Lenovo ThinkPad A485 - AMD Ryzen PROを搭載する14インチのThinkPadが登場!でもThinkPadデザインは不変

Lenovo ThinkPad A485
Lenovo ThinkPadには「Aシリーズ」というのがありまして、AシリーズにはAMD製のCPU(APU)が搭載されています。AMDの最新高性能CPUである「Ryzen」は徐々に日本向けのノートPCにも採用され始めていますが、ついにThinkPad AシリーズにもRyzenモデルが登場しました!ビジネスマシンであるThinkPadらしく、ビジネス向けの「Ryzen PRO」が搭載されています。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo ThinkPad A485
ThinkPadシリーズの多くがそうであるように、このA485もOS、CPU、RAM、ストレージ、ディスプレイなど、非常に多くの構成をカスタマイズ可能です。個人的には「BTO」を謳うメーカー製品よりもThinkPadのほうが数段カスタマイズ余地が大きいのではないか、と思っています。

OSはHome版もしくはPro版を選べ、CPUは「Ryzen PRO」シリーズの3つの型番を選択可能です。Ryzen PROはビジネス向けのCPUで、セキュリティ機能や安定性(信頼性)、そしてパフォーマンスが向上しているとのことですが、すみません、具体的な新機能については私もよくわかっていません。AMDのWebサイトにある動画を確認してみましたが、具体的に何ができるのか、という言及はありませんでした。

これがAMDの紹介動画です。

動画は英語ですが比較的わかりやすい内容でした。でも結局のところ

Ryzen PROの特徴
「SECURITY」「RELIABILITY」「PERFORMANCE」の3つが強化されている、ということですね。

ちなみに、Passmarkが公表しているベンチマークスコアで「Ryzen 5 2500U」と「Ryzen 5 PRO 2500U」のものがありましたので、ご参考までに掲載します。

Ryzen 5 2500U: 7,599
Ryzen 5 PRO 2500U: 9,259
※7月20日現在のPassmark公表値

あくまで参考データではありますが、ずいぶん高性能化しているような…。

Ryzenの話はこれくらいにして、他のスペックを見てみます。RAMは4GBから32GBまで増設が可能で、ストレージも500GB HDDからSSD + SSDのデュアル構成まで、予算とニーズに合わせて非常に多彩なカスタマイズができます。さらにディスプレイも14インチでHD解像度のTN液晶から、FHD解像度、タッチ対応のIPS液晶まで選択ができます。個人利用ならFHDのIPS液晶がいいと思います。

この製品、基本的に従来モデルの「A475」とほとんど同じ外観なのですが、入出力ポートのみ一部変更になっています。A475は「USB Type-C × 1、USB × 3」という構成なのに対し、A485は「USB Type-C × 2、USB × 2」に変更されています。これはThinkPad用のドッキングステーションがUSB Type-Cポート2つを使って接続する仕組みになっているのに対応します。

サイズのほうは14インチとしてはちょっと大きめかもしれません。正確に言うと大きめなのではなく、「モバイル利用には微妙」ということです。1.65 kgでしょ?モバイル利用不可ではありませんが、ちょっと重いですよね。また、タテヨコサイズも決して大きすぎることはないですが、13.3インチのモバイルノートと比較すると、どうしても「一回り大きい」という感じになってしまいます。

それと、この製品はバッテリーを筐体前部と後部に2つ搭載できるようになっていて、後部のバッテリーは着脱式で注文時に3種類(24Wh/48Wh/72Wh)の容量を選べますので、どのバッテリーにするかによって重量も結構変わるはずです。1.65 kgというのは最小サイズの後部バッテリーを搭載した場合のものです。

スポンサーリンク

2.筐体

Lenovo ThinkPad A485
Lenovo ThinkPad A485
これは説明が厳しい…。従来モデルのA475とほとんど見分けがつかない(全くの同寸です)上、そもそもThinkPadシリーズはみんな同じデザインなので、A485ならでは、というところを探すのが厳しいところ…。特に天板側から見るとThinkPadユーザーだって型番を見抜くのは無理だろうと思います。

ただ、言い換えればビジネスマシンとして「一定の完成度」のあるデザインだということになるでしょう。当然ですが、筐体の堅牢性は抜群です。

Lenovo ThinkPad A485
キーボードです。14インチサイズなので、テンキーはありません。また、この画像を見るとパームレスト部分がやや狭く感じられると思います。ThinkPadのキーボードはキートップのサイズにせよキーピッチ(上下左右)にせよ、フルサイズになっていますので、打鍵も非常にしやすくなります。

また、トレードマークのトラックポイント(赤デベソ)もありますね。というかこれがなければThinkPadじゃないんで…。この画像では右端に指紋センサーが見えますが、これはカスタマイズで装備可能です。

Lenovo ThinkPad A485
ちょっと変化のあった側面のポート構成です。上にも書きましたがこの製品は従来モデルのA475と全くの同寸なので、基本的に同一筐体だと言えますが、ポートの構成は変わっています。あと、細かい話ですが、DC-INの形状も変わっていますね。筐体の厚みは19.95 mmということなので、モバイルノートとして考えた場合、やや厚いです。

3.価格など

Lenovo ThinkPad A485はLenovo直販サイトで販売中で、7月21日現在の価格は税込み88,387円から、となっています(この価格は週末セール価格となります)。ただ、これだとRAM4GBにTNディスプレイ、HDDストレージとなりますので、少しカスタマイズしてみました。「Ryzen 3 Pro/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」で104,328円となりましたので、週末のセールを利用する場合、個人向けの構成は実質10万円ちょっとくらいから、ということになると思います。だって、個人利用の場合、せっかくのRyzenにHDDとかTNディスプレイって、選ばないですよね?

AMDのRyzenを搭載する製品は各社とも少しずつ増えています。また、まだ発売されていませんが、12.5インチでRyzenを搭載する「A285」も近日中に登場するはずです。従来の「CPUはIntel」という固定概念を早めに払拭しておかなくては、と思います。

4.関連リンク

ThinkPad A485:Lenovo直販サイト

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP スペシャルクーポン
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑