Moovy Bag - 大容量バッテリー内蔵の高級バッグ、2018年はこれが流行るのか?

Moovy Bag
バッテリー内蔵のバックパック、ということだと先日「LIFEPACK」という製品を紹介したのですが、今回紹介する「Moovy Bag」もまた、バッテリー内蔵のバックパック(あるいはショルダーバッグ)です。ただ、両者は特性がかなり異なっていて、Moovy Bagのほうはお値段のほうもなかなかのものになっています。

スポンサーリンク

なお、この製品はクラウドファンディング「Makuake」に出品されており、通常の購入ではなく「出資(あるいは支援)」という形式になりますので、固有のリスクもあるかと思います。購入(出資)を検討する場合、あらかじめMakuakeの利用規約をよくご確認されることをおすすめします。

Moovy Bag
これがMoovy Bagで、撥水加工を施したキャンバス素材をベースに「最高級イタリアンレザー(製品ページの表現です)」が部分的に使われている、ちょっと高級感のある外観になっています。

Moovy Bag
トップ画像だとバックパック(リュックサック)形態ですが、付属のベルトでショルダーバッグやキャリーバッグとしても使えます。レザー素材が使われているということもあり、ビジネス用としてもOK、って感じですね。

Moovy Bag
「オーガナイザーボード」「タブレット用ボード」がついているので、スマホ、タブレット、ノートPC、そして周辺機器を効率よく収納できるほか、たくさんのポケットやキーストラップなどもついていて、ガジェットをたくさん持ち歩く人にはとてもありがたい構造になっています。

Moovy Bag
で、バッテリーです。22,000mAhという大容量でクイックチャージ(QC 3.0)にも対応します。ウインタブ読者であればくどくど説明は不要でしょう。これだけの容量なら複数のデバイスの充電が可能ですし、ちょっとした出張もへっちゃらでしょう。

Moovy Bag
もちろんLightning、Micro USB、USB-Cという3種類のコネクタもついていますので、iPhoneだろうとAndroidだろうと、WindowsタブレットだろうとPC(これは一部だけですなあ)だろうと充電可能です。

スポンサーリンク

Moovy Bag
いったん話を切ります。ここまでが「標準(Power Setといいます)」セットで、3月14日現在のクラウドファンディング価格が税込み31,360円(定価だと44,800円)です。

Moovy Bag
次にこれ。フラップの裏側にソーラーパネルが装着できます。ただ、配置上歩きながらソーラー充電するというのは、場合によっては少し厳しそうですね。また、22,000 mAhをフル充電するのは容易なことではないでしょう。ただ、iPhoneなら1時間で50%まで充電可能とのこと。

Moovy Bag
ソーラーパネルがついたものは「ソーラーセット」で、3月14日現在の価格は税込み41,860円(定価59,800円)とのこと。

Moovy Bag
さらに、Moovy Goというアクセサリーも用意されます。これはUSBハブ兼SDカードリーダー兼Qi(ワイヤレス)充電器(充電子機というべきか)です。Qiに対応するスマホ(iPhone 8やiPhone Xなど)であればワイヤレス充電が可能になるとのこと。あと、すみません、Moovy Goについては詳細な機能がいまいちよくわかりません。

Moovy Bag
ソーラーパネルとMoovy Goまでついてるのが「フルセット」で、3月14日現在の価格は税込み59,330円(定価69,800円)です。このセットが最も人気があるらしく、割引率の高いコースは早々と売り切れています。

いかがでしょう?価格がやや高めなこともあり、製品の素材もよく、ビジネスシーンでも使えるような配慮がなされているというのが魅力だと思います。ただ、機能が盛りだくさんすぎて、私なんかは見ていて少しばかり消化不良を起こしそうです。しかし、これだけの機能を使いこなせれば出張などでも相当心強いのではないでしょうか?

最後に紹介動画がありましたので、リンクしておきます。

関連リンク

Moovy Bag:Makuake

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    好きなバッグに好きなバッテリーを入れれば良いのでは

    • なお より:

      例えば、鉛筆のお尻に消しゴムがついている品をみて
      消しゴムを1つ持っていけばいいのでは?
      というのは実は正解ですw
      (実際、あんな消しゴム使いづらいから)

      用途にあわせてフレキシブルに対応していくより
      きっちり固定化されたモノって意外と使いづらいんですよね

      ただ、人によっては、入れるのを忘れたりするんですよ
      特にコマゴマとしたものは、(各種ケーブル類とか)
      そういうとき、つまりめんどうくさがりさんには
      ぴったりだと思うんですよね

      • wintab より:

        なおさん、こんにちは、コメントありがとうございます。消しゴムつき鉛筆のたとえは面白かったです。たぶんこういう製品はニーズを突き詰めて合理的に判断するって感じでは選ばないのかも知れないですね。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。それを言っちゃあ…。でも、よさげなバッグを探しているとか、バッグに関して結局的なニーズがないと購入意欲が起きないでしょうね。

  2. かぜ より:

    こういうの災害時の持出し用みたいな方向性で作ったら日本では売れるんじゃないかな

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは、コメントありがとうございます。確かに!とりあえずスマホは3日位バッテリーをもたせたいですもんね。

  3. 前の記事にあったようなソーラーパネル付きのものならともかく、これは正直魅力に欠けますね・・・

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。バッグのお値段も関係してきますよね。バッグってブランド物の数十万するのを使っている人もいるし、私みたいにせいぜい数千円のものしか使わない人もいます。私にしてみれば付加機能込みでもこの価格はちょっと高いと思うし、はっきり言ってレザー素材とかは不要ですし…。

  4. 匿名 より:

    自転車につける防水タイプのバッテリー内蔵のソーラパネル付きバック欲しい。

    • 匿名 より:

      私、長年ツーリング用のランドナーに乗ってるんでお気持ち良くわかります。輪行中に前後のパニアバッグに日の光が無駄に当たりまくりなのでそれがソーラーパネルで電力になれば便利ですよね。それで少しでもバッテリーが充電出来れば輪行先で便利になるのに。

      • wintab より:

        こんにちは、コメントありがとうございます。おお、プロ的なコメント。バッテリー云々より、こういう趣味をお持ちであることが羨ましいです。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。自転車用ってのはアリですよね!私自転車に乗る機会がほとんどないので気づきませんでした。