ASUS TUF Gaming FX504 - 戦闘服にもスーツにも!?15.6インチで手頃な価格のゲーミングノート

公開日: : ASUS , ,

ASUS TUF Gaming FX504
ASUSは15.6インチゲーミングノート「TUF Gaming FX504」を発表しました。ASUSのゲーミングPCブランドは「ROG(Republic of Gamers)」ですが、この製品はROGブランドは使われていません。そして、比較的購入しやすい価格になっています。ちなみに「TUF」というのは「The Ultimate Force」の略で、高耐久性の製品に使われる名称です。

スポンサーリンク

記事タイトルにある「戦闘服にもスーツにも」というのはASUSの製品ページから引用したもので「自分がゲーマーだと世の中に示すにも、プロフェッショナルな姿で仕事に臨むにも、ASUS TUF Gaming FX504はスタイリッシュかつ特徴的なデザインで、存在感を主張します。」とのことです。最近のPC利用シーンはゲーム以外の場面でもグラフィック性能が重視される機会が増えていると思います。なので、個人的にはゲーミングノートをビジネス用のスタンダードノートとして使うのも全然あり、と考えています。

1.スペック

ASUS TUF Gaming FX504
この製品は2つのバリエーションモデルがあり、構成が若干異なります。

FX504GD-I5G1050: Core i5-8300H/GTX1050(2GB)
FX504GD-I7G1050: Core i7-8750H/GTX1050(4GB)

主要部品としての相違点はCPUの型番とGTX1050のVRAM容量のみです。RAMは8GBで固定、ストレージは128GB + 1TB SSDで固定となります。CPUはCore i5、i7ともCoffee Lake世代の6コアモデルで、先日レビューした「ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E」での経験を踏まえると、「GTX1050ならCoffee LakeのCore i5のほうがバランスがいいのでは?」と思いますね。「戦闘服(ゲーマーという意味です)」の人はそもそもGTX1050だと物足りない、という人がいるかもしれませんが、「スーツ(ビジネスユーザーという意味です)」のほうの人ならCore i5モデルのほうが向くかも。価格も全然違ってきますし、RAMとストレージの構成も変わりませんし。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度となります。海外モデルだとリフレッシュレート120 Hzになっているようなのですが、海外モデルではGPUにGTX1060を搭載するモデルもあり、日本仕様とは異なるようなので、この製品のディスプレイ詳細仕様についてはなんとも言えません。

入出力ポートはスタンダードノートとしてみればやや不足、ゲーミングノートとしてみればかなり不足、と感じます。ゲーミングノートの場合、映像出力系のポートを2つから3つ装備するのが普通ですが、この製品にはHDMIポートが1つだけです。外部ディスプレイを使わないか、あるいは1つだけ使う、という場合なら問題ないですけどね。

一応「スーツ」な人のために説明しておきますと、この製品はCore i5だとバッテリー稼働時間が5.9時間、Core i7モデルだと4.3時間と、かなり大きな差があります。ゲーミングノートの場合、バッテリー駆動でゲームをやってしまうとあっというまにバッテリーがなくなってしまうので、基本的に「電源必須」ですが、ビジネス利用の場合、Core i5とi7の稼働時間の差はちょっと注意しておきたいところです。

2.筐体

ASUS TUF Gaming FX504
戦闘服モードです。

ASUS TUF Gaming FX504
こちらがスーツモード。…というのは冗談ですが、この製品は天板とキーボード面にかなり派手なイルミネーションがあります…と思ったらそれも違ってまして、この赤い模様はイルミネーションではなく、ただの模様のようです。日本向けに販売される「FX504GD」というモデルは「赤い模様なし(上の2枚の天板画像のうちの下側)」となります。また、筐体素材はプラスティックで、天板にはブラシ加工が施されています。

スポンサーリンク

ASUS TUF Gaming FX504
正面から見たところです。この画像でもキーボード面に赤い模様が入っていますが、日本仕様にはそれもありません。

ASUS TUF Gaming FX504
これがキーボード。バックライトは赤ですが、模様はかなり控えめになっています。注意したいのはこの製品は日本仕様でも「100キー英語キーボード」となる、という点です。

また、このキーボードは「オーバーストローク」仕様で、キーストロークは1.8 mmですが、アクチエーションポイント(キー入力を認識する深さ)を越えて押し込むことができ、それによって長時間のタイピングが楽になるとのことです。

もともと「TUF」という製品ブランドは「タフネスさ」がセールスポイントになっていて、このキーボードも2,000万回もの打鍵寿命を誇ります。

ASUS TUF Gaming FX504
冷却ファンは2つ装備され、「アンチダストトンネル」という、埃やごみが強制的に排出される構造になっています。なんか掃除機みたいですね。また、ファンは「WASDキーグループエリアの下に絶妙な位置で配置」されていて、長時間使用してもキーボードが熱くならないとのことです。

ASUS TUF Gaming FX504
ウインタブ読者から賛否両論ありそうなのが入出力ポートの配置です。「徹底的に左側面に集中」しています。ASUSによれば「インターフェイスへのアクセスをわかりやすくしています」との説明なのですが、非ゲーミング時ならせめてUSBポートは右側面にもひとつくらいはほしいところですね。

3.価格など

ASUS TUF Gaming FX504は7月上旬の発売予定で、ASUS Shopではすでに予約注文を受け付けています。6月28日現在の価格はCore i5モデルが税込み129,384円、Core i7モデルが税込み150,984円です。特にCore i5モデルは比較的購入しやすい価格になっていますし、「TUF」ブランドはタフネスさが魅力、というのもありますので、ビジネス利用も十分視野に入るのではないか、と思います。ただし、GPUがGTX1050しか選べませんので、中上級ゲーマーには少し物足りないかもしれないですね。

記事の冒頭にも書きましたが、ゲーマーではなくとも、この製品のようなハイパフォーマンス機を購入するというのはありだと思います。あとは、どうしてもクセが強くなってしまう筐体デザインが気にいるかどうか、というところでしょうね。

4.関連リンク(ASUS Shop)

TUF Gaming FX504GD(FX504GD-I7G1050)
TUF Gaming FX504GD(FX504GD-I5G1050)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑