Ulefone T1 - 5.5インチ、高水準でバランスされた中華スマホ、多くの通信バンドに対応するグローバルモデル

公開日: : Android , ,

Ulefone T1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中華スマホは相変わらず高い価格競争力がありますが、以前のように「単なるスペック番長」から、CPUはミッドハイくらいのものに抑え、そのかわりRAMやストレージ、カメラ性能、そして筐体品質と、バランスよくスペック(精度)を高めている印象があります。

スポンサーリンク

スマホだとiPhoneがダントツに高性能で、日本人の半分がiPhoneを使っているわけですから、そのiPhoneに負けないようにと、Snapdragon 821とか835を搭載したAndroid機が存在する意義は大きいです。実際私もSnapdragon 821を搭載したスマホを試用したことがありますが、確かに素晴らしい挙動を見せてくれました。しかし、2017年の現在、Antutuなんて4万点もあればAndroid機として普段使いのほとんどを快適に使えます。

一部の超重量級ゲームに熱中していて、そのゲームがちゃんと動かないと困る、という人は別として、特段ゲームにこだわらない人なら、エントリースペックとかミドルスペックのスマホでも大丈夫なのではないか、と思います。「インスタ映え」なんて用語を、このおじさんまで知ってる時代ですから、CPUよりカメラの性能のほうがずっと大事なのでは?なので、中華製品の「トータル品質で勝負」的なトレンドは個人的には歓迎すべきものと考えます。

さて、今回紹介する「Ulefone T1」はまさにそんな感じの最新スマホです。もちろんお値段もお手頃ですよ!

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek Helio P25
RAM: 6GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 5.5インチ(1,920 × 1,080)ゴリラガラス3
SIM: nanoSIM × 2(うち1つはmicroSDと排他利用)
通信バンド: LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.1
入出力: USB 2.0 Type-C、オーディオジャック
カメラ: イン8MP(補間後13MP)/アウト16MP+5MP
バッテリー: 3,680 mAh
サイズ: 155 x 76.9 x 8.45 mm / 181 g

OSはAndroid 7.0で「Global Version」とのことです(後述する通信バンド対応のことを言っています)。CPUはMediaTekのHelio P25で、ウインタブでは「DOOGEE MIX」の実機レビューでこのCPUをテストしたことがあります。その際のAntutuスコアは61,975だったのですが、このCPUは製品によっては7万点から8万点くらいのスコアを記録しており、ウインタブのデータは少し低めといえるかもしれません。このくらいのスコアなら基本なんでもできると思っていいです。また、ゲームが大好きな人はAntutuスコアをもとにご自分で性能を判断できると思うので、ここで補足する必要はないでしょう。

RAMは6GB、ストレージは64GBで、「いやRAM6GBもいらんでしょ」と言うくらいには余裕があります。ディスプレイは5.5インチのFHDと十分な性能と言えます。

そして、LTEの対応バンドなんですけど、これがまさにグローバルですね。バンド8、19もしっかりカバーします(この製品には技適マークはありません)。ここまで見てきて「DOOGEE MIXと似たスペック」と感じていたのですが、ディスプレイの形状が大きく異なるのと同じくらい、対応するバンドが異なります。

スポンサーリンク

そしてカメラです。この製品はインカメラが8MP、ソフトウェア補間後13MPとなっていますので、数値だけ見ればセルフィー(自撮り)もかなりキレイに写せそうです。またアウトカメラはデュアルレンズで画素数もかなり高くなっています。そして、アウト側のフラッシュは「2トーン4フラッシュ」で、発光するLEDが4パートにわかれていて、さらに発光色が2種類ある、ということです。

Ulefone T1 TWO tone QUAD flash
つまり、こんな感じです。カメラについては数値上は文句なしと言えるレベルですが、画質については試用してみないとなんとも言えないなあ、というのが正直なところ。しかし、ウインタブで中華スマホの実機レビューを始めたここ半年くらいの間でも、中華スマホのカメラ品質はどんどん向上していると感じますので、この製品のカメラ品質も十分期待できそうです。

2.筐体

Ulefone T1 カラバリ
筐体色はブラックのほか、最近よく見かける「レッド」が用意されます。筐体素材は「メタル」でメーカーによれば「プレミアムな仕上げ」になっているとのこと。言われずとも最近の中華スマホの筐体仕上げは例外なく素晴らしいと感じているので、この製品についても心配はいらないでしょう。

Ulefone T1 ラウンドフォルム
このアングルで見ても、エッジ部分がキレイにラウンドしているのがわかります。ディスプレイは2.5D曲面のゴリラガラス3です。

Ulefone T1 背面
背面の「プレミアムな仕上げ」です。「多段階の研磨、CNC加工、最先端のナノ-インジェクション(これはもう意味がわかりません)」ということなんですけど、画像を見ると確かに美しいと感じます。

3.価格など

Ulefone T1は中国の通販サイト「Banggood」でプレセール中で、Banggoodではメーカーとタイアップした割引キャンペーンを開催しており、8月7日までの期間199,99ドル(22,635円)で販売されています。

一通り製品概要を確認してみましたが、DOOGEE MIXのように尖ったところは感じられないものの、スマホとしての基本性能がよくバランスされており、利用シーンを選ばず、あらゆる場面でしっかり実力を発揮できそうな製品だと思いました。おそらく「インスタ映え」する写真も撮れるでしょうし、ほとんどのAndroidアプリはサクサク動かせるでしょう。また、筐体品質も高く、高級感十分な仕上げになっていると思います。

4.関連リンク

Ulefone T1:Banggood

Comment

  1. 匿名 より:

    いいなー。田舎住いとしてはバンド問題は避けて通れないから。こういう設定になっている機種にどんどん出てきて欲しいです。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。遅レスすみません。私の住んでいる多摩地区も電波環境が非常に悪いので、お気持ちはよくわかります。

  2. 宮道裕子 より:

    Ulefone T1ですが、YモバイルのSIMを入れれば使えるのでしょうか?
    それとも他の設定が必要でしょうか?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑