KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード - 慣れたら快適! (読者レビュー:スミチョフさん)

KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は「KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード」の読者レビューです。レビュアーは「スミチョフさん」です。この方はご自身でもブログを運営しており、実際に大量のテキスト入力をしてみた上で製品を評価してくださいました。そのため、製品のいい部分、悪い部分とも記載に説得力があります。ではどうぞ!

スポンサーリンク

ごあいさつ

はじめまして、「スミチョフ」と申します。今回ウィンタブ様にてレビューさせていただく機会を頂き、ウィンタブ様には厚くお礼申し上げます。

今回はKKmoon 59キーBluetoothキーボードを、windowsタブレット(lenovo YOGA Table2 8inch – windows10)と一緒に使用したレビューを書かせていただきます。既にウィンタブ様でも実機レビューを書かれており、パッケージ内容や、サイズ感覚などもご紹介済みですので、そういった部分はそちらにお任せします。キーボードという製品特性上、少なからず重複する箇所もあるかもしれませんが、ご容赦いただければと思います。

KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード

非常にコンパクトです

1.はじめに

今回、lenovo YOGA Tabletと使ったこともあり、Tablet自体が自立する為、付属のケースは利用する機会がありませんでした。タブレットを立て、キーボード単体で利用しました。個人的にブログを持っておりますので、そちらの記事執筆での利用におけるレビューです。

KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード  YOGA Tabletと

YOGATablet2(8inch)との組み合わせ(まるで純正)

2.使用するにあたっての下準備

ペアリング

Bluetoothキーボードですので、当たり前ですがペアリング作業が必要です。キーボードの[Fn]+[C]でペアリングモードになります。後はPC側からキーボードを選択することで簡単にペアリング可能でした。

キーボードレイアウト変更

キーボードのキー印字が英字キーボード配列ですので、PC本体側のキーボードレイアウトを英字キーボードに設定しないと、印字と入力文字が合わず、使いにくい為、設定の変更をお勧めします。

参考までに:キーボードレイアウトの変更方法
Windows10:タスクバーの検索バーに「言語」と入力し、「言語とキーボードのオプションを編集する」から、言語の”日本語”を選択→「オプション」から”ハードウェア キーボードレイアウト” にてレイアウト変更が可能です。

IME切り替え設定

英字キーボードですので、当然ながら[半角/全角]キーなどありません。これについては手元で切り替えできないと辛いので、IMEで設定してやる必要があります。私は[Ctrl]+[Tab]キーでIMEのON/OFFを変更できるように設定しました。

参考までに:MS-IMEの変更方法
Windows10:
・タスクバーのIME(あ/A)を右クリック→”プロパティ”→”詳細設定”
・“全般”タブ ”キー設定”の右側にある[変更]より設定が可能です。
※[*キー]が割り当てるキー組み合わせ、その右隣の[入力/変換済み文字なし]の欄をダブルクリックして[IME-オン/オフ]を割り当てることができます。

以上、ペアリング以外の2つの下準備を行うことにより、通常の日本語キーボードと同じスタートラインに立つことができたといえます。

3.それでは文字を打ちましょう

キーボードは、やはり文字を打つことでしか評価できませんので、ただひたすらにキー入力を行っていきたいと思います。まず記事を1記事書いてみました(約2200文字)。

ファーストインプレッションとして、このサイズ感に不慣れなこともあり、非常に手が疲れました。いつも使用しているsurfaceに比べると2倍は時間がかかったかもしれません。

やはり小型であるが故にキートップが小さいので、判定がシビアと申しましょうか、打ち間違えがやや多かったです。また、左手と右手の間の間隔が狭く感じました。決して手が大きいわけではありませんが、[F]キー[J]キーにそれぞれ人差し指を乗せた状態で、親指の関節同士が触れます。

書き始めた時は、書ききれるか不安になりました。しかし、10分程打ち続けてみると、そんな不安も吹き飛び、かなりの速度アップが楽しめます。更にもう1記事(約1900文字)書き終わった時点での印象をネガポジでまとめると以下の通りです。

スポンサーリンク

ネガ

・[enter]キーが小さい:しかし慣れてくれば小指でのアタック率UP
・[delete]が一発で押せない: [Fn]+[Shift]+[F12]
・[?]の入力に戸惑う: [Shift]+[spaceの隣]
・Tabキーがほんの少し、凹みました:周りに比べて少しだけ凹んでます

ネガポイントとしては、文字入力して変換→[enter]を繰り返していくといったスタイルの人からすると、もう少し大きな[enter]キーが欲しいところかと思います。

後はウィンタブ様でもあったとおり[delete]が押しづらいですね。因みに、キー入力について関連するところでは、ウィンタブ様の記事に「・(中点)」がない、とありますが、私の環境ではspaceキーの隣の[?]キーで[・]が出ましたので、問題なかったです。

そして、Tabキーがほんの少し凹んでしまいました。そこまでTabキーは押したつもりありません。このあたりは、筐体の強度として、マイナスポイントかと思います。少々凹んではいますが、キーは何ら問題なく押せており、Tabキーが押されっぱなしになっているというようなこともありません。

KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード  Tabキーの凹み

Tabキーが少し凹んでしまいました・・

続いてポジティブな意見です。ここは特にしっかりと書きたいと思います。

ポジ

・打鍵感はとても快適:この薄さでこの打鍵感は想像していなかった
・タッチパッド無効ON/OFFが手元で瞬時に切り替えできる
・スリープ復帰時にも非常に安定している:スリープ解除が非常にスムーズ
・タッチパッドの操作性が非常に快適

実際にこのキーボードを使われた方、皆さんも仰る通り、打鍵感は良好でした。この薄さでこのストロークはバランスが良いです。また記事を書いていた上で、一番助かった機能が、タッチパッド無効が手元でできることでした。これだけ小さなキーボードなので、長文作成になってくると、タッチパッドに手が触れて、意図しない所にカーソルが飛んでしまい、煩わしいですが、 [Fn]+[win]キーでタッチパッドが瞬時に無効化できます。手元でON/OFFが簡単に切り替えられる点は、ユーザーの使いやすさに配慮された設計だなと勝手に感心していました。

この価格でこれ以上無理を言ってはいけないでしょうが、無効になっているかどうかのインジケーター(LED)でもあると更に良いかなと。

執筆途中で一旦、PCをスリープさせ、キーボードの電源をOFFにしていましたが、再びキーボードの電源をONにして、タッチパッドをクリックするだけで、画面が付き、スリープ解除可能。また、このあたりの、接続不良といったトラブルには一度も会いませんでした。安定感は抜群でした。

最後にタッチパッドですが、私は比較的タッチパッドを多用します。正直に申し上げて、このサイズのキーボードに付属しているタッチパッドなので、そこまで期待はしていなかったのですが、左右のクリックが可能であることや、二本指でのスクロールなど、書いた記事のプレビュー閲覧でも非常に快適でした。

因みに、マニュアルにはwin8のジェスチャーが書かれていますが、windows10では、タッチパッド右側から左にかけてのスワイプでcortanaが起動しました。

4.まとめ

多少の慣れは必要なものの、使い慣れていくと、快適に使うことができました。正直、コストパフォーマンスは相当高いと感じています。今回、YOGATablet2とともに使いましたが、同じようにキーボードなしで、タブレットのみを持っている方(特に8インチ)にはお勧めしたいキーボードです。やはり、文字入力時にソフトキーボードで作業するよりも、作業効率が上がるでしょう。手の小さな方、女性にも使いやすいのではないでしょうか。また、非常にコンパクトなキーボードですので、作業スペースが狭い人には使い勝手が良いでしょう。実際に、私も仕事でPCを2台使っており、フルサイズのキーボードを2枚並べていますが、1台に接続して使ってみようかなんて思っています。

この薄さ、軽さ、何よりコスパ、バッテリの持ちも相当良いので、タブレットを持ち運んで使っているような方にもお勧めできます。ちょっとした時にキーボードがあるというのは良いですね。鞄に忍ばせておいても気になるような大きさではありません。

興味はあるけど、価格も価格だしすぐ壊れるのでは?と思っている方には、是非使ってみることをお勧めします。これまで7000文字ぐらい打ちましたが、キーボードは快調です。価格を考えても決して後悔しないクオリティではないかと。

以上、初めてこうしてレビューを書かせていただきました。
最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。

5.関連リンク

KKmoon 59キー 超薄型Bluetooth キーボード - 8インチタブレットと一緒に使うといいかな(実機レビュー):ウインタブ
KKmoon 59キー 超薄型 ミニ Bluetoothキーボード:Amazon

スポンサーリンク