Jumper EZBook X4 Pro - 旧世代のCore i3を搭載し、高性能と低価格をねらった14.1インチモバイルノート

公開日: : 輸入製品 ,

Jumper EZBook X4 Pro
中国メーカー「Jumper(中柏)」の14.1インチモバイルノート「EZBook X4 Pro」を紹介します。ウインタブでは以前この製品とよく似た名称の「EZBook X4」を実機レビューしていますが、筐体は別物になっていますし、断然パワフルになっています。また、スペックから見た価格も「中華らしい」といいますか、かなり割安感があります。

スポンサーリンク
4月28日追記:公開当初、CPUをCore i5であると記載していましたが、実際はCore i3でした。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。以下の記載内容については訂正済みです

 

1.スペック

Jumper EZBook X4 Pro
この製品のCPUはCore i3です。と言ってもWhiskey LakeやKaby Lakeではなく、Broadwell(第5世代)のCore i3-5005Uなので、性能面では最新モデルのCore i3-8130UやCore i3-8145Uよりもかなり見劣りします。Passmarkの公表値を比較すると、

Core i3-5005U: 2,904
Core i3-8145U: 4,836
Core i3-8130U: 5,070
Celeron N4100: 2,322
※4月27日現在のPassmark公表値

このように、今となってはCore i3というよりは「Celeronをワンランク高性能にしたもの」くらいの実力のようです。ただし、そのぶん製品価格は低く抑えられていますので、旧世代のCore iプロセッサーをうまく活用するというのは悪いアイデアではないでしょう。

RAMは8GB、ストレージは256GB SSDです。他のJumper製品と同じように、底面にM.2 スロットを装備していますが、空きスロットなのか標準の256GB SSDが入っているのか不明です。EZBook X4のレビューの際は、このスロットにはすでにSSDが入っていました。また、Teclast F7 Plusも同様で、あらかじめこのスロットにSSDを搭載していました。ということで、X4 Proに関してもこのM.2スロットはすでにふさがっているものと考え、「増設」はできないが、「換装」はできると考えるのが安全かと思います。

ディスプレイは14.1インチのFHD解像度ですが、IPSという説明はありませんでした。また、EZBook X4の液晶はTNでしたし、他のJumper EZBookシリーズもTN液晶が使われているケースが多いので、この製品の液晶もTNの可能性があります。IPSならラッキー、と考えるべきかと思います。

入出力ポートは割と充実しています。フルサイズ(Type-A)USBが2つのほか、Type-Cもありますし、独立したDC-INがついていますので、充電時にType-Cポートが使えないということもありません。HDMIもmini規格ではありますが装備されていますね。

サイズのほう、EZBook X4と比較してみます。

EZBook X4 Pro:322 x 217 x 14.9 mm / 1.4 kg
EZBook X4:332 × 222 × 13.7 mm / 1.3 kg

このように、明らかにX4とはサイズが異なります。必ずしも全てにおいて小さくなったとは言えず、重量も若干重くなりましたが、横幅を1センチ小さくした、というのはデザイン面でもかなりの影響があります。

2.筐体

Jumper EZBook X4 Pro
正面から見たところです。横幅322 mmというのは国内で販売されている上位クラスの14インチノートとほぼ同じですが、このようにベゼル幅がかなり細くなっています。メーカーの説明によれば「(左右のベゼル幅が)およそ6 mm」とのことです。

スポンサーリンク

Jumper EZbook X4 正面
こちらはEZBook X4の画像です。かなり雰囲気が異なっているのがわかると思います。X4 Proではベゼル幅が細くなっただけでなく、ベゼル面がブラックなので、より引き締まったデザインになっています。

Jumper EZBook X4 Pro
天板です。中央にJumperのロゴが入っている、シンプルなものですね。筐体素材はアルミ合金です。

Jumper EZBook X4 Pro
キーボードです。EZBook X4は「バックライトがついている」というのがセールスポイントでしたが、この製品にもバックライトはつきます。メーカー説明ではキートップが少しくぼんだ形状になっていて、より打鍵がしやすくなるような工夫が凝らされているようです。

Jumper EZBook X4 Pro

クリックで拡大します

展開図もありました。底面にM.2 スロットがあるのが確認できると思います。また、左右側面の入出力ポートは、USB Type-Aが左右に1つずつ、Type-Cは左側面に配置されます。HDMIも左側面で、メーカー説明だとmicro規格となっていましたが、どう見てもmini規格です。

3.価格など

Jumper EZBook X4 Proは中国の通販サイト各社で販売中で、4月28日の価格はgeekbuyingが425.99ドル(49,106円)で最も安いのですが、送料が23.26ドル(2,681円)かかりますので、実質的にはBanggoodの439.99ドル(50,149円)が最安値と言えます。最近は中華ノートの価格も上昇傾向にあり、Celeron N4100を搭載するモバイルノートが300ドル台半ばくらいになっていますので、それを考慮すると、Core i3/RAM8GB/256GB SSDの製品としては十分安いと言えます。

中国のノートPCもどんどん品質が向上していて、以前のように「品質は不安だけど激安」という感じでもなくなってきました。EZBookシリーズに関しても筐体品質は非常に高くなっていますし、「すぐに壊れる」ような気もしません。また、旧世代のCore iプロセッサーを採用し、Celeronに対して性能面でアドバンテージを稼ぎつつ価格を抑えるという試みも面白いと思います。

4.関連リンク

Jumper EZBook X4 Pro:Banggood
Jumper EZBook X4 Pro:geekbuying

Comment

  1. 匿名 より:

    i3-5005U

  2. 匿名 より:

    5005uはi3ですよ

  3. wintab より:

    大変申し訳ありませんでした。またご指摘に感謝いたします。記事の方は訂正させていただきました。

  4. 匿名 より:

    画像のスペック表も修正が必要ではないでしょうか

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑