Mutrics GB-30 - ゲームボーイ・リスペクトなスマートオーディオグラス、人前で使う勇気あります?

Mutrics GB-30
クラウドファンディングサイトでとても面白い製品を見つけました。「Mutrics GB-30」というスマートオーディオグラス(メガネ型のBluetoothスピーカーあるいはイヤホン)で、実は一週間ほど前にGREENFUNDINGに出ていたのを見つけたのですが、「どうしようかなあ、記事にしようかなあ」と躊躇しているうちに時間が経ってしまいました。現在はGREENFUNDINGとkibidangoにてクラウドファンディング中です。

スポンサーリンク

まず製品名の「GB-30」について。これ、「ゲームボーイ30周年」にちなんだもの(任天堂とのコラボ製品ではありません)で、製品のデザインにもそこはかとなくゲームボーイのテイストが織り込まれています。

Mutrics GB-30
これがMutrics GB-30の外観です。なんとなくゲームボーイっぽさがあります。また、メガネとしてもずいぶん大型に見えますし、自分が使っている姿を想像すると、ちょっと笑っちゃいそうです。

Mutrics GB-30

Mutrics GB-30

Mutrics GB-30

Mutrics GB-30
カラーは全5色。どうせ買うならグリーンあたりが人目を引きそうでいいんじゃないでしょうか。

Mutrics GB-30

クリックで拡大します

これが構造です。両サイドのこめかみのあたりにスピーカーがあります。なので、「イヤホン」というべきなのか「超小型スピーカー」というべきなのか…。

スポンサーリンク

また、フレーム右側の、ゲームボーイのコントローラーのようなデザインになっているボタンは、残念ながらコントローラーではないんですが、オーディオコントロールや音量調整用のボタンとしてしっかり機能が割り当てられています。

Mutrics GB-30
スペック表も見てみましょう。スマホなどのデバイスとの接続はBluetoothで、バッテリーを内蔵し、連続再生時間は4時間となっています。また、IP55レベルの防滴・防塵性能がありますので、汗とかちょっとした雨くらいなら問題ありません。ただし、「大雨など荒れた天気のご使用はお勧めいたしません」との注意書きがありました。

若干語弊があるかもしれませんが、ウインタブでもよく実機レビューしているBleutoothスピーカーやイヤホンをメガネ型にしたもの、と理解していいと思います。

Mutrics GB-30
「スマートグラス」なので、スペアのレンズが付属します。「ブルーライトカットレンズ」と「UV400カラーグラデーションレンズ」です。この製品はスマホと接続してゲームプレイ時に使用することが想定されていますので、ブルーライトカットレンズが使えるのはありがたいんじゃないでしょうか。

Mutrics GB-30
また、メーカーが推奨しているのは、上記のようなニーズのある人です。

Mutrics GB-30
実際に使うとこんな感じになります。まあ、屋内とか事務所内向けで、営業マン向けじゃないですねw あるいはあえてこれを使って顧客の関心を引くという作戦もありかとは思います。出入り禁止にならないといいですね。

Mutrics GB-30はGREENFUNDINGおよびKibidangoでクラウドファンディング中で、5月12日現在だと出品日付が新しい(と思います)kibidangoのほうに安価なプランが残っていて、14,228円(税込み、35%OFF)で購入(支援)できます。GREENFUNDINGのほうは25%OFFの16,418円が最安です。

私は日常的にメガネをかけていますので、この製品を使うとしたら「度入りレンズ」を仕立てる必要があるので、その費用も考えると大変残念ですが購入は難しいですw 読者の皆さんで「我と思わん方」にはぜひご購入いただき、ウインタブに実機レビューを寄稿していただけるとうれしいです。

関連リンク

ゲームにも在宅ワークにも最適なスマートオーディオグラス【GB-30】:kibidango
テレワークやゲームに感動体験を。オーディオPCメガネ『GB-30』:GREENFUNDING

スポンサーリンク