スマホで疑似ホログラムを映して遊ぼう ― 親子の休日工作にいかが?(natsuki)

スマホで疑似ホログラム
こんにちは、natsukiです。今回は、知っている人にとっては古いネタかもしれません。子供と遊んでみて、なかなか楽しめたので、紹介してみたいと思います。世の中、VRが注目されていますが、実現しそうで、案外と手軽には難しいのが「ホログラム」です。それを、スマホで擬似的に体験してみようというもの。方法は簡単、投影機を自作して、スマホで対応動画を流すだけ。では、やってみましょう。

スポンサーリンク

1.投影機の作り方

完成図は、タイトル画像のような状態です。逆ピラミッド型の透明な枠を作り、そこにスマホで再生した画像を投影します。ネットで検索すると出てくる設計図は、以下のようなものです。、

スマホで疑似ホログラム
材料は、CDケースなどと書いてある場合もありますが、100円ショップで売っている「プラ板」で十分です。油性ペンで絵を描いて、レンジでチンして縮ませて、無駄にキーホルダーを大量生産するアレです。「のりしろ」をつけてもいいですが、今回は瞬間接着剤を使って、断面を直接接着しています。その方がきれいですからね。

スマホで疑似ホログラム
1面分だけ型紙を作り、それをずらして、プラバンを切り抜いていきます。

スマホで疑似ホログラム
スマホで疑似ホログラム
スマホで疑似ホログラム
完成するとこんな感じです。

スポンサーリンク

スマホで疑似ホログラム
が、これだと、ちょっと小さいんですよね。もう少し大きく作り直してみましょう。

2.スマホに合わせて拡大版を作成

仕組みを考えると、ピラミッドの斜面の傾斜が、スマホ画面に対して45°をなせばいいわけです。図解すると、次の通り。

スマホで疑似ホログラム
スマホで疑似ホログラム
で、ざっと計算して拡大版を作ります。

スマホで疑似ホログラム

クリックで拡大します

この設計図で作り直すと、図②の完成品はこの通りです。

スマホで疑似ホログラム
スマホで疑似ホログラム
うん、ちょうどいいサイズですね。タブレットなど、もっと大画面のもので投影するなら、さらに大きい図③のサイズにするとよいでしょう。

3.投影してみる

では、投影してみます。動画は、YOUTUBEで「スマホ」「ホログラム」あたりをキーワードに検索すると色々出てきます。

4.まとめ

本当に空間に投影しているのではなく、反射を利用した擬似的なホログラムですが、実際にやってみるとなかなか本格的に見えますね。もちろん、子供は大喜び。

動画も、要は一つの動画を、4つ向きを変えて並べて再生しているだけなので、AviUtlあたりを使えば簡単に作れます。加工よりも、むしろ、背景が暗い素材となる動画を撮る方が大変かな。

夏休みの自由研究というほど大げさなものにはなりませんが、休日には、こういう工作で楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑