Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 8 - ThinkPadモバイルのフラッグシップ機がニューモデルに!キープコンセプトながら、「やっぱり欲しい!」


Lenovo(レノボ)は5月26日にThinkPadシリーズのニューモデルを発表しましたが、今回はその中から14インチのフラッグシップモバイルノート「ThinkPad X1 Carbon Gen 8」をご紹介します。その名の通りThinkPad X1 Carbon の第8世代機で、2019年11月にウインタブで実機レビューをしたX1 Carbon(2019、Gen 7)の後継機種になります。
Lenovo ThinkPad X1 Carbon (2019) レビュー - なにこれ軽い!でも安心のThinkPadクオリティ。これがThinkPadのフラッグシップ・モバイルノート!(実機レビュー)

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 8
ThinkPad シリーズには直販モデルと量販店モデルが存在します。今回は直販モデルをメインに紹介します。CPUに開発コードネーム「Comet Lake(コメットレイク)」と呼ばれる第10世代Coreプロセッサーを搭載し、Core i5とCore i7を選べます。また、法人などの組織でのPC一元管理に役立つvProに対応するCore i5-10310U/Core i7-10610Uもラインナップされますが、価格がかなり高くなってしまいますので、個人利用の場合は積極的に選択する必要はないと思います。

GPUはCPU内蔵(Intel UHD Graphics)で、GeForceやRadeonといった外部GPUの設定はありません。軽量ビジネスPCで3Dをグリグリ動かそうということもあまりないと思いますので、ここは問題ないでしょう。

RAMはLPDDR3 2133MHzの8GBと16GBが選択可能です。購入後の増設ができない(オンボード)機種のため購入時点で用途に合わせた選択をすることが重要になりますね。ストレージは最小で256GB、最大で2TBのSSDが選べます。

ディスプレイは14インチ、IPS液晶でフルHD(1920 x 1080・光沢なし)・WQHD(2560×1440・光沢なし)・UHD(4K・3840×2160・光沢あり)から選べます。FHD解像度のものはタッチ対応するものも選択可能です。また、カスタマイズで のぞき見を防止するThinkPad Privacy Guard 機能も搭載できます。なお、ディスプレイに関してはベースモデルによって選択範囲が異なりますので、ご注意ください。

通信はWi-Fi 6(ax規格)に対応するようになりました。またLTEモジュールも装備可能なので、出先での通信が多い場合は選択する手もありますが、標準価格で+22,000円(割引が受けられるので、実際にはもう少し安くなります)するので、その分をスマホやモバイルWi-Fiルーターを高機能なものにする資金とするのもアリですね。

2.筐体


筐体ですが、従来モデルと全くの同サイズです。323 x 217 x 14.95 mmで、厚みが1.5cmを切るというのは ThinkPad としてはかなりの薄型です。重量も1.09kgでThinkPadシリーズでは最軽量です。


従来モデルではThinkPadのロゴと X1 のロゴが対角線上に置かれていましたが、今モデルは左上にまとまりました。本体素材にカーボンファイバーを用いています。UHD(4K)モデルでは「カーボン柄」というカーボンファイバーの繊維が見える(実際には繊維をイメージした、ということかもしれません)天板が選択できます。上の画像では手前がカーボン柄、奥がブラック・ペイント・カーボン(標準のもの)です。

筐体については2019年11月の従来モデルの実機レビューが参考になると思いますので、詳しくはそちらをご覧ください。

スポンサーリンク


キーボードです。ThinkPadでは典型的な6列キーボードの4列目と5列目の間にスティック型のトラックポイントが設置されています。このあたりは ThinkPad といえばコレ、というところでもあるので変わっていないことが重要、といったところです。日本語キーボード以外にも英語キーボードの選択が可能です。


変更点として、F10に通話の受話、F11に終話のファンクションキーが設置されたことが挙げられます。オンライン会議やミーティングが増えてきていますので、このあたりを歓迎する人も多いでしょう。


主に左側面に多くの端子が設置されています。右側にもUSB Type-A のポートがあるので使い勝手は良さそうです。電源はType-C端子と共用です。4~6の端子には別売りのドッキングステーションを接続することで端子の拡張が可能になります。


ドッキングステーションにはベーシック、プロ、ウルトラ3種類があります(写真はウルトラ ドッキングステーション)。さすが専用というだけあって、本体にぴったりと付けられるのは魅力です。

3.価格など

ThinkPad X1 Carbon Gen 8はLenovo直販サイトで販売中で、6月3日時点、税込み181,720円から購入が可能です。なお、ThinkPadシリーズは夜間(ナイトクーポン)や週末(土日祝、週末クーポン)でもう一段価格が下がりますので、すぐに購入するのではなく、時間帯や曜日を変えて、何度か価格をチェックしてみることをおすすめします。

ビジネス用のモバイル機にどこまで性能を求めるか、予算をどれくらいにするか、という基準は人それぞれです。私からのおすすめ構成としては「ThinkPad X1 Carbon:プレミアム WQHD搭載」 を選んで Core i7-10510U、メモリ16GB、SSD 256GB、WQHD液晶、720p HDカメラ、イーサネットアダプターおよびグラフィックスアダプターなし、65W ACアダプター で 211,750円(税込・送料込、6月3日現在の価格)、こんな感じです。

ThinkPad ユーザーだけでなくパソコンユーザーの憧れの機種、ThinkPad X1 Carbon Gen 8 のWQHD液晶モデルが21万円(私の希望するモデルの場合です)で購入できるのはとても魅力的です。私も調べれば調べるほど欲しくなり、定額給付金にプラスして買うか?という誘惑に負けそうです。

ThinkPad ではおなじみの堅牢性と X1 Carbon の軽量性は究極のビジネスPCを探している方にピッタリです。質感も含めて満足度が高い製品に仕上がっていますので、ThinkPad 好きでもそうでない方にもおすすめしたい逸品です。

4.リンク

X1 Carbon Gen 8

スポンサーリンク