D-GLOW 2.0 -「スッと滑り、ピタッと止まる」ガラス製のマウスパッドがクラウドファンディング中

D-GLOW 2.0
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。現在、諸事情で北海道の両親宅に滞在しています。私の仕事は「パソコン一台あればできる」ものが多いので、帰省中でも記事の執筆は可能です。今回は滞在日数が少し長くなる予定なので、MSIの15.6インチゲーミングノートを持ち込んでいます。もちろんマウスもです。そしてマウスパッドも…。

スポンサーリンク

マウスパッドは「ないと困る」ほどではないですが、「あれば快適」であることは間違いありません。特に不慣れな環境で作業する場合、少しでも慣れているもの、自分にとって快適なものを使うことによって作業ストレスも軽減されます。

今回はその「マウスパッド」のご紹介です。しかもかなり高級…。GREEN FUNDINGで「D-GLOW 2.0」という高品質なマウスパッドがクラウドファンディング中です。

D-GLOW 2.0
これがスペック表。これだけ見てもいまいちピンときませんが、ガラス製であること、厚さが3ミリであること、そして重量がなんと1.25 kgもあることが目を引きます。

D-GLOW 2.0
実際のサイズ感です。マウスパッドとしてはやや大型タイプですね。

スポンサーリンク

D-GLOW 2.0
この「滑りやすい」と「止めやすい」というのが大きなポイントでしょう。でも「滑りやすい」ということなら、普通のガラスでいいじゃん、と感じます。ガラスの上でマウス操作ができる製品も増えていますけど、実際にガラスの上でマウスを使うとめちゃめちゃ使いにくいですよね…。

D-GLOW 2.0
この製品の場合、当然ですがマウスパッドとして使う前提の加工が施されているので、絶妙な滑り心地を実現しているとのこと。

D-GLOW 2.0
また、ガラス素材なので、汚れてしまっても簡単に拭き取れますし、布製やプラスチック製のものよりも劣化しにくいというメリットもあります。

D-GLOW 2.0はGREEN FUNDINGでクラウドファンディング中で、4月29日11:00現在の最低価格(支援額)は10,080円です。

「マウスパッドに1万円かよ!」というのと「実際に試してみないと使い心地はわからない」というのはありますね。ただ、使い心地が「アタリ」だったら1万円を出す価値は十分にあるかな、と思います。いつも書いていますが、私は、キーボードとマウスって、ある意味CPUの型番以上にPCの使用感に大きな影響を及ぼすと思っています。なので、このマウスパッドの使い心地が「本当に絶妙」なのであれば買ってみたいです。

関連リンク

スッと滑り、ピタッと止まる。マウスの操作がもっと快適に! フルガラスマウスパッド「 D-GLOW 2.0 」:GREEN FUNDING

スポンサーリンク