MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JP - メカニカル風のタッチで高耐久、エントリーゲーマー向けのキーボード・マウスセット

MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JP
MSIが手頃な価格で購入できる入門用ゲーミングデバイスセット(キーボードとマウスのセット)「VIGOR GK30 COMBO WHITE JP」を発売しました。製品名が示すように、日本語配列で美しいホワイトの筐体色になっています。

スポンサーリンク
MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JP

クリックで拡大します

こちらがスペック表です。注意したいのはキースイッチが「メカニカル風」であって「メカニカル」ではないという点です。メンブレン方式(デスクトップPC用キーボードでは一般的なタイプです)ながら、プランジャー構造(斜めからキーが押されてもブレることなく垂直に押下することが可能な構造)、 1,200万回以上のキー耐久性を誇ります。また、MSIで「メカニカル風」と言っているくらいですから、きっと打鍵感もメカニカルキーボードに近いんでしょう。

デスクトップPC用キーボードやノートPCのキーボードによく見られる「ボリューム調整などのメディア操作が可能なホットキー」を搭載しています。また、Nキーロールオーバー(6キー)やアンチゴースト(20キー)機能もあり、「ゲーミング仕様」です。

スポンサーリンク
MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JP

英語配列モデルです。国内販売されているものとは異なります

MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JP

英語配列モデルです。国内販売されているものとは異なります

キーボード・マウス共にRGB LEDを搭載しており、ソフトウェアもしくはキーボード上のホットキーで発光パターンをコントロールできます。「6ゾーン、10パターン」の発光が可能とのこと。

マウスのセンサー部分にはPixart社製の高精度センサーを搭載、最大で5,000DPIまで設定が可能です。まあ、個人的には5,000 DPI(普通に使うぶんにはめちゃめちゃ敏感です)もいらん、という感じですが、ゲーム用のマウスとして5,000DPIというのは「そこそこ」の感度だと言えます。一応「入門用」ということになっているので、トップゲーマーには、あるいは物足りないのかもしれません。

MSI VIGOR GK30 COMBO WHITE JPは8月27日に発売され、PCショップアーク(MSI指定販売店)での価格は税込み7,480円となっていますが、あいにく8月31日現在在庫切れ、TSUKUMOでも同価格で販売中です。この価格はメカニカルキーボードと比較するとかなり低め、一般的なデスクトップPC用のキーボード・マウスセットと比較すると高め、という感じです。

実機を試用していないので確たることは言えませんが、おそらく小気味よい打鍵感のキーボードと高精度な操作感のマウスだと思います。また、美しいホワイトの筐体とカラフルなRGBライティングも魅力ですね。

関連リンク

VIGOR GK30 COMBO WHITE:MSI公式サイト(英語配列モデルの製品紹介ページです)
VIGOR GK30 COMBO WHITE JP:PCショップアーク
Vigor GK30 COMBO WHITE JP:TSUKUMO

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    メカニカル風はメカニカルとは全然違う押し心地ですよ。
    ただ、それはそれで感触良いんですけどね。

    • wintab より:

      それは失礼しました。メカニカルキーボードを常用されている人にしてみれば、違いは歴然なのでしょうね。私なんかは(メカニカルキーボードを数年使っていますが)メカニカル風でも結構納得したりもするんですが、このへんはモノによりますね…。それと、この製品には筐体色が黒のバージョンがあり、先日までライターをしていただいていたオジルさんが愛用しているとのことでした。「PC付属のキーボードよりも、ちょっといいものを」と考えている人にはおすすめ、とのことでした。