SONY Xperia 10 V - 購入しやすい価格帯のミッドレンジXperiaもニューモデルに。オーディオ機能も強力です

Xperia 10 V
ソニーがスマートフォン「Xperia 10 V」を発表しました。Xperia 1 Vとは異なり、現時点では国内オープンマーケット版は発表されておらず、キャリアでの取り扱いのみとなります。購入しやすい価格帯のミッドレンジモデルで、ZWISS製レンズやプロ向け写真・動画撮影アプリはありませんが、ほとんどのユーザーが満足できそうなミッドレンジモデルです。

スポンサーリンク

1.Xperia 10 Vスペック

スペック表

   Xperia 10 V
OS Android 13
CPU Qualcomm Snapdragon 695
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.1インチOLED(2,520 x 1,080)
LTEバンド 対応バンド未公開(2023年5月12日現在)
SIM nanoSIM + eSIM
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C、MicroSDカード、3.5mmイヤホンジャック
カメラ イン8MP/アウト48MP + 8MP + 8MP
バッテリー 5,000 mAh
サイズ 155 x 68 x 8.3 mm
重量 159 g

コメント

OSはAndroid 13です。同時発表されたXperia 1 Vと同じく素のAndroidをベースにいくつかソニー独自のアプリがインストールされていますが、「Photography Pro」「Cinematography Pro」などのアプリは非搭載となっています。

CPUは前モデルのXperia 10 IVから変更がなく、Snapdragon 695です。AnTuTu Benchmark v9での総合スコアは38万点程度で、3Dゲームも設定を調整すればプレイできる性能ですが、贅沢を言うのであればよりパワフルなSnapdragon 7 Gen 1/7+ Gen 1にアップデートして欲しかったところです。とはいえSnapdragon 695も優秀なCPUなので、普段使いでパワー不足に感じることはありません。RAMは6GB、内蔵ストレージは128GBで、MicroSDカードによるストレージ拡張もサポートします。

スポンサーリンク

Xperia 10 V ディスプレイ
ディスプレイは6.1インチサイズで、解像度はFHD+(2,520 × 1,080)です。残念ながらリフレッシュレートは60Hz表示にとどまっていますが、ソニーのテレビ「BRAVIA」の映像技術を取り込んだOLED(有機EL)パネルが採用され、美しい画質で画像や動画を楽しめます。また輝度はXperia 10 IVと比較して約1.5倍に向上し、野外でもより見やすくなりました。

Xperia 10 V カメラ
カメラはイン8MP、アウト48MP(メイン) + 8MP(超広角) + 8MP(望遠)です。前述の通りプロ向け撮影アプリは利用できませんが、「プレミアムおまかせモード」により誰でも気軽にきれいな写真を撮影できます。光学式手ぶれ補正も備えています。

Xperia 10 Vではフロントステレオスピーカーを備えています。3.5 mmイヤホンジャックもついていて、Xperia 1 Vと同じく既存の圧縮音源・ストリーミング音源をハイレゾ相当までアップコンバートする「DSEE Ultimate」が利用できます。

Xperia 10 V バッテリー
バッテリー容量は5,000 mAhです。いたわり充電とXperia独自の最適化技術により、3年間使用しても劣化を抑えられる設計になっています。

2.Xperia 10 V筐体

Xperia 10 V 前面
前面です。フラッグシップモデルのXperia 1 Vと共通のデザインで、左右ベゼルも狭くなっています。ミッドレンジモデルながらXperiaらしさは十分感じられ、所有欲を満たしてくれます。

Xperia 10 V
背面です。素材は指紋が付きにくいマット加工が施されています。Xperia 1 Vとは異なり素材はガラスではなくポリカーボネート樹脂ですが、ポップな色合いになっていて使う人を選びません。筐体色は「ブラック」「ラベンダー」「ホワイト」「セージグリーン」の4色です。

3.Xperia 10 V価格など

Xperia 10 Vは7月上旬よりドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、楽天モバイルから販売開始となります。現時点で価格が発表されているのは楽天モバイルのみで、一括価格は72,800円(税込)です。

前モデルのXperia 10 IVと比較するとメインカメラがスペックアップしていますが、それ以外の仕様はCPUやメモリ、バッテリー容量ともに据え置きで大きな変化がなかったのが少し残念に感じられます。フラッグシップモデルのXperia 1 IVと比較すると購入しやすくなっていますが、よりスペックが高いGoogleのPixel 7aが同じ価格帯に存在しており、旧モデルのXperia 10 IVがキャリア割引で安くなってきていることを考えると、(ガジェクラであるかのあゆ的には)積極的にはおすすめしにくい、というのが正直な感想ではあります。

4.関連リンク

Xperia 10 V:ソニー

スポンサーリンク