SoundPeats Sonic Proの実機レビュー - 音質とバッテリー持ちを両立させたワイヤレスイヤホン

SoundPeats Sonic Pro 実機レビューこんにちは、かのあゆです。コストパフォーマンスに優れたワイヤレスイヤホンをリリースしているSoundPeatsより最新・上位のモデル「Sonic Pro」の実機レビューです。本製品は最新コーデックとなる「aptX Adaptive」をサポートするほか、イヤホン単体で最大15時間再生できるスタミナ性能が最大の特徴となります。またUSB-Cケーブルでの充電だけでなく、ワイヤレス充電にも対応します。

スポンサーリンク

なお、レビュー機はSoundPeatsよりサンプル提供していただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

1.スペック

  SoundPeats Sonic Pro
Bluetoothバージョン Bluetooth 5.0
搭載チップ Qualcomm QCC3060
オーディオコーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
ドライバー デュアルBAドライバー
再生時間 15時間
本体充電時間 1.5時間
ケース充電時間 2時間
サイズ 61 x 38.9 x 34.7 mm
重量 47 g

SoundPeats Sonic Proではフラッグシップモデルとなる「H1」と同じくQualcommのBluetoothチップセット「QCC3060」を採用しています。このチップセットを搭載することにより、コーデックはSBC、apt-Xのほか、より安定した通信を実現するapt-X Adaptiveもサポートします。

またH1にも搭載されていた「ゲームモード」も健在で、この機能を有効にすることによりゲームプレイ時に遅延を抑えることが可能です。ドライバーはバランスド・アーマチュア型を採用しており、 より繊細で描写力が強い音質を実現しています。

バッテリー稼働時間はイヤホン単体でなんと15時間という超ロングライフ再生を実現しています。ケースを組み合わせることにより最大35時間まで再生可能なほか、qi規格に対応するチャージャーによるワイヤレス充電もサポートしています。

2.筐体

付属品付属品は充電用USB-A to Cケーブル、イヤーパッド、マニュアルなどのペーパー類です。

ケースケースはコンパクトなサイズ感になっており、ポケットやバックに入れて持ち歩いても邪魔になることはありません。樹脂素材が採用されていますが、光沢感のある加工が施されており安っぽさは感じられません。

スポンサーリンク

接続ポート接続ポートはUSB-Cが採用されており、付属しているケーブルのほか、市販のUSB-Cケーブルでも充電可能です。

Galaxyのワイヤレス・パワー・シェアでも充電可能またSonic Proでは前述の通り、qi規格準拠のワイヤレス充電もサポートします。Galaxyスマートフォンに搭載されている「ワイヤレス・パワーシェア」にも対応しており、かのあゆ手持ちのGalaxy Fold SCV44でも正常にワイヤレス充電できることを確認しました。

本体本体です。ボタンは近年のワイヤレスイヤホンで見られるタッチ式ではなく、押込式のものが採用されています。ボリューム操作や音楽再生・停止、曲送り、曲戻しのほか、Googleアシスタント/Siriの呼び出しやゲームモードのオン・オフといった操作にも対応します。

実際に装着してみた様子です。コンパクトなサイズ感ながら耳にぴったりとフィットする印象で、通勤時のウォーキングで使用していても落ちそうになってしまうようなことはありませんでした。

3.使用感

端末との接続について

Galaxy FoldではAACで接続される今回もメイン端末として使用しているGalaxy Fold SCV44とiPhone SE(2世代目)でペアリングして使用してみました。コーデックはGalaxy Fold SCV44では「apt-X」、iPhone SEでは「AAC」が自動選択されます。Galaxy Foldは残念ながら「apt-X Adaptive」には対応していませんが、apt-X接続の状態でも音が途切れるようなことはありませんでした。「ゲームモード」無効の状態でも遅延はかなり抑えられている印象となっており、動画視聴はもちろんのこと、ゲームプレイも快適に楽しむことが出来ました。

バッテリーの持ちに関しては現状使用開始から数日ということもあり、フルで使い切ったことはありませんが減りはかなり緩やかな印象でカタログスペックの「一回の充電で15時間」持つかどうかは今後長期的に使ってみないと検証できませんが、普段使いであれば一週間程度はケースを充電しなくても十分持ってくれる印象です。

音質

音質に関してはかなり「フラット」な印象です。低音、高音ともにバランス良くなっている印象で、個人的に聞いているのは洋楽がメインですが基本的にはどのジャンルの音楽でもクリアな音質で楽しむことが出来ると思います。SoundPeatsのワイヤレスイヤホンはかのあゆが初めて実機レビューを行った「TrueFree+」の頃から音質の高さには満足していたのですが、今回のSonic Proも期待を裏切らない製品となっています。

4.まとめ

SoundPeats Sonic ProはAmazonにて6,880円(税込み、6月23日現在)で販売中です。SoundPeatsのワイヤレスイヤホンは他社が1万円以上で販売している製品に劣ることのない音質でありながら購入しやすい価格帯で販売されているのが魅力の一つとなりますが、本製品ではさらに長時間音楽や動画コンテンツ、ゲームを楽しむことが出来るバッテリー性能が加わっており、コストパフォーマンスに優れた製品に仕上がっています。

ワイヤレス充電機能やゲームモードなど、便利な機能も備わっており、ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方にもお勧めです。

5.関連リンク

SoundPeats Sonic Pro:Amazon

スポンサーリンク