iiyama SOLUTION-13FH052 - 13.3インチ、外付けでGPUを接続できるハイスペック・モバイルノート

公開日: : Iiyama , ,

iiyama SOLUTION-13FH052
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。iiyamaが外付けのGPUボックスをセットできるモバイルノートを発売しました。iiyamaの4つの製品ブランドから基本設計を同じくするものが同時にリリースされています。「LEVEL ∞(ゲーミングライン、GPUボックス付属)」「SENSE ∞(クリエイター向け、GPUボックス選択可)」「SOLUTION ∞(ビジネス向け、GPUボックス選択可)」「STYLE ∞(多目的な一般向け、GPUボックス選択不可)」という切り分けになっていて、オプション構成などが異なりますが、この記事ではビジネス向けの「SOLUTION ∞」の新製品「SOLUTION-13FH052」を紹介します。

スポンサーリンク

1.スペック

iiyama SOLUTION-13FH052 スペック表

クリックで拡大します

この製品の場合、外付けのGPUボックスのほうの話題が先行しそうなのですが、まずは本体について確認してみます。CPUはCore i7-7500Uで、いくつか存在するバリエーションモデル全てにこれが使われます。Core i5モデルなどは今のところありません。

RAMについては下位モデルが8GB、上位モデルが16GBとなっていますが、注文時のカスタマイズにより16GBまでは増量できます。またストレージはバリエーションによって差がつけられており、最下位構成だと500GB HDDとなりますが、デュアル構成が可能で最上位構成だと標準で250GB NVMe M.2 SSD + 1TB HDDとなり、カスタマイズでSSD + SSDの構成にすることも可能です。

ディスプレイは13.3インチのFHD(1,920 × 1,080)となっており、このクラスの製品としては標準的ですね。また、入出力ポートではフルサイズUSBが2つ、Thunderbolt 3(USB Type-C)が1つの合計3つ、すべて3.0以上の規格となっています。映像系ではMiniDisplayPortとHDMIが装備されます。

サイズですが、13.3インチの上級モバイルノートとしてはやや大きめです。つい最近記事にした東芝のdynabook UX53と比較してみましょう。なお、東芝を選んだことについて深い理由はありません。

SOLUTION ∞: 330 × 226 × 19 mm / 1.53 kg
dynabook: 316 × 227 × 15.9 mm / 1.09 kg

dynabook UX53は最新モバイルノートの中でもトップクラスの軽量筺体なので単純に比較してしまうのは少し可哀想です。しかし、13.3インチのモバイルノート、しかも一般的なクラムシェルタイプとして1.53 kgというのはかなり重いほうです。ただ、ストレージがデュアル構成になっていて、HDDも搭載しているので納得感はあると思います。

2.筺体

iiyama SOLUTION-13FH052
筺体はアルミ合金製で表面にはサンドブラスト加工が施されているとのこと。

iiyama SOLUTION-13FH052
正面から見るとこんな感じです。最近ウインタブで紹介するモバイルノートはことごとく狭ベゼルなものばかりで、中華ノートですらベゼル幅が細くなってきているので、この製品の太めのベゼルはちょっと気になりますね。筺体色と同じシルバーに塗られているのもベゼルを太く見せているように思われます。

スポンサーリンク

iiyama SOLUTION-13FH052
天板はご覧の通りシンプルです。ロゴマークも控えめですし、色もおとなしいのでビジネス利用にもピッタリかと思います。

iiyama SOLUTION-13FH052
キーボードです。「マウスの13インチ(現在のiiyamaはマウスのブランドです)」ですねw Enterキーの周辺のキーの横幅がやたら大きいです。個人的にはこの形状でもすぐ慣れましたし、特に困ることはありませんでした。また、「マウスのキーボード」は基本設計がしっかりしているというか、作りが良いというか、打鍵感とかは非常にいいです。

iiyama SOLUTION-13FH052
側面です。ここにもマウスっぽさが出ているというか、モバイルノートであっても有線LANポートがしっかり装備されています。また、左側面のUSBポートの隣にSIMスロットのようなものが見えますが、この製品はLTE/3G通信には対応しません。

iiyama SOLUTION-13FH052
これがGPUボックス(正確にはGPU BOX)です。LEVEL ∞には標準で付属しますが、SOLUTION ∞の場合はオプションとなります。GPU BOXにはデスクトップ用のGPUが搭載できるほか、SSDも同時に搭載できます。

iiyama SOLUTION-13FH052
前面と側面はこんな感じです。ただこれ、価格の方も結構高くて、BOXだけで税込み60,458円、SSDを追加したりGPUを追加(というかGPUはBOX価格に含まれません)したりするとさらにプラス3万円以上になります。

なお、対応するGPUはGeForceのGTX1060/1070/1080/1080Ti/Quadro P600/Quadro P2000で、1080Tiを選択すると「GPU分だけで」プラス105,818円(税込み)です…。

3.価格など

iiyama SOLUTION-13FH052はiiyamaの事実上の直販サイトであるパソコン工房で販売中で、価格は税込み100,418円から、となっています。個人的には最下位構成のHDDをSSDに変更するだけでかなり満足できるスペックになると思うのですが、その場合(ストレージ240GB SSDに変更)だと税込み107,978円となります。

CPUなどの基本構成から見てこの価格は十分安いと感じます。また、GPUボックスを追加するかどうかは人によりますが、あれば相当なハイパフォーマンスマシンに変身させることができますので、すぐに使わないとしても、将来的な選択肢と考えれば安心かもしれません。だた、「ざっくり10万円」くらいは追金が必要になると思いますw

4.関連リンク(パソコン工房)

13型 Intel Core i7 搭載ハイスペックノートパソコン
icon

Comment

  1. いぬ より:

    >dynabook: 330 × 226 × 19 mm / 1.53 kg
    >SOLUTION ∞: 316 × 227 × 15.9 mm / 1.09 kg

    ダイナブックより小型軽量なの?

    • wintab より:

      いぬさん、こんにちは、コメントありがとうございます。すいません、直しときました。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑