InstantKon SF70 - 本格マニュアル撮影も可能なインスタントカメラ。名機SX-70にインスパイアされたレトロなデザインが超かっこいい!

InstantKon SF70
私は小学生の頃、親にねだって安価なポラロイドカメラを買ってもらい、宝物にしていました。ただあれ、フィルムがすごく高くて、当時の私には「写真を撮るという行為がすでに貴重」でした。インスタントカメラのジャンルは今でも健在で「チェキ」なんかは有名ですよね。

スポンサーリンク

小学生時代の私が憧れていたカメラが「SX-70」です。今から48年前に発売された、ポラロイドカメラの中でも高級なモデルです。折りたたみ式の美しいデザインを備え、価格もかなり高かったと記憶しています。SX-70は今でもマニアから人気があり、整備済みの完動品は数が少なく、高価で取引されているようです。

SX70についてはこちらをご参照ください。なんか愛情が感じられる記事です
ポラロイドSX-70の入手法とフィルムのことなどまとめ:マコトブログ

前置きが長くなりましたが、GRENFUNDINGでSX-70をオマージュした高級インスタントカメラがクラウドファンディング中です。「InstantKon SF70」という製品で、SX-70を10年間にわたって合計10,000台以上をリペアやカスタマイズした経験を持つインスタントカメラメーカー「MiNT」が、「SX-70の優れた部分をピックアップし、オリジナルのアイデアと合わせて取り入れながら開発」しました。

InstantKon SF70
これがSF70。SX-70をオマージュした、とありますが、形状はSX-70には全然似ていません。ただ、レンズ部分が蛇腹になっていて、レトロな雰囲気があり、非常にカッコいいですよね!

InstantKon SF70
シャッタースピードは14種と本格的です。また、この画像に写っているレバーは…

スポンサーリンク


このように、フィルム排出用です。私が知るポラロイドカメラ(たぶん今のチェキも)はシャッターを押すとフィルムが自動的に排出される仕組みですが、SF70はこのあたりのギミックにもこだわりがあります。

InstantKon SF70
絞り調整は6段階。オプションでNDフィルター(減光フィルター)もセットできます。

InstantKon SF70
レトロな外観ながら、フラッシュもしっかり内蔵しています。

私、子供の頃ポラロイドカメラを使っていた、というのはあるんですが、現在はカメラには全然詳しくないので、詳細はこちらのスペック表をご確認ください。

InstantKon SF70

InstantKon SF70はGREENFUNDINGでクラウドファンディング中で、6月27日現在の最低価格(最低支援額)は99,800円です。それと、インスタントカメラでは非常に気になる「フィルム価格」ですが、「Instax Square Film」という、チェキ用のスクエアタイプのものが対応し、Amazonなどで価格を確認したところ、「10枚で900円強」くらいで販売されていました(枚数が増えるとボリュームディスカウントも効くようです)。

InstantKon SF70
チェキと同じフィルムを使い、チェキが1万円くらいから購入できるところ、この製品は10万円です。もちろん価格差にふさわしい性能差もあると思いますし、レトロなデザインやこだわりのギミックなども魅力です。お金に余裕があれば欲しい、と感じる人が多いんじゃないでしょうか。

関連リンク

本格的なマニュアル操作が楽しめるインスタントカメラ。懐かしさと新しさが共存!:GREENFUNDING

スポンサーリンク