DELL Inspiron 15 5000(5583)- 15.6インチスタンダードノート、Whiskey LakeにGeForce搭載の高性能モデルもあります

公開日: : 最終更新日:2019/05/14 DELL , ,

DELL Inspiron 15 5000(5583)
DELLが15.6インチスタンダードノート「Inspiron 15 5000」をリニューアルしました。DELLのInspironブランドはエントリークラスからハイエンドクラスまで非常にワイドなバリエーション展開をしていて、枝番の「5000」というのは「中位クラス」を意味します。4月7日現在で「Inspiron 15(クラムシェル)」には「3000(5000の下位)」と「5000」があり、最上位となる「7000」という枝番はありません。ちなみに「Inspiron 15 3000」も2月にリニューアルされたばかりなので、購入される場合は「3000」と「5000」の製品情報をにらめっこして…という感じになると思います。

スポンサーリンク

1.スペック

DELL Inspiron 15 5000(5583)
CPUはWhiskey LakeのCore i3/Core i5/Core i7が設定されています。この製品はBTOではなく、注文時に構成のカスタマイズ余地がほとんどありません。なので、CPUを選ぶとGPU、RAM、ストレージ構成も決まってしまいます。

スタンダード:Core i3/RAM4GB/1TB HDD
プレミアム:Core i5/RAM8GB/1TB HDD
プレミアム:Core i5/GeForceMX130/RAM8GB/256GB SSD
プラチナ:Core i7/RAM8GB/128GB SSD+1TB HDD
プラチナ:Copre i7/GeForce MX130/RAM8GB/128GB SSD+1TB HDD

このように、選べる構成は5種類です。外部GPUは従来モデルだとAMD Radeon 530でしたが、今回のリニューアルでGeForce MX130に変更されています。ただ、GeForceとはいえ、MXシリーズはもっぱらオンラインゲームをする、という用途の場合は少しばかり非力なので、ゲーム目的で購入すべき製品ではないと言えます。

個人的に少し残念に思うのがCore i3+SSDという組み合わせを選べないことですね。Whiskey LakeのCore i3はかなりパフォーマンスが高く、製品価格も低めなのでウインタブとしてはおすすめしたいCPUなのですが、ストレージがHDDという時点で挙動のサクサク感がかなり失われてしまいます。いつも書いていることですが、パーソナル用途で7万円台とか10万円台とかのノートPCを購入するのであれば「絶対にSSD」にしたいところです。

ディスプレイは15.6インチ、FHD解像度ですが、IPSなのかTNなのかは開示されていません。また、この製品はクラムシェルノートということもあり、タッチ対応もしません。入出力ポートは15.6インチスタンダードノートとしては標準的と言っていいでしょう。ただし、メーカーサイトによれば、「USB Type-CはGeForce搭載モデルのみに装備」ということなので、この点だけは注意してください。

サイズは特に絞り込まれてはいません。というか、昨今の15.6インチとしてはむしろ大きめと言えます。タテ・ヨコに関しては従来モデルとほぼ同一、重量も数十グラム軽くなった程度なので、サイズ感としては従来モデルと同じと考えていいですし、「普通の15.6インチ」と理解しても大丈夫です。

スポンサーリンク

2.筐体

DELL Inspiron 15 5000(5583)
サイズが小さいわけではないので、正面から見ると「どっしり」ですかね…。ベゼル幅も太めですし。

DELL Inspiron 15 5000(5583)
天板です。ここも特に個性的なものではなく、普通のノートPCという感じです。筐体色は「ブラック」と「シルバー」を選べますが、従来モデルでは(少なくとも発売時には)「全5色から選べる」ようになっていて、「ゴールド」とか「ブルー」の設定もあったのですが、ニューモデルではこの辺が簡素化されています。筐体素材は不明ですが、おそらくプラスティック製と思われます。

DELL Inspiron 15 5000(5583)
画像が斜めになっていてすみません。キーボードです。画像は英語配列になっていますが、日本使用は「日本語 非 バックライト キーボード」となります。テンキーも装備され、キーピッチなどにもゆとりがありそうですね。また、右上の電源ボタンは指紋センサーも兼ねています。

DELL Inspiron 15 5000(5583)

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。「1.SDカードリーダー、2.USB 2.0、3.光学ドライブ、4.セキュリティロックスロット、5.DC-IN、6.USB 3.1 Gen 1 Type-C、7.HDMI、8.LAN(RJ45)、9.USB 3.1 Gen1 Type-A × 2、10.オーディオジャック」となります。

3.価格など

DELL Inspiron 15 5000(5583)はDELL公式サイトで販売中で、4月7日現在の価格は58,633円(63,323円)から106,233円(税込み114,731円、いずれもセール価格です)となっています。なお、最上位となる106,233円のモデルはCore i7/GeForce MX130/RAM8GB/128GB SSD+1TB HDDにOffice Personal 2019が付属します。

最低価格が6万円を切るというのは魅力ですが、記事中にも触れたとおり、RAMが4GB、ストレージがHDDになってしまいますので、ウインタブとしてはSSD搭載モデルをおすすめしたいところです。15.6インチのスタンダードなノートPCで、派手さはないものの、セール価格は割安と感じられますので、購入検討の価値は大きいのでは?と思います。

4.関連リンク(DELL)

Inspiron 15 5000(5583) (2019年4月5日発売)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑