ASUS ROG Strix G G531- これがROGシリーズのメインストリーム!15.6インチでビジネスユースも考えられたゲーミングノート

ASUS ROG Strix Gシリーズ
ASUSが6月14日に都内にてイベントを開催し、ゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」の新製品を発表しました。ウインタブもこのイベントに参加させていただき、新製品を見てきましたが、どれも魅力的な製品ばかりでした。発表された製品の中でWeb上で話題になっているが「100万円のゲーミングPC」ですけど、とりあえず先に「ROGのメインストリーム(主力製品という意味合いでこの用語を使っています)」と言えそうな「ROG Strix G G531シリーズ」を紹介します。

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS ROG Strix Gシリーズ
ASUSはBTOメーカーではないので、注文時に構成のカスタマイズはできません。そのせいもあり、この製品は型番(枝番)が非常に多く存在します。

G531GV-I7R2060SCAR:Core i7/RTX2060/16GB/512GB SSD+1TB HDD/144Hzディスプレイ
G531GV-I7R2060HERO:Core i7/RTX2060/16GB/512GB SSD+1TB HDD/144Hzディスプレイ
G531GW-I7R2070:Core i7/RTX2070/16GB/512GB SSD+1TB HDD/120Hzディスプレイ
G531GV-I7R2060:Core i7/RTX2060/16GB/1TB SSD/120Hzディスプレイ
G531GU-I7G1660T:Core i7/GTX1660Ti/16GB/1TB SSD/120Hzディスプレイ
G531GU-I7G1660TK:Core i7/GTX1660Ti/16GB/512GB SSD/120Hzディスプレイ
G531GT-I7G1650:Core i7/GTX1650/16GB/512GB SSD/120Hzディスプレイ
G531GT-I5G1650F:Core i5/GTX1650/8GB/512GB SSD/60Hzディスプレイ
G531GD-I5G1050B:Core i5/GTX1050/8GB/1TB HDD/60Hzディスプレイ

なんかアルファベットと数字がたくさんあってややこしいですが、要するにこの製品はエントリークラスからハイスペッククラスまでを単一の筐体でカバーするワイドバリエーションのモデル展開になっています。一番上の「SCAR」と「HERO」の2機種はASUS Store限定モデルとなり、他のモデルとはいくつかの相違点があります。また、上から6つめの「G531GU-I7G1660TK」というのもASUS Store限定モデルになっていて、おそらくこれが「売れ筋」になりそうなモデルです。

また、注意したいこと、というかウインタブ読者は買わないでね、というのが一番下の「G531GD」です。CPUやGPUは別に文句ありませんけど、ストレージが「1TB HDDのみ」なんですよね。ウインタブでは「しかるべきCPUを搭載するノートPCにストレージがHDDのみの構成」は論外、ということを主張しています。いやね、システムの起動とかアプリの起動なんかがめちゃめちゃ遅くなってしまうんです。このG531GDは税抜きで139,800円と、ダントツに安いんですけど、購入すると後悔する可能性があります。

もうひとつ注意したいのが下から2番目と3番目「G531GT」です。同じGTなんですけど、GPU、RAM、ディスプレイのリフレッシュレートが異なりますので、使用感も大きく変わってしまいます。ただし、BTOメーカー製ではないゲーミングノートとして異例ですが、「G531GT-I5G1650F(下から2番目)」にはMicrosoft Office 2019 Home & Businessが付属します。「ゲーミングノートだからといって、ゲームしかしないわけではない」ですし「主にビジネス用、でもたまにはゲーム用」というニーズの人も少なくないと思われ、それをASUSが考慮した、ということです。

入出力ポートの構成やサイズ感については筐体説明のところで…。

2.筐体

ASUS ROG Strix Gシリーズ
2019年のゲーミングノートのトレンドのひとつとして「ナローベゼル」というのがあります。この画像を見ていただければわかるとおり、G531シリーズもかなりのナローベゼルになっています。サイズを確認しても横幅が360 mmですから、15.6インチノートとしてはコンパクトな部類となります。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
ただし、コンパクトなのは横幅だけです。この画像を見ると、ヒンジが前方についていて、ヒンジ後方にメッシュ状の穴がたくさん開いています。これ「3D Flow Zone」といい、冷却効果を高めるための工夫です。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
発表会で実機を撮影してきました。3D Flow Zoneがよくわかると思います。そんなわけで、この製品、横幅は小さいですが、奥行き(長辺)は結構な大きさになります。また、展示機を確認し、ASUSのスタッフの方にも確認しましたが、筐体素材はプラスティックです。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
続いてキーボードです。この製品は15.6インチサイズですが、テンキーはありません。しかし、ボタンひとつでタッチパッドがテンキーに早変わりします。このギミックも最近のASUS製品にはよく見られるものですね。ただ、業務としてテンキーが必要な人にはあまり使いやすくはないかもしれません。

スポンサーリンク

「93キー日本語キーボード」で、バックライトはRGB(カラフルなもの)になっていて、イルミネーションも可能です。ASUSによればアクチュエーションポイント(キーを押して、入力を認識する深さ)を浅く設定し、素早いタイピングが可能になっているとのことです。もちろん複数キーの同時押し(Nキーロールオーバー)にも対応します。

ASUS ROG Strix Gシリーズ

クリックで拡大します

入出力ポートは背面と左側面に配置されます。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
ただし、配置はちょっと変則的で、右側面には一切ポートが配置されません。この製品を外出先に持ち出したり、頻繁にUSBポートを使ったりする場合はちょっと不便かもしれませんね。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
ROG Strix G531シリーズはBMW Designworks Groupとのコラボによってデザインされています。そのため、随所に「自動車っぽい」デザインが取り入れられていまして、例えばヒンジは「自動車のドア」からヒントを得た「シザードアヒンジ」と呼ばれる構造になっていて、この結果3D Flow Zoneの排気スペースが拡大されています。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
スペック説明のところで「SCAR」と「HERO」は他のモデルと少し違っている、と書きましたが、それについても説明します。まず、キーボード面(パームレスト部分)のデザインが少し異なり、SCARはカーボン調、HEROはヘアライン加工のメタル調になります。ただし、素材はプラスティックです。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
さらに、キーボード面の右側に「Keystone」と呼ばれる「鍵」がついています。SCARとHEROでは内蔵ストレージにシャドウドライブを作成、それを読み書きするための鍵としてKeystoneを使います。

ASUS ROG Strix Gシリーズ
Keystoneはこのようにキーホルダーにセットして持ち歩くこともできます。より高いセキュリティを実現できる機能と言えるでしょう。現状Keystoneを装備するのは「SCAR」と「HERO」のみです。

3.価格など

ASUS ROG Strix Gは6月21日の発売予定ですが、6月18日現在ASUS Shopで一部のモデルを除き予約販売がスタートしています。また、ASUS Store限定モデルとなる「G531GV-I7R2060SCAR」と「G531GV-I7R2060HERO」は他のモデルよりも少し遅れ、SCARが7月中旬、HEROが8月中旬の発売です。

それともうひとつ、やはりASUS Store限定販売となるG531GU-I7G1660TKのみ、面白いキャンペーンを開催中です。この製品はASUS Storeでの予定販売価格が179,800円(税込み194,184円)なのですが、「クーポン事前申し込み」の人数に応じて価格が安くなる、というキャンペーンを開催しています。どのくらいの事前申し込みがあるのかわかりませんが、少なくとも予定販売価格よりはお得に購入ができるチャンスかと思います。また、事前申し込みをすると「ROG Phoneが抽選で10名様にプレゼント」という、非常にうれしいことになる可能性もあります。キャンペーンの詳細についてはこちらをご覧ください。
ROG Strix G G531キャンペーンページicon

ROG Strix G G531シリーズはエントリーゲーマーから上級ゲーマーまでのニーズを満たせるワイドバリエーションのゲーミングノートと言えます。特にASUS Store限定モデルの「SCAR」「HERO」のKeystoneギミックは魅力だと思いますし、GTX1660Tiを搭載したボリュームゾーンのASUS Store限定モデル「G531GU-I7G1660TK」はキャンペーンで価格が安くなると思われますので、これからゲーミングノートの購入を検討している人は注目です。

4.関連リンク

ROG Strix G G531キャンペーンページicon

スポンサーリンク