arrows NX9 前面
前面はパンチホールノッチを採用しています。左右までベゼルを寄せたエッジディスプレイを採用しており、なかなかスタイリッシュなデザインです。印象としては日本では未発売だったSamsungの6.3インチスマホ「Galaxy Note10」に近くなっています。

arrows NX9 背面
背面は光沢加工が施されており、高級感のあるデザインながらMIL-STD-810H準拠のタフネス性能を持ち合わせており、防水機能もあるため、筐体が汚れてきたらハンドソープで水洗いすることも可能です。筐体色は「ゴールド」「ネイビー」「ホワイト」の3色展開です。

3.まとめ

arrows NX9は12月上旬発売予定で、一括販売価格は70,632円(税込)です。「arrows」シリーズとしては2台目となる5G対応モデルですが、先に発表されているarrows 5GがハイエンドCPUを搭載しているのに対し、arrows NX9はミッドハイCPUを搭載した上で5G対応スマートフォンとしては比較的購入しやすい価格帯に抑えたモデルです。 とはいえ搭載されているSnapdragon 765Gはゲームを快適にプレイできるように最適化されており、ベイパーチャンバー方式の放熱システムを搭載するなどゲーミングスマートフォンとしても魅力的な機種です。

6.3インチと比較的コンパクトなサイズ感とスタイリッシュな筐体を採用、さらにタフネスさも持ち合わせていて、とても気になる機種です。

4.関連リンク

arrows NX9:FMWORLD.NET

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ディスプレイ縦2280、Bluetooth 5.1、MIL-STD-810H、価格76,032円ではないですか?