AUKEY メカニカルキーボード KM-G6 / KM-G7 -安価で使いやすそうな青軸メカニカルキーボード、2年間の保証もついてますよ!

公開日: : アクセサリ

AUKEY KM-G7
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はAUKEYのキーボードの紹介です。メカニカルキーボードは打鍵感が非常によく、Nキーロールオーバー(複数のキーの同時押しが可能)だったりもするので、ゲーマーを始め多くの人に人気があります。ただ、他の種類のキーボードと比較すると重量が重く、価格もやや高くなってしまうため、特にゲームなんかをやらない場合は「関心がない」「よく知らない」という人も多いと思います。

スポンサーリンク

価格がやや高いと言っても、Amazonなどでは中国製品が2,000円程度から購入できますので、特にブランド(FILCOとかRazerとか)にこだわらなければ、またCherry MXスイッチでなくともいいのであれば、今や購入に覚悟がいる、というほどでもないです。

今回紹介する「AUKEY KM-G6(104キー)」と「KM-G7(87キー、テンキーなし)」は青軸(Cherry MXではなくオリジナル)のメカニカルキーボードで、価格はG6が税込み5,999円、G7が4,999円ながら、期間限定でG6が1,800円オフ(4,199円)になるキャンペーン中なのでお買い得なのと、AUKEY製品は24カ月の長期保証がつくため、初めてメカニカルキーボードを購入する人にも向くのではないか、と思いました。

1.スペック

カラー: ブラック
サイズ:
 G6: 434 x 135 x 37 mm / 1,185 g
 G7: 353 x 135 x 37 mm / 945 g
キーの数量:
 G6: 104(英語配列)
 G7: 87(英語配列)
接続方式: USB有線
スイッチ型: ブルースイッチ(クリック音)
バネ圧: 60 g ± 15 g
キー・ストローク: 4.0 ± 0.2 mm
キーの寿命(約):5000万回
対応OS:Windows 2000以降、Mac OS

KM-G6とKM-G7の相違点はキーの数だけで、その結果サイズ(横幅)と重量も異なりますが、基本的な仕様は同じです。筐体色はブラックのみですが、6色のバックライト(イルミネーション)が装備されます。最初に注意したいのが重量ですね。メカニカルキーボードは内部に「金属板」が入っていることが普通で、そのせいもあって重量がかなり重くなります。テンキー付きのG6は1.2 kg弱、テンキーなしのG7でも1 kg弱もあります。通常のキーボードよりはかなり重いですよ。

PCとの接続方式はUSB有線で、Bluetoothとか無線機能はありません。サイズが大きく、重いので据え置き型で使うことになると思いますので、これはまあいいでしょう。

記事の冒頭に書いたように、この製品は青軸(ブルースイッチ)です。カチカチと非常に気持ちよく打鍵できますが、「正直、うるさい」です。なので、たくさんの人が集まるような場所(職場とか学校)だと少し気を使うことになります。もちろんゲーマー同士が集まるイベントとかなら問題ないと思いますけど。どちらかと言うと「自室」向けですね。

バネ圧(押下圧)が60 g ± 15 gとなっていますが、これはCherry MXスイッチの青軸押下圧(50g ± 15g)よりは少し重いです。この辺は好き嫌いがわかれるかもしれませんが、初めてメカニカルキーボードを購入する場合はよくわかりませんよね?一応このバネ圧は常識はずれに重い、というわけではないです。また、体感的な話になりますが、青軸というのははっきりしたクリック感が得られることもあり、実際よりも軽く押下できるような感覚になります。

なお、AUKEYでは「キーの軸にCherry MXメカニカルキースイッチ『青軸』を研究・改良を施したオリジナル軸を搭載」という説明をしていて、Cherry MXではないことを明記しつつ、「ちゃんと研究してますよ」ということをアピールしています。このあたりは胡散臭さがなくていいですね。

対応OSはWindowsかMacであれば問題なく使えますが、Macの場合Windowsとは配列が異なるので、キーマッピングのカスタマイズが必要になるかもしれません。また、この製品は英語配列になります。そのため、日本語配列しか使ったことがない、という人には慣れが必要となります。

2.筐体

AUKEY KM-G6 / KM-G7

KM-G6


AUKEY KM-G6 / KM-G7

KM-G7

スポンサーリンク

上段がテンキーつきのKM-G6、下段がテンキーなしのKM-G7です。モバイル用ではないので、配列には余裕があります。また、側面画像を見ると、かなり厚みがあることがわかります。場合によってはキーボードの前面にパームレスト(ものによりますが、1,000円くらいで買えます)を置いたほうが楽に使えるかもしれません。

側面画像だけだとわかりにくいですが、しっかり角度調整用の「アジャスター(足)」も装備されています。それと、先日のふんぼさんの記事にあった「ステップスカルプチャー(側面から見るとキーが弧を描くようにカーブしている構造)」になっているようです(すいません、確証ありません)。

AUKEY KM-G6 / KM-G7
ゲーミングキーボードによく見られるカラフルなバックライトが装備されます。また発光パターン(イルミネーション機能)もあらかじめ設定されている9つのモードから選択できます。ただし、キーに割り当てられている色は変更できません。つまり、紫に発光するキーは紫にするか、もしくはオフにすることしかできません。

AUKEY KM-G6 / KM-G7
メカニカルキーボードなので当たり前といえば当たり前なのですが、キートップは簡単に着脱ができます(キーキャッププーラーという器具が付属しますので、それを使います)。また、キーキャップはいろいろなところで発売されていて、このデザインに飽きたら、自分の好きなものに交換することもできます。ただし、その場合バックライト機能がうまく働かなくなるかもしれません。

AUKEY KM-G6 / KM-G7
それと、このキーボードは排水口が設けられており、水をこぼしても大丈夫です。ですが、IP68とかの、100%の防水機能はありませんので、長時間水につけるとかは無理です。

3.価格など

AUKEY KM-G6 / KM-G7はAmazonにて販売中で、価格はテンキー付きのKM-G6が税込み5,999円、テンキーなしのKM-G7が4,999円となっています。この価格はAmazonで販売されている激安なメカニカルキーボード(2,000円くらい)よりは高価で、Cherry MXスイッチを使用するFILCOなどのキーボード(10,000円くらい)よりは安価です。また、先日ふんぼさんが紹介記事を書いてくれた「Bookey Mechanical」といい勝負くらいの価格ですね。

この製品のいいところは、記事の冒頭に書いたとおり、「24カ月保証がつく」ということです。また、製品説明に顧客を惑わすような「Cherry MXなのかそうでないのかわからない」ような記載がなく、スペックがしっかり開示されていることもあり、購入に不安はないと思います。

私は決してメカニカルキーボードに詳しいほうとは言えないのですが、FILCOのメカニカルキーボードを1年前に購入し、毎日使っています。使い始めのうちは「おお!」と感動するくらい打鍵感がよく、ほんとうに満足していたのですが、最近では「これで当たり前」みたいな感じになってしまいました。でも、次に購入する据え置き型キーボードは100%メカニカルになると思います。「これじゃないと始まらない」って感じ。

きっとメカニカルキーボードを使っている人の多くは私と同じ気持ちなんじゃないか、と思います。いやね、いっぺん使うとやめられないんですよ!記事の冒頭に書きましたが、この製品のうち、テンキーつきのKM-G6は期間限定(11月30日まで)でクーポンコード「NE6XTFWN」を使うと1,800円も安くなり、4,199円で購入できます。ある意味底なし沼に引き込もうとしているのかもしれませんが、特にメカニカル未経験の方はご検討下さい。

4.関連リンク

AUKEY メカニカルキーボード KM-G6 / KM-G7:Amazon
※11月30日まで、クーポンコード「NE6XTFWN」でKM-G6が1,800円オフになります

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    めっちゃ気になります。

  2. 匿名 より:

    静電容量式のREAL FORCE,あとHHKB Lite使ってますが結局最後は「音」が一番の問題になるんですよねぇ・・・

    自室などであればよいですが,職場は。うん。
    書いてくださってますが,自室用になら試してみたいかもですね

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑