GameSir VX Aimswitch レビュー - ゲーム機OK!な無線接続デバイスセットを試す!(実機レビュー:takumi)

GameSir VX
こんにちはtakumiです。今回は香港のゲームデバイスメーカー「GameSir」社が放つコンソール向けデバイスセット「GameSir VX Aimswitch」をレビューしていきたいと思います。この製品の特徴は左手用キーボードと右手用マウスがセットになっており、これらを無線接続でPCだけでなく、PS4やニンテンドースイッチなどゲーム機にも接続できるという点です。さらに、1万円前後で購入できるという低価格も人気の一つとなっています。なお、今回は実機を中国の通販サイト「Geekbuying」に提供していただいました。Geekbuyingにはこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

スポンサーリンク

1.概要

GameSir VX
製品セットには、メインデバイス(左手用キーボード)、サブデバイス(右手用マウス)、接続用レシーバーがセットになっています。キーボードには無線モジュールが組み込まれており、レシーバーをゲーム機本体またはPCに接続することで、無線接続をすることが出来ます。キーボードにはマウス接続用のUSBポートが配置されており、ここにマウスを接続することでマウス操作も行うことが出来ます(他社製品でも問題ないようです)。

GameSir VX
スイッチはTTC社製の青軸で、公称5000万回の入力に耐えることが出来ます。キー数は37で、「T,G,B」とF5,5キーまで配列されています。またFnキーを用いて、対応キーの入力をすることも出来ます(PCのみ。キーの自由設定はなし)。バッテリー駆動時間は公称7時間です。付属マウスはDPIが500/1000/1500/2000の四段階から設定でき、ポーリングレートも125/250/500/1000Hzから設定できます。

GameSir VX
キーバインドや感度調整などスマートデバイス上で専用アプリをダウンロードしてアプリ上で個別に設定することが出来ます。また、CoDやBFシリーズなど大型タイトルの場合は、メーカー側のプリセットがあらかじめ用意されています(今回は実際には試していません)。

2.外観と内容

GameSir VX
ここからは外観と内容を詳しく見ていきます。まずは外箱から、内容物がフィーチャーされたデザインになっています。右上に対応コンソールが表記されていますね。

GameSir VX
箱を開けたところです。左のビニールに包まれているのがキーパッド本体、マウスの上には接続モジュールが入っています。

GameSir VX
キーボード本体です。配列キー右側にはインジゲーターランプ(上から順にレシーバー接続、ゲーム機入力、充電です)が、左側はマウス感度変更スイッチが配置されています。(G1,G2はフリールック視点、G3,G4はエイミング視点の調整)また、LEDは装備されていません。

スポンサーリンク

GameSir VX
キーパッドにはパームレストが標準で付属しており、左右からスライドするだけで簡単に取り付けられる形になっています。

GameSir VX
側面からみると、キーが平面ではなく、奥側のキーが微妙に浮いている設計になっているのがお分かり頂けると思います。付属のパームレストを使用する前提の設計になっているかと思われます。

GameSir VX
接続部です。マウス接続用のUSB TypeAと、PC接続や充電するためのmicroUSB接続端子があります。右には電源スイッチがあります。

GameSir VX
マウスです。形状自体は左右対称ですが、右側にサイドボタンが配置されているため、右手用のマウスとなります。中央にはDPI変更ボタンがありますが、これはPC接続時のみ機能します。ちなみにこのマウスの完成度ですが・・・ポインターが飛んでしまうため、お世辞にもいいとは言えません・・・しかし、キーパッドには他社のマウスも接続できるため、使い慣れているマウスを接続するのが良いでしょう。

GameSir VX
レシーバーです。接続時には中央のインジケーターランプが緑色に光るようになっています。付属のケーブルはPCとの接続や充電のほか、PS4とXboxOneでの利用時に、レシーバーと純正コントローラーを接続するのに使用します。

実際に今回はニンテンドースイッチに接続し、「スプラトゥーン2」と「フォートナイト」を試してみたところ、バッチリ動作しましたし、キーボードとマウスでの入力も快適に行うことができました(スイッチ接続時は、ファームウェア更新の必要あり?)。ただし、キーパッド自体がコントローラーという形で認識されるため、これ一台ですべて大丈夫、とは言いづらい形です。設定などは通常のコントローラーで行い、ゲームプレイは本製品で行う、という形がベストかもしれません(もっとも、コントローラー切り替え動作は手間ですが・・・)。また通常状態ではジャイロ機能が何故か効いてしまい、操作がおぼつかなくなることがあるので、ジャイロをオフにしておく必要があるでしょう。キーバインドは好みの問題があるため、専用アプリでバインドを変えたほうがいいかもしれません(実際デフォルトのバインドは、かなりやり辛かったです・・・)。

3.まとめ

GameSir VX Aimswitchは、Geekbuyingにて送料込み89.99ドル(10,341円、セール価格です)で販売中です。この製品はどちらかといえばPCよりもゲーム機向けで、FPSをPC同様の操作感で楽しみたい!という方に最適の製品です。まず簡単操作でゲーム機とすぐに同期、動作させることが出来、マウス感度はキーパッドのボタンで簡単に調整できますし、より熟練されたゲーマーのために専用アプリで細かい設定もすることが出来ます。キーボードそのものの打鍵感も良く、非常に完成度の高い一品となっています。

但し、マウスの性能がイマイチなので、ここの部分は他のゲーミングマウスを用意することをお勧めします。また、別途で通常のコントローラも用意したほうが、より快適に使えるかと思います。

無線で接続できる完成度の高いゲーム機向けデバイスです。ゲーム機でFPSをプレイしているプレイヤーに絶対おすすめしたい一台です。

※本製品をオンラインタイトルで使用すると、規約違反によりアカウントが停止される恐れがあります。オフラインモードのみでの使用を強く推奨します。

4.関連リンク

GameSir VX E-sports AimSwitch Wireless Gaming 2.4G Keyboard Mouse Combo:geekbuying

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑