motorola moto g8 plus - 48MPカメラを搭載し、購入しやすい価格のミッドレンジスマホがモトローラから!

motorola moto g8 plus
モトローラが6.3インチスマホ「moto g8 plus」を発売します。SIMフリー機でミッドレンジの製品ですが、いまどきの新製品らしく、しっかりと48MPカメラを搭載する、コストパフォーマンスに優れたモデルと言えます。モトローラのスマホは四隅が大きくラウンドしていて、個性的なデザインになっていますが、このニューモデルはどうでしょうか。

スポンサーリンク

1.スペック

motorola moto g8 plus
OSはAndroid 9.0で、最新のAndroid 10ではありません。メーカー公表のスペック表には「利用可能な新しいプラットフォームへのアップデートがある場合、ホーム画面上に通知メッセージが表示されます。メッセージの指示に従い、アップデートを実行することでプラットフォームのバージョンを最新にすることができます。製品の生産時期により記載されているプラットフォームより新しいバージョンが搭載されている場合があります。」という記載があり、おそらくAndroid 10にアップデートされるんだろうと思いますが、アップデートが明言されているわけでもないですね…。

CPUはSnapdragon 665で、AntutuスコアはVer.7で14万点程度、Ver.8で17万点程度のようですから、最新の3Dゲームなども含め、ほとんどの操作が問題なくこなせるくらいの実力があると言えます。ハイエンド機との差異は最新のFPSゲームやグラフィックに凝った音ゲーなどを最高画質でプレイする際には感じられると思います(Snapdragon 665だと、ゲームタイトルによっては画質を落としてやる必要があります)。ヘビーゲーマーでなければこのCPUで特に不満は出ないでしょう。

RAMは4GB、ストレージは64GBと、ハイスペック機よりは見劣りしますが、必要十分な容量かと思います。カメラで写真や動画を大量に撮影したり、ゲームアプリをたくさんインストールする場合は少し不足を感じるかもしれないですね。

ディスプレイは6.3インチのIPS液晶で、FHD+(2,280 × 1,080)解像度です。このへんはミッドレンジ機としては標準的な品質と言えるでしょう。

motorola moto g8 plus
カメラはイン側が25MPと高い画素数になっていますし、アウト側は48MPを筆頭に5MP(深度センサー)と16MP(動画+広角)のトリプルレンズになっています。画素数が高けりゃいいってもんじゃない、というのはすでに皆さんご存知かと思いますが、モトローラ製なので画質の方も心配いらないでしょう。というか期待ができます。

スポンサーリンク

バッテリーは4,000 mAhと、国内販売されているスマホとしては大容量と言えますし、付属の充電器「18Wターボパワーチャージャー」を使用すれば「15分で最長8時間分の急送充電」ができます。

2.筐体

motorola moto g8 plus
あれ?なんか普通っぽいぞ…、と思いました。

motorola moto g7 power
これは従来モデルの「g7」です。冒頭にも書きましたが、モトローラのスマホって、四隅のラウンドがかなりきつめで、丸っこいイメージがあったんですよね。このg7もこころなしか丸みが強く感じられるのですが、g8 plusは特に丸っこい、という感じはありません。

すみません、ひとつ上の画像に戻ります。ディスプレイは水滴型ノッチを採用したものになっていますが、もはや特に新しいとか個性的、という感じではないですね。背面はカメラレンズが目立ちます。筐体色は「ポイズンベリー」と「コズミックブルー」の2色で、いずれも美しいグラデーションがかかったものになっています。

背面中央にあるモトローラのロゴ(Mのマーク)は指紋センサーになっています。

motorola moto g8 plus
すみません、縮率がめちゃめちゃですが、上下面と側面の画像です。USBポートはType-Cで、イヤホンジャックが温存されているのがわかります。ボタン類はオーソドックスに右側面に、SIMスロットは左側面に配置されています。

3.価格など

モトローラ moto g8 plusは3月16日の発売予定で、モトローラの公式サイトでは予約販売がスタートしています。2月25日現在の価格は税込み38,800円、「新製品発売記念」として「今だけ(終了日は不明です)」microSDカード128GBがプレゼントされます。

スマホではもっぱらゲーム、という人でなければ特に不満を感じない性能になっていると思いますし、カメラ品質にはかなり期待ができますので、「ミッドレンジ機」として期待を裏切らない製品だと思います。価格のほうも税込みで3万円台後半と、ハイスペック機よりも確実に低く抑えられていて、購入しやすいのも大きな魅力ですね。

4.関連リンク

moto g8 plus:モトローラ公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    いつものmoto G plusって感じですね。
    plusならRAMが6GBの方が嬉しかった…。