MADOSMAのOTAは2016年1月に延期、かわりにWindows 10 MobileのOSイメージを配布

マウスコンピューター MADOSMA Q501A
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。この記事は読者の方々からいただいた情報を元に書いています。私もMADOSMAユーザーなんですが、情報の入手が遅れてしまいました。マウスコンピューターのMADOSMAについて、以前こんな記事を書いています。
マウスコンピューター MADOSMA - Windows 10モデル販売開始、価格も引き下げ!
MADOSMAは個人向けの現行モデルとしては日本で唯一「WindowsPhone 8.1」をOSとするスマートフォンでしたが、現在販売されているものはすべてOSがWindows 10 Mobileに変更され、既存のWindowsPhone 8.1ユーザーもOSアップデートが可能である旨のアナウンスがあり、OTA(インターネット経由でのOSアップデート)が12月中に可能になる、ということでした。

スポンサーリンク

しかし、残念ながらOTAによるアップデートは2016年1月に延期となってしまいました。OSのおおもとであるMicrosoftからの配信が遅れていることによる、というのがその理由です。

マウスコンピューター MADOSMA 表面と背面
しかし、MADOSMAはもともとWindowsPhone(Windowsスマホ)を待ち望んでいた人たちのほとんどが発売直後に飛びついた製品なので、そういう人たちが一刻も早くOSをアップデートしたいと思っているのは間違いないでしょう。そのせいかどうかわかりませんが、マウスコンピューターではOSイメージをダウンロードし、手動で「イメージ上書き」できる手順を公開しています。

スポンサーリンク

「イメージ上書き」というのは通常のWindows Updateとは異なり、個人のデータやインストールされているアプリのバックアップと再インストールが必要になりますし、手順も面倒なので、マウスコンピューターは「OTAによるアップデート」を推奨しています。Windowsスマホに慣れていない人、PC知識に自信のない人はもう1カ月ほど待って、OTAでアップデートしたほうがいいと思います。

ドスパラ Diginnos Mobile DG-W10M
ちなみに私は現在ドスパラの「Diginnos Mobile DG-W10M」も使っていて、そちらにWindows 10 Mobileがインストールされていることと、ウインタブでアプリのレビューなどをする際にWindowsPhone 8.1での検証もしてみたいと思っているので、MADOSMAはもうしばらくOSを変えずにいようと持っています。おそらく2016年1月にOTAが開始されると日本のWindowsPhone 8.1ユーザーが激減するでしょうから、そのタイミングで私もOSを変更する予定です。

MADOSMA アップグレード案内

[ MADOSMA ] MADOSMA Windows 10 Mobile OTA 延期 ご案内
※なお、イメージの入手とOS上書き方法のページにアクセスするためには、MADOSMAのIMEI番号が必要となります。IMEI番号は設定画面の「システム」の「情報」を選択し、「詳細情報」を選択すると表示されます。

スポンサーリンク

コメント

  1. F より:

    自分はマウスの店舗でWindows 10 mobileにアップグレード済みです。イメージの上書きだったので、データは全部消えましたが、そもそもサブ端末なので、そんなに困りませんでした。クラウドサービス(MSアカウントやgoogle連絡先、Evernote )があるので、だいたいのデータは簡単に復元できますしね。

    • wintab より:

      Fさん、こんにちは、コメントありがとうございます。Fさんもすでに適用済みなんですね。データはクラウドにおいておくと安心ですね。しかしアプリはSDに入れておいてもOSを上書きしちゃうと認識しなさそう。