Recorda-V9 - 最長で3時間の録画ができる超コンパクトサイズのカメラ

Recorda-V9
クラウドファンディング中の超小型カメラ「Recorda-V9」をご紹介します。この製品、個人的に欲しい、と思いました。最近は「ドライブレコーダー」が普及し、(遭遇したくはないですが)事故の際の検証に役立っているようです。また、「あおり運転」というのも社会問題化していて、テレビでは頻繁にあおり運転のニュースが放送され、その際にドライブレコーダーの映像が使われています。

スポンサーリンク

今回ご紹介するRecorda-V9は「ドライブレコーダーの携帯版」として使えそうな機能があります。また、形状がよく、会議や日常生活など、様々な場面で楽しく使えそうな製品です。

Recorda-V9
スペック表です。4.6センチ四方で重さわずか31 gという超小型サイズながら、動画や静止画、録音が可能で、画質も1080pと高く、モニターまでついています。ストレージは32GBもしくは64GBです。

Recorda-V9
録画時間は最大3時間、録音時間は最大3.5時間ですが、これは「バッテリー駆動時間」のことで、ストレージ容量的には32GBだと約3時間、64GBだと約6時間の録画ができます。

Recorda-V9
さらに、ストレージ容量を使い切った際には「古いファイルから順に上書きして新しい内容を保存」する仕様です。

スポンサーリンク

Recorda-V9
各部名称です。この製品にはクリップがついていますので、トップ画像のように胸ポケットに収めておき、そのまま撮影することができます。この形状が他の小型カメラとは異なるところで、いろいろな意味で使いやすそうです。録画・録音のデータは付属のUSB Type-CケーブルでPCなどに取り込むこともできます。

製品ページには様々な使い方が提案されていて、それらが「王道」なんだろうと思います。ただ、私はちょっと別なことを考えてしまいました。

私最近、少し嫌な思いを経験しました。どこの会社(あるいは役所)で、ということは控えますが、「めちゃくちゃ横柄な人」にぶち当たってしまったんですねw こちらは零細な自営業ですからむやみに反発するようなことは自殺行為になりかねないので、その場は我慢するわけですけど、あとから「くそー、録音しておけばよかった…」などと思ったりしました。

すみません、少し個人的な話をしてしまいました…。こういうネガティブな場面だけでなく、重要な打ち合わせでボイスレコーダーを使う人も少なくないと思います。一字一句議事録を起こすのは大変だし時間の無駄でもあると思いますが、このように比較的長時間の録画・録音ができ、胸ポケットに入るようなサイズのカメラ(あるいはビデオ)は様々な場面で役に立ってくれるんじゃないでしょうか。相手の表情とか、メモ書きの内容まで映像で残せる、というのも大きいと思います。

また、私の理解では、会議でボイスレコーダーを使う場合、出席者は基本的に「録音されている」ということを認識していると思います。このRecorda-V9も「隠しカメラ」とは言えない程度の存在感はありますので、無駄に「場が荒れる」のを抑止してくれるように思います。

Recorda-V9
Recorda-V9はGREENFUNDINGでクラウドファンディング中で、12月25日現在、最も安価なプランは8,146円となっています。なお、この価格はストレージ32GBモデルのもので、64GBモデルはプラス1,000円となります。

関連リンク

録音・録画・写真・再生機能を備えたディスプレイ付き超小型カメラ「Recorda-V9」【1080P高画質/コンパクト/クリップ式】:GREENFUNDING

スポンサーリンク