マウス DAIV-NG7630 - 第9世代のCore i9を搭載する17.3インチ・クリエイター向けノート

マウス DAIV-NG7630
「おい電器屋、いちばんいいパソコンもってこいや!」
「これは常連の○○さん、いつもお世話になっております。デスクトップパソコンですか?ノートパソコンですか?」
「知らねえよ!でも、そうだなあ、フタを開けたり締めたりするやつのほうが便利そうだな。そっちのほうでいちばんいいやつだ!」
「○○さん、パソコンをどのような用途でお使いになるんですか?」
「うるせえ、なんでもできるやつだ!いちばんいいやつだったらなんでもできるんだろうが!」
「かしこまりました。ちょっと大きくて重いですけど、大丈夫ですか?」
「なんかあったらベンツで運ぶ」
※これはフィクションです…。いまどきこんなオヤジいねえよ…。

スポンサーリンク

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はノートパソコンで「いいやつ」を紹介します。マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」の最新モデルです。デスクトップ用のCore i9とGeForce GTX1080、そして4Kディスプレイを搭載しています。この製品の前身機「DAIV-NG7620」もデスクトップ用のCore i7を搭載する超高性能モデルでしたが、NG7630になって、CPUがCore i9にパワーアップしています。

なお、記事の冒頭のオヤジの要望だと、マウスなら「NEXTGEAR-NOTE i71130(GTX1080のSLI)」のほうがいいのかもしれませんが、なにぶん勢いで記事を書いておりますので、どうぞご容赦ください。

1.スペック

マウス DAIV-NG7630
NG-7630シリーズは2種類のCore i9を選ぶことができます。ともに「第9世代」で、Core i9-9700Kは8コア8スレッド、Core i9-9900Kは8コア16スレッドとなります。ウインタブではデスクトップ用のCPUについて紹介記事を書くことは皆無で、まともに説明できるとも思えませんので、第9世代のCore i9について関心のある方は下記のリンクをご覧ください。
Core i9 9900K, i7 9700K, i5 9600Kのレビューが解禁される:北森瓦版

確実に言えることは、このCPUが2018年10月23日現在で最強のCore iプロセッサーであるということです。

GPUはGeForce GTX1080(VRAM8GB)です。上に書いたとおり、マウスの「NEXTGEAR-NOTE i71130」がGTX1080のSLi構成(2基搭載しているということです)である、という例外もありますが、基本的にノートPC用のGeForceとしては最強です。

NG-7620から7630になり、RAMとストレージは下位構成がなくなり、最低価格のベースモデルでもRAM32GB、ストレージ480GB SSD(NVMe)です。RAMは最大で64GBまで、物理ストレージは最大で4基(NVMe M.2 SSD × 2、SATA3 HDDもしくはSSD × 2)搭載可能で、記事冒頭のオヤジであれば1TB M.2 SSD × 2 + 2TB SSD × 2で合計6TBのSSDを搭載することになるんでしょう。

ディスプレイは17.3インチの4K解像度で、形式(IPSかTNか、など)は不明ですが、「AdobeRGB比100%の液晶パネル」を採用し、本体のディスプレイを含め最大4台のディスプレイに4K出力が可能です。そういえばこれ、クリエイター向けノートでしたね…。

ポート類はかなり豊富です。USBポートは合計で6つあり、うち1つはThunderbolt 3ですし、映像出力系も3系統(HDMI × 1、mini DisplayPort × 2)あります。また、有線LANはゲーミングノートなどに使われているKiller E2500が使われています。

サイズのほうはさすがにデカイです。重量は4キロオーバーですね。バッテリー稼働時間2.8時間というのもありますし、そもそもデスクトップ用のCPUを搭載していますし、現実的には据え置き型ということになります。デザイン事務所とかにあると似合うのかもしれません。

スポンサーリンク

2.筐体

マウス DAIV-NG7630
マウス DAIV-NG7630
筐体は前身機NG-7620と同一です。横幅40センチオーバー、厚さ4センチオーバーということで、「山」みたいなもんですね。ただ、斜め後ろから見ると立体的な造形になっていて、すごくカッコいいと思います。

マウス DAIV-NG7630
キーボードです。キーピッチ約18.4mm、キーストローク約2mmで、フルカラーのLEDバックライトがつきます。なので、ゲーミングノートみたいです。W、A、S、Dキーもハイライトされてますしね。

ちょっと脱線しますが、この製品はクリエイターPCなので、ディスプレイは4Kですし、おそらくリフレッシュレートもあまり高くないんだろうと思いますが、性能的にはほとんどのオンラインゲームに対応するはずです。なんなら高速(高いリフレッシュレートという意味です)な外部ディスプレイを接続してしまえばいんでしょうし。実際この製品をゲーミング用途で購入する人も多いんじゃないでしょうか。

マウス DAIV-NG7630
側面とポート配置です。個人的にちょっと思ったのが、「これ、microSDスロットじゃないの?」ってことです。筐体が大きいのでSDスロットがやたらと小さく見えますよねw

マウス DAIV-NG7630
前面と背面です。背面には映像出力系のポートがあります。理にかなった配置だと思います。

3.価格など

マウス DAIV-NG7630シリーズはマウスコンピューター直販サイトで販売中で、10月23日現在の価格は359,800円(税込み388,584円)から、となっています。ちなみにCore i9-9900Kを搭載するモデルは369,800円(税込み399,984円)からです。

この製品はクリエイター向けです。しかし、極めて高性能であることは間違いありませんので、ゲーミング用途にも向くと思いますし、「妥協のない、ハイスペックなノートPCがほしい」という人のニーズにも合うでしょう。

「ざっくり40万円から」のノートPCですから、決して安いとは言えませんが、発売したての第9世代Core i9をいち早くノートPCに搭載してくるあたりが「さすがマウス」なのかもしれないですね。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

DAIV-NG7630シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑