マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750 - ディスプレイのリフレッシュレートが240 Hz!マウスコンピューターのハイスペックな15.6インチゲーミングノート

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
マウスコンピューターが「ディスプレイのリフレッシュレート240Hz」のゲーミングノート「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750」を発売しました。今やゲーミングノートのディスプレイもリフレッシュレート120 Hzとか144 Hzのものが増えていますが、240 Hzのノート、というのはめったに見かけません(DELLのALIENWAREくらいかな?)。マウス製品はもともと性能の割に価格も低めだと思っているのですが、「目に見えるスペック」の面でも他社製品を一歩リードした感じですね。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
ウインタブでは先日「NEXTGEAR-NOTE i5565」という製品を紹介しましたが、今回のi5750はそれよりも上位の製品となります。NEXTGEAR NOTEはGPUの型番が製品の型番に反映されていて、先日紹介したi5565はGTX1660Ti、こちらのi5750はRTX2070が搭載されます。

CPUは第9世代、Coffee LakeのCore i7-9750H(最新ゲーミングノートとしてはデファクト・スタンダードと言えます)で、繰り返しになりますがGPUはGeForce RTX2070、RAMはカスタマイズが可能で最小8GB、最大32GB、ストレージは2基搭載可能でSSD + HDD、SSD + SSDという構成が可能です。ウインタブではRTX搭載機(つまりリアルタイム・レイトレーシング対応)の場合、RAMは16GB以上をおすすめしています。

で、ディスプレイです。15.6インチでFHD解像度、リフレッシュレートはなんと240 Hzあり、日本で販売されているゲーミングノートのリフレッシュレートとしては最高水準だと思います。ただし、IPS液晶ではないでしょうね。ウインタブはもともとタブレットとか低価格なモバイルノートを中心に製品紹介してきた経緯があり、「IPS液晶である」ことを非常に重視していますが、ゲーマーの人達に言わせると「そんなもんどうでもいいわ。それよりも反応速度だ!」とのことです。なので、もはやこの製品に関してはTNだろうとIPSだろうと、製品評価には全然関係ない、ということなんでしょう。

入出力ポートは充実している方だと思います。ゲーミングノートで、しかもマウスコンピューター製品なので、このへんは不満のない水準と言えます。ただし、Wi-Fiおよび有線LANのチップはKILLERではありません。

サイズですが、この製品を「コンパクト」というのははばかられますが、横幅だけは「めっちゃ小さい」ですね。後述しますが、最新のゲーミングノートは「ナローベゼル化」が進んでまして、この製品もその例にもれない、ということです。

2.筐体

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
それなりに厚みもありますが、やはり目を引くのは「ベゼルの細さ」でしょう。上位クラスのゲーミングノートの場合、ゲームプレイは外部ディスプレイを接続して、という人も少なくないと思いますが、この製品のディスプレイ品質であれば、外部ディスプレイなしでも快適にプレイできると思います。その意味で、このようにベゼルが細く、画面への没入感が高まるデザインというのは(一層)歓迎したいですね。

スポンサーリンク

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
天板です。概して、ですが、マウスのゲーミングノートはデコレーションがあまり多いほうではなく、特に天板は非常にあっさりしています。ゲーマーだとこれじゃ物足りないかな?私なんかはこういうデザインのほうが好きですけどね。

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
キーボードです。日本語配列で「15カラーLED/ 107キー/ キーピッチ約18.2mm / キーストローク約1.8mm」となります。この製品にはキーボード設定用のアプリがインストールされていて、バックライト色の変更やマクロキーの設定などができます。

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
側面と前後面です。この製品の入出力ポートは側面だけでなく、背面にも装備されます。割とよくあるパターンですが、映像系とネットワーク系のポートが主に背面に装備されているのがわかります。

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750
あと、この製品はゲーミングノートなので、どのくらい需要があるかわかりませんが、マウスのPCらしく、バッテリーは着脱式です。ただ、RTX2070が本気を出すような使い方だと、公称値に関わらず、あっという間にバッテリーがなくなると思いますし、おそらくホットスワップ(電源オン/オフせずにバッテリーを交換できる)ではない(ACアダプターを接続していれば大丈夫ですけど)ので、予備のバッテリーがたくさんあれば屋外でもゲームができる、という感じでもないでしょうね。

3.価格など

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5750はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、8月28日現在の価格は219,800円(税込み237,384円)から、となっています。RTX2070搭載の高性能ゲーミングノートなので、さすがに20万円は越えちゃいますね。ただ、リフレッシュレート240 Hzというのは上級ゲーマーには非常にうれしい構成だと思いますし、このディスプレイでこのCPU、GPUであれば腕のいいゲーマーのメインマシンとしても使えるんじゃないでしょうか?

4.関連リンク(マウスコンピューター)

NEXTGEAR-NOTE i5750
icon

スポンサーリンク