Microsoft Surface Go - 日本でも予約販売開始、価格も決定です。イベントで実機を見てきました!

公開日: : Microsoft , ,

Microsoft Surface GO 実機
ここのところ連日記事を掲載している注目の10インチタブレット(デタッチャブル2 in 1)「Microsoft Surface Go」ですが、いよいよ7月12日から日本でも予約販売が開始されました。8月28日から出荷開始となります。また、7月11日にMicrosoft主催の「Microsoft Japan Surface Event」というのがありました。私も参加させてもらったのですが、その会場にSurface Goが展示されていて短時間試用することができましたので、そちらも合わせてご報告します。

スポンサーリンク

Surface Goの製品概要については下記の記事をご覧ください。
Microsoft Surface Go - 期待の10インチSurface、海外で予約受け付け開始!詳細スペックも判明しました

この記事を見ていただくと、あらかたSurface Goの製品特性が理解できるのですが、若干わからなかったこともありますので、それらをMicrosoftのご担当者に質問しつつ確認してきました。

1.触ってみた印象

Microsoft Surface GO 実機
まずキーボードです。この画像は英語配列ですが、日本向けには日本語キーボードが用意されます。

Microsoft Surface GO 実機
私、今までに10インチ用のキーボードを数多く使ってきていますが、このキーボードはすごいです。「狭い」という印象が全くありません。私の経験上、11.6インチサイズを下回ると少しずつキーボードに窮屈さが出てくるはずなのですが、10インチのこの製品には窮屈さを感じませんでした。

Microsoftのご担当者にキーピッチを聞いてみたところ、「すみません、正確にはわからないのですが、確か18 mmだったと記憶しています」とのこと。フルサイズのキーボードだとキーピッチは19 mmが普通で、一部18 mmのものがあります。実際18 mmあればかなり余裕を持ったタイピングが可能です。

打鍵感はSurface Proに近いです。Surfaceシリーズの場合、タイプカバー(キーボード)をデスクに「ベタッ」と置くこともできますが、若干角度をつけることも可能です。

Microsoft Surface Go
こんな感じですね。この状態だと、打鍵していて少し「ポコポコ」という感覚になります。つまり、少したわむということです。Surface ProにしてもSurface Goにしても、構造上どうしてもこういう感覚は残りますね。ただ、大きな不満というほどでもなく、十分快適な打鍵が可能です。

Microsoft Surface GO 実機
製品画像では確認できなかったmicroSDスロットの位置ですが、やはりキックスタンドの内側にありました。この構造もSurface Proと同じです。

スポンサーリンク

ポートについては、やはりUSBポートの数が決定的に不足している(Type-Cが1つだけです)と思っていましたから、「せめてもう1つくらいType-AのUSBポートがつかなかったんですかねえ?」とMicrosoftのご担当者に聞いてみたところ、「Type-CからType-Aへの変換アダプターは発売します。でもSurface Dock以外のハブ類は発売の予定がないんです(つまり社外品を使うしかないということ)」とのことでした。

また、この製品の充電はSurface Connectという端子を使いますが、USB Type-Cからの充電も可能とのことでした。ただし、急速充電はSurface Connectのみ対応します。

Microsoft Surface GO 実機
Surface Penの筆圧は「4,096段階」で、傾き検知にも対応するのですが、すべてのSurfaceシリーズでフル機能が使えるわけではありません。「Surface Goではどうなの?」ということが気になっていて、ご担当者に質問したところ「4,096段階で傾き検知にも対応します」とのことでした。これで絵描きさんも安心、というところでしょうか。

ただし、Surface GoのCPUはPentium Gold 4415Yで、このCPUと内蔵グラフィックでどこまでの手書き入力ができるのか?という点については明確なご回答はいただけませんでした。というか、使うソフトウェアにもよるでしょうし、描く人の「作風」にもよるでしょうから、明確に答えろ、と言っても無理でしょうね…。ただし、ご担当者の口頭レベルの説明だと「Surface Pro 3のCore i5(Core i5-4300Uです)くらいの実力はありますよ」とのことでした。

で、少し手書き入力をさせてもらったのですが、「こんな短時間で落書きして性能を値踏みできるわけないがな」ということです。描き味はSurface Proと変わらず、素晴らしいと思いましたけどね。

2.価格

Microsoft Surface GO 実機
Microsoft Surface GoはMicrosoftストアで7月12日から予約注文を受け付けており、8月28日出荷開始となります。価格は下記のとおりです。

4GB/64GB: 69,984円
8GB/128GB: 89,424円
タイプカバー(ブラック): 12,744円
タイプカバー(Signature): 16,632円
Surfaceペン: 12,744円
※すべて税込み価格

本体価格で「あれ?399ドルからじゃないの?」って思ってしまいますが、事前の予想通り、「Office Home & Business 2016」が付属するため、本体価格が高くなってしまいました。ということで、「4GB/64GBモデル + ブラックタイプカバー」だと82,728円、「8GB/128GBモデル + Signatureタイプカバー + Surfaceペン」だと118,800円となります。

この記事を書く前にTwitterのタイムラインを見ていたら、この価格は割とディスられてましたね。ただし、価格の根拠みたいなのはディスっている人たちも理解していて、「なぜOfficeなしのモデルを設定してくれないんだ!」という趣旨のものが多かったです。一応法人モデルだと「Pro版OS/Officeなし」で税抜き52,800円から、教育機関向けが税抜き47,800円から、というのがあるんですけど、これは法人もしくはリアルな教育機関でないと買えないようです。

Surface Goはメインで使うモバイルノートとしても十分実用的なので、どうせOfficeは必要でしょ?という考え方もあるんでしょうけど、Officeなしのモデルもあってよかったかな、と思います。そうすればタイプカバー込みで6万円くらいから買えたんでしょうし。

これまで何度も個人的見解として「この製品は10インチタブレット市場活性化の呼び水になるのでは?」ということを書いてきていますので、日本での価格は妥当ではあると思いますが、できればもう少し選択肢を用意してもらいたかったなあ、とは思います。

3.関連リンク(Microsoft)

Surface Go
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    かつてzenfoneがおま値で売り出され、
    その後、徐々にシェアを失ったように、
    こういう価格設定はユーザーを敵に回す。

  2. 匿名 より:

    Office付けてもいいけど自社製品バンドルして2万円も価格上げるなよといいたい。がっつりOfficeでも儲けてるじゃん。コンセプトがiPod対抗の低価格デバイスじゃ無いのか?

  3. 匿名 より:

    type-cで充電できるのは嬉しい
    発売して半年もすれば投げ売り価格になるだろうから楽しみ

  4. 匿名 より:

    どうしても欲しい場合は海外から輸入した方が良さそうですね。

  5. 匿名 より:

    一般消費者にはOffice抱き合わせ販売のみって、これ公正取引委員会が問題視するような販売行為ですね。

  6. 匿名 より:

    値段が高い安いの問題ではなくて、日本だけこんな売り方になった不公平感がdisの原因だと思います

  7. ZMK より:

    Office365のライセンスを持っているユーザーのことも少しは考えて欲しいです。

  8. alpha より:

    office無し個人で購入できるならいいんだろうけどな…

  9. 11L より:

    評判悪すぎて、MSが焦ってoffice無しモデルを追加して来る事に期待。

  10. 匿名 より:

    こういう時にちょーちんきじ書くサイトかどうかってことがすぐバレますなw

  11. なお より:

    マイクロソフトは、現状のWinタブレット熱が冷めてしまってるのをまず認識するべきであって、自分だけ売り抜けようとかアホな考えをしないことですな
    (タブレットプレインストールのライセンス料をCPUで差別しないで下げなさい)

    日本版は、元が399ドルの機種だとわかってて、だれが買うの…
    タイプカバーもほぼ必須なのに

  12. 匿名 より:

    自演コメ多すぎw

  13. 匿名 より:

    amazon.comでOffice無しを日本へshipping出来るみたい

  14. 匿名 より:

    Office365を推しながらOfficeあり強制というのはチグハグな印象しかないですね。ストレージ64GBの低速eMMCかつタイプカバー無しでも最低7万、
    カバーをつけてノートと同様の使い勝手にするには8万超というのはやはり高すぎます。

  15. 匿名 より:

    >匿名さん

    Amazoncomから海外輸入品は技適が入ってないようなので
    日本では法律上使用できないようです。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑