Kubb - フランス発のキューブ型PC。デスクまわりがオシャレになる!?

Kubb
えーと、皆さん、あのソニーがクラウドファンディングサイトを運営しているって知ってました?私は知りませんでした。「First Flight」というサイトなんですけど、ソニーっぽいともソニーっぽくないとも言えるような感じです。ただ、ソニーが目利きするクラウドファンディングサイトなのであれば、ウインタブとしても今後注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

さて本題です。そのFirst Flightでクラウドファンディングが開始されたキューブ型のミニデスクトップPC「Kubb」をご紹介します。「おフランス」製です。

1.スペック

Kubb
これがスペック表です。これだけ見ると「ちょっと大きめのミニPC(あるいはNUC)」という感じですね。CPUのCore i3-8109UとCore i5-8259Uは第8世代ながら開発コードネームがCoffee Lakeのモバイル用CPUです。性能はWhisley Lake(これも第8世代)のCore i3やCore i5よりもワンランク上のようで、内蔵GPUもIntel UHD Graphicsではなく、Irisです。

Core i3-8109U: 4,658
Core i3-8145U: 4,113
Core i3-10110U: 4,337
Core i5-8259U: 8,543
Core i5-8265U: 6,601
Core i5-10210U: 7,001
※3月24日現在のPassmark公表値

このように、第8世代のCore i3-8145UやCore i5-8265Uのみならず、第10世代(Comet Lake)のCore i3-10110UやCore i5-10210Uよりもベンチマークスコアが高くなっています。

RAMは8GB、ストレージは256GBですが、別に2.5インチのSATAドライブベイがあり、ストレージの増設が可能です。なお、ストレージ増設に関しては「SSD/HDを増設しても保証対象外とはなりませんが、外部ケースを取り外したことによるお客様起因の故障については保証対象外となります。」という但し書きがありました。要するに、中を開けても保証が切れたりはしないが、不注意で筐体を破損させたり、関係ないコードを切ったりしたぶんは保証しないよ、ということですね。

また、この製品はデスクトップPCのジャンルとなりますが、Wi-FiやBluetoothは標準で装備されています。Wi-Fi6には対応しません。また、入出力ポートも数としては十分なものになっていると言えますが、イヤホンジャックがないとかSDカードリーダーがないとか、少し不満なところもあります。

それと、一応「4Kトリプルディスプレイ」に対応するとのことですが、映像出力ポートがHDMIとThunderbolt 3の2つしかありません。なので、トリプルディスプレイを実現するためにはThunderbolt用のアダプター(複数ディスプレイを接続できるもの)が必要になります。

2.筐体と価格

Kubb
基本これですw ただの四角ですね。12センチ四方の立方体で、背面を除き「なにもありません」。

スポンサーリンク

Kubb
背面の拡大図もありました。入出力ポートはすべてこの面に集約され、Wi-Fi用のアンテナもあります。この製品、有線LANポートもありますが、Wi-Fiで使うんでしょうね、きっと。

Kubb
これが基本モデルで「Kubb Essential」といいます。この画像はきれいなピンクですが、下にある小さい四角の数のカラーバリエーションがあります。このモデルの「超早割価格」はCore i3が64,980円、Core i5が74,980円(いずれも税込み)です。おフランス製(しつこい)の割にはそんなに高くないと感じます。

Kubb
Kubbは「オリジナルロゴプリント」もしてくれます。モデル名は「Kubb Essential (オリジナルロゴ入り)」で、Core i5のみの設定で「超早割価格」は84,980円(税込み)です。ロゴを入れてオフィスに置くとカッコいいでしょうね。

Kubb
こちらは「Wood Kubb」です。その名の通り木製ケースが使われていて、ケースの製作もおフランス(すいません、もうやめます)です。また、画像下の四角にある3種類の色から選べます。こちらの「超早割価格」はCore i3が74,980円、Core i5が84,980円(いずれも税込み)です。

Kubb
そしてこれが「Kubb Premium」。「燕三条で生まれた特別な玉虫色に光るケース」が使われていて、ケースはステンレス製、ケースの製作は日本企業です。このモデルはCore i5のみの設定で「超早割価格」は99,980円(税込み)です。

3.まとめ

いかがでしょう?スペック面ではちょっと珍しいCore i3やCore i5が搭載されるとはいえ、特に強い特徴は感じられません。しかし、このキューブ型のデザインは面白いと思います。背面を除き見事に「なにもない」デザインですから、使う人のセンスが重要になってくるのかもしれません。

と、ここで自分のデスク周りを見てみたら、スナック菓子の空袋はあるわ、飲みかけのお茶はあるわ、PCのケーブル類はぐちゃーっとしてるわで、とてもオシャレとはいいがたい状態です。私がこの製品をカッコよく使いこなすのは10年早いですね。

4.関連リンク

ミニデスクトップPC Kubb:First Flight

スポンサーリンク

コメント

  1. Wint より:

    フランス発でもgooのスマホは中国資本だった気がするのですが、こちらのおフランス発はその様なコトは無いのでしょうか。

  2. wintab より:

    資本についてはよくわかりませんが、「独立PCメーカー」という説明があり、フランスのトゥールーズで生産されているということなので、それでいいことにしておきましょう。