EC Technology Type-C 多機能ハブ - USB Type-C装備デバイスの強い味方か(実機レビュー)

EC Technology USB Type-Cハブ
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。たびたび製品の実機レビューをさせてもらっているEC TechnologyよりUSB Type-Cのハブをご提供いただきましたので、実機レビューです。私はつい最近までUSB Type-Cのついた製品を持っていませんでした。正確に言うと、国内外のタブレットやノートPCなどを試用する中で、いくつものUSB Type-C装備の製品を使ったことはあるのですが、それらの製品はレビュー用にお借りしたものであったり、読者レビューに再提供してしまっているので、個人の所有物としては先日購入したThinkPad 13が最初です。

スポンサーリンク

USB Type-Cポートがついている製品を購入したのはいいんですが、肝心の「接続する周辺機器」でUSB Type-Cのものは一つも持っておらず、「宝の持ち腐れ」状態であったところ、ちょうどいいタイミングでハブをレビューできるのでとても喜んでいます。

EC Technology USB Type-Cハブ 同梱物
まずは同梱物から。本体のほか、日本語の記載もあるちゃんとした取扱説明書がついていました。この取説に基づいて製品概要を説明すると

対応システム: XP以降のWindows、Mac OS、Linux
入力ポート: USB Type-C
出力ポート: HDMI、USB Type-C、フルサイズUSB 3.0
サイズ: 64 × 62 × 13.6 mm / 60 g

となっています。データ伝送速度は最大5Gbps、映像出力では4K(3,840 × 2,160)が可能です。また、充電/給電は最大5V/3Aとなります。

EC Technology USB Type-Cハブ ポート
ハブについている出力用ポートはこの画像のように一面にまとめられています。USB Type-C、HDMI、USB 3.0ですが、microUSBポートはついていません。ハブの利用目的は人それぞれだと思いますが、この製品は「ひとつのUSBポートを3つとか4つに分岐させる」という目的ではなく、「USB Type-C規格ではないUSB機器との接続に、また映像出力に使う」という目的の製品だといえます。

スポンサーリンク

USB Type-C規格のメリットとしては、映像出力用に使えることのほか、「双方向に電源供給が可能(USB-PD規格)」ということがあげられます。USBポートの少ないタブレット製品でも、最近はUSB Type-Cを装備したものが増えてきていますが、タブレット製品の場合、「充電しながら使えるハブ」というのが非常にありがたい存在となります。この製品もUSB-PD規格なので、USB Type-Cポートを備えるタブレットに接続すれば、充電しながら他のUSB機器やディスプレイ接続が可能になります。

ただ、申し訳ないのですが、手持ちのThinkPad 13はそもそもUSB Type-Cからの充電ができない仕様であり、「実際に充電しながら他のUSB機器を接続する」というテストはできていません。Amazonのレビューなどを見ると問題なく可能のようです。

EC Technology USB Type-Cハブ アルミ素材
製品素材はアルミ合金製で、イメージとしてはMacなんでしょうね。トップ画像はThinkPad 13に接続したところですが、やっぱMac系のノートPCとかタブレットのほうがデザイン的にマッチすると思います。

製品の実測重量は68g、ケーブル長は約16 cmでした。重量についてはケーブル部分込みなので、カタログスペックと大きな乖離はないと思います。またケーブル長は個人的にはやや短めかなと思います。特にHDMIなど、多機能なハブなので、もう少し長めのほうがいろいろな用途に使えて便利でしょう。

EC Technology USB Type-Cハブ LEDインジケーター
なお、画像のケーブルの根元のやや左側にLEDのステータスインジケーターがあります。正常に機器接続中であればこれが青く点灯します。

私が使っているThinkPad 13の場合はUSBポートが3つ、HDMIポートも1つ、そしてUSB Type-Cポートがついているため、このハブがないと困る、という事態は考えにくいです。しかし、タブレットや薄型のモバイルノートなどはUSB Type-Cを装備するかわりにHDMIポートを省いたりする、という製品も出てきていますし、もともと多機能なのがUSB Type-Cの特徴ですから、Type-C対応の製品を持っている人は既存のハブとはちょっと違った意味合いでひとつ手元においてはいかが、と思います。

EC Technologyは日本で直販サイトを運営しておらず、Amazonのみの販売となりますが、価格は3,999円です。さすがに一般的なハブよりは少しお高いですが、機能を思えばこんなものか、と。

関連リンク

EC Technology USBハブ Type-C HDMIアダプタ:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    USB Type-Cがついてると比較的安価にミニドッキングステーション(ぽいもの)がつけられそうですね。

    HDMIと、あと有線LANとUSBハブ×3~4があればかなり便利でしょうね。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。はい、私も記事を書いていて同様の感想を持ちました。もう少し機能が多ければドッキングステーションということになるんでしょうね。言われてみれば価格も微妙に高いですし。

  2. 匿名 より:

    Amazonで似たようなのもっと安く売ってるけどこれとどう違うんだろう?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。うーん、難しい疑問ですわ、それ。16GBで1000円のUSBメモリーと16GBで2,980円のUSBメモリー、どっちを買いますか、的な話なのかな、と。