Amazon Fire 7 / Fire HD 8 ー 7インチと8インチのAmazonタブレットがリニューアル!プライム会員ならさらにお買い得!

Amazon Fireタブレット
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Amazonのオリジナルタブレット「Fireシリーズ」の7インチ(Fire 7)と8インチ(Fire HD 8)がリニューアルされました。FireシリーズはベースとなるOSがAndroidではあるものの標準でGoogle関連サービスが搭載されていない独自の「Fire OS」が搭載されています。これはいいとも悪いとも言えるものではありますが、Amazonという巨大な情報インフラがバックに控えているので、使途が大きく制限される、ということはありませんね。ウインタブ読者の中にもこのOSに慣れ親しんでいる人が多いと思います。なお、Fire OSについてはかのあゆさんが紹介記事を書いていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
Amazon Fire OS - Amazonサービスに最適化されたAndroid(かのあゆ)

スポンサーリンク

また、この製品、従来モデルの頃からそうだったのですが、Amazonのプライム会員なら激安で買えます。割引額が4,000円もあり、実質的に半額近くまで安くなるので、この製品は事実上Amazonプライム会員向けである、と言ってもいいのかもしれません。

1.Fire 7

Amazon Fire 7

Amazon Fire 7 スペック表

クリックで拡大します

まずは7インチのFire 7から。スペックの方は典型的なローエンドになります。CPUは型番不明ですが、RAM1GB/ストレージ8GB or 16GBとミニマムです。ウインタブ的にはRAM1GBというのは許容範囲ですけど、ストレージ8GBのほうはAndroidタブレットとしては正直なところ紹介するのを控えたくなるレベル。ディスプレイも1,024 × 600とそれほど高精細ではありません。Amazon端末といいますか、Kindleアプリを使ったブックリーダーとしての利用がメインであれば悪くないのかもしれません。書籍や画像・動画などのコンテンツはmicroSDカードに保存できますし、Amazonのクラウドストレージもありますしね。でもなあ、せっかくカラーのタブレットを購入するんだから、ゲームくらいやりたくなるしなあ…。購入するなら16GB版の方にされることを強くおすすめします。

Amazonの謳い文句として「より薄く、軽く」というのがあるのですが、実際重量は295 g(従来モデルは313 g)とまずまずですね。9.6 mmというのは少し厚め(従来モデルは10.6 mm)ですが、もともと7インチとサイズが小さいので持ち運びもラクラクでしょう。

2.Fire HD 8

Amazon Fire HD 8

スポンサーリンク
Amazon Fire HD 8 スペック表

クリックで拡大します

続いて8インチのFire HD 8です。こちらもCPUの型番は不明で、RAM1.5GB/ストレージ16GB or 32GBといくぶん余裕があります。「RAM1.5GB」って珍しいですね。また、ディスプレイもHD(1,280 × 800)と標準的な水準です。ウインタブはRAMの容量については割と甘い評価をしてしまいがちなので、「これなら使いみちは広いかも」と感じます。

サイズの方も8インチタブレットとしては割と標準的で、特に薄いとか軽いとかはありませんが、逆に言えば厚いとか重いとかもありません。ただし、従来モデルとの比較だとわずかに厚く(プラス0.5 mm)重く(プラス27 g)なっています。また、バッテリー稼働時間もFire 7が8時間(これでもかなり立派です)であるのに対し、12時間と、8インチタブレットとしては画期的に長持ちします。

8インチの方はスペックアップしたというよりは、価格が安くなったということのほうが大きいかもしれませんね。ストレージ16GB版、32GB版とも1,000円安くなってます。

Amazon Fire 専用ケース
あと、Fire 7とFire HD 8で同じデザインとなる、カラフルな純正カバーがオプション設定されています(Fire 7用は税込み2,690円、Fire HD 8用は3,480円)。いわゆる風呂蓋カバーですが、背面もしっかり保護しますし、見た目もいいですね。

3.価格など

Amazon Fire 7とFire HD 8はAmazonで予約販売を開始しており、発売日は6月7日となっています。価格は下記のとおりです。

Fire 7(8GB): 8,980円
Fire 7(16GB): 10,980円
Fire HD 8(16GB): 11,980円
Fire HD 8(32GB): 13,980円
※すべて税込み価格

また、Amazonのプライム会員(お試し会員やプライム家族会員、スチューデント会員は対象外)のみ、全モデル4,000円オフとなるクーポンが使えます。なので、Fire 7(8GB)はなんと4,980円で買えてしまいます。そして、6月23日までは「Amazonビデオ990円クーポン」まで使えます(こちらはプライム会員でなくとも使えます)。

タブレットとしてのスペックで評価すると、Fire 7の方はローエンド、Fire HD 8の方もそれよりはいくぶんマシ、というレベルだと思います。また、Fire OSというのは出荷時点でGoogle関連サービスが一切入っていないため、例えばAndroidスマホを使っている人が初めて使うと面食らうかもしれませんね。

一方、Amazon関連サービス(書籍とか動画、音楽)に特化した端末ということで割り切って使う場合はいい製品になると思います。特にプライム会員にとってはあまりにも激安になるので、スペックなどに不満を持つ、というか後悔する可能性は低いでしょうね。ただ、「ストレージ8GBはやめときなよ」ということだけはお伝えしておきたいです。

4.関連リンク(Amazon)

Fire 7 タブレット
Fire HD 8 タブレット
Fire 7とFire HD 8が、プライム会員ならクーポンコードで4,000円OFF!さらに新発売を記念して6/23までビデオ用クーポン990円分プレゼント中

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    とりあえずさわってみたいだけが目的なら4980円の8GBで十分ですよ。Fireタブレットの用途は様々で普段使わないけど旅行の時に移動時間あるから映画でもみたいとか、家族がいてテレビ占有されてるから部屋でこっそりプライムビデオ見るとか様々なシチュエーションあるので。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。うーん、ウインタブ的にはあと2千円出したほうがいいような気がするんですけどね。そのへんは色々ご意見ありますねえ。

  2. あるえふ より:

    以前の Fire や Fire OS は、ストレージが拡張できないとか SDスロット有りでも OS が Kindle 本を SD に保存させてくれないなど「マンガや写真集見るなら問題あり」でしたが、現在の Fire OS は SD への Kindle 本保存も対応しているので8Gでも「大容量必要なゲーム(Asphalt 8 など)とか使わなければそんなに問題なし」です。

    うちの Fire HD 7 (第4世代) 8GB は SD スロット無しなので、マンガいっぱいでストレージ空けろの警告が・・・コレに買い換えようかなぁ・・・(涙)

    • あるえふ より:

      ・・・うちのと新 HD 8 の差は1インチ大きくて長辺が23mm長くて短辺が同じで厚さが0.9mm薄くて重量が32g・10円玉7枚分くらい重い程度でストレージの問題解決か・・・超前向きに買い換え検討するしか・・・。

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。Fireも含めてAndroidって、SDに保存できると言いながら、アプリは大部分が内蔵ストレージへのインストールを強制されるので、アプリを使いたいなら16GBかな、と思うんですよね。ブックリーダーとして割り切るのなら問題ないんでしょうけど…。