LOKMAT LK08 - Android OS搭載のスマートウォッチに新顔!RAM3GBにストレージは32GB!

LOKMAT LK08
2018年の後半からウインタブでも力を入れて紹介し続けているAndroid OS搭載のスマートウォッチ。ライターのかのあゆさんがZeblaze THOR 4 Proの実機レビューもしました。2019年も継続してこのジャンルをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回紹介する「LOKMAT LK08」もまた、Android OSを搭載するスマートウォッチで、スペック面が少し強化された製品です。

1.スペック

LOKMAT LK08
OSはAndroid 7.1、CPUはMT6739と、最新のOS搭載スマートウォッチ標準と言える構成ですが、RAM3GB、ストレージ32GBと大容量です。これだけ見れば100ドル台前半で購入できるエントリークラスのスマートフォンとしても悪くないですね。実際この製品はSIMカードを挿入すればスマホと同等のこと(通話やSNS、アプリのインストールなど)ができます。

ただし、ディスプレイが1.39インチと小さく(腕時計なんで…)、スマホと同じ操作を快適にこなせるわけではありません。この製品のセールスポイントの1つである「スマートウォッチとしては大容量のRAMとストレージ」にしても、操作性の観点から「特にRAMは3GBも必要ないのでは?」と思われます。

そのディスプレイですが、有機ELを採用していて解像度は400 × 400と、このジャンルの製品としては標準的なものになっています。また、この製品にはSIMスロットがあり、NanoSIMを挿入できます。

ここまで見てきて、この製品は「KOSPET Hope」に非常によく似たスペックになっていると思いました。Android OSを搭載するスマートウォッチはZeblazeやLEMFO、KOSPET、そしてこのLOKMATと、何社かありますが、メカ的には「おおもと」が存在するのだろうと思います。あとは製品それぞれのデザインとか独自機能ですよね。特に「腕時計」なので、見た目も非常に重要な要素になると思います。

2.筐体

LOKMAT LK08
スマートウォッチなので、文字盤(ディスプレイ)のデザインはたくさんあり、このデザインで使わなくてはならないということはありません。ここで見ておきたいのはベゼルのデザインとかサイズ、標準添付のバンドのデザインでしょうね。この製品のバンドは金属製になっています。

スポンサーリンク

Kospet Hope
参考までにKOSPET Hopeの画像を掲載します。よく似ていますが、バンドの種類が異なっているという点と、ベゼル面のデザインが異なっていることがわかります。

LOKMAT LK08
しかし、おおよそのレイアウトは「みんな一緒」ですね。カメラはリューズの位置にあり、画素数も5MPですから、メモ用途としては十分使えると思います。ただし、インスタにアップするような品質とは言えませんし、スマホのカメラと違ってそんなに使い勝手はよくありません。

LOKMAT LK08
裏面にはセンサーとSIMスロットがあります。またPOGOピンもここにありますが、OS搭載スマートウォッチの場合、POGOピンは充電専用であることが多く、データ伝送用には使えないと思われます。

あとは「IP67レベルの防水・防塵性能」ですね。かのあゆさんがZeblaze THOR 4 Proのレビューをした際、「防水が生活防水レベルなのが少し残念」と感想を書いていました。私は「そんなに高い防水性能は必要かな?」と思うのですが、IP67であれば安心であることは間違いないでしょう。

3.価格など

LOKMAT LK08は中国の通販サイト「Banggood」に製品ページがあり、3月1日時点だとプレオーダー中、価格は189.99ドル(21,368円)です。ほぼ同性能のKOSPET Hopeが149.99ドル(16,870円、フラッシュセール価格)なので、デザイン面を別にすればこの製品の価格は少し高いと思います。

あとは、プレオーダーが終了して、セール価格が適用された場合にKOSPET Hopeと価格を比較しながら購入する、というパターンがいいかと思います。

4.関連リンク

LOKMAT LK08:Banggood

スポンサーリンク